保険内で白い歯(被せ物)を入れられますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

保険内で白い歯(被せ物)を入れられますか?

虫歯の治療の際には被せ物として「銀歯」が使われています。口を開いた時に銀歯がキラッと光ったり、笑った時に銀歯が見えてしまうことを結構気にしている方も多いのではないでしょうか。現在、保険制度改正により条件はありますが、保険で白い歯を入れることが出来るようになりました。銀歯を白い歯に替えることも可能なので、銀歯が気になっていた方にも朗報ですね。

保険内で出来る白い歯の種類

保険内で制作出来る白い歯は、「硬質レジンジャケット冠」と「硬質レジン前装冠」、「ハイブリッドセラミックレジン冠(CAD/CAM冠)」の3種類です。硬質レジンジャケット冠はプラスチックだけを使ったものです。強度が弱めで割れることがあるのが難点ですが、金属アレルギーの方には安心です。硬質レジン前装冠は目に見える部分はプラスチックですが、裏の部分には金属が使用されています。ハイブリッドセラミックレジン冠はプラスチックにセラミックを混ぜて作られているため強度は増しています。これらは見た目が金属冠(銀歯等)と違って目立たないことがメリットですが、強度では金属冠の方が強くなります。

保険適用出来る「歯」

「白い歯」の種類によって使用できる歯の場所は違います。硬質レジンジャケット冠と硬質レジン前装冠については、左右の犬歯の間の計6本の歯が保険内で白い歯にすることが出来ます。ハイブリッドセラミックレジン冠では、第1小臼歯と第2小臼歯が保険適用されます。歯医者さんの診断によりますが、噛み合わせに問題がないとされる場合に限って小臼歯部まで保険を適用することができます。

大臼歯に保険を適用して白い歯にするためには条件があります。大臼歯が揃っていることが前提ですが、噛み合わせがしっかりと出来ていて、噛む圧力も適度にあることが条件になります。何故なら、第1大臼歯は第2大臼歯の支えがないと負荷が増加し、被せ物が割れてしまう恐れがあるからです。奥歯で噛むこと、大臼歯の上下左右の噛み合わせはとても重要なんです。ただし、金属アレルギーのある方の条件は緩和されます。金属アレルギーの方は(その証明が必要ですが)上下左右の大臼歯に白い歯を被せることが可能です。

群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、治療前には必ずカウンセリングを行っています。患者さんひとりひとりと向き合い、悩みやご要望も伺って条件に合った治療を提案しています。また、治療方法も分かりやすく説明していますので、安心してご相談ください。

記事投稿日:2020年01月09日


メールでのお問い合わせ