銀歯を白い歯に変えたい | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

銀歯を白い歯に変えたい

歯並びや歯の色が気になると、素直に笑うことも出来ずに表情も暗くなりがちです。また、銀歯を気にする方も多いです。群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、審美歯科の診療も行っています。歯の色や銀歯を白く変えると見た目の美しさだけではなく、表情も明るくなり精神的にも健康になりますね。

銀歯が良くない理由

銀歯のメリットは、金属なので強度が強いことです。ですが、デメリットな部分もあります。銀歯は唾液によって金属イオン化します。金属イオンが歯茎に浸透すると黒く変色してしまいます。黒くなった歯茎の色は、元には戻りません。金属イオンは体内にも浸透します。それによって金属アレルギーを発症してしまう可能性があります。また、銀歯が劣化すると銀歯と歯との間に隙間が出来ます。そこから虫歯になると、被せた銀歯で虫歯に気づきにくく、虫歯が大きく広がってしまいます。治療が終わっても、歯の健康を維持するために定期的な検診が必要です。

銀歯を白い歯に変える方法

銀歯を奇麗にする方法はいくつかあります。「オールセラミック」はセラミックだけで出来た歯です。耐食性にも優れていて、見た目も美しい白い歯です。「プロセラ」は最先端のオールセラミックで、内側まで白く強度にも優れています。「メタルボンド」は強度にも優れ歯が変色しないことが特徴です。元の歯の形や色に合わせた陶材を使用し、裏側に一部金属が使われています。「ラミネートべニア」は歯の表面を薄く削って、セラミックを貼り付けます。比較的短時間で奇麗にすることが出来ます。その他に、チタンポーセレンやハイブリッドセラミック、ハイブリッドインレーがあります。

銀歯を保険内で白い歯にするには

保険外のものはどうしても高額になってしまいますが、保険内でも白い歯にすることが出来ます。小さい銀歯の場合、銀歯を取って奇麗にしてからコンポジットレジンというプラスチックを詰めて白い歯にします。治療後しばらくは白く奇麗なのですが、数年経つと着色してしまいます。また、強度も強くなく、噛み合わせが強いと欠けてしまうことがあります。

小臼歯の銀歯には、プラスチックにセラミックを混ぜて強化したハイブリッドレジンが保険内で使用出来るようになりました。奥歯はしっかりとした噛み合わせが必要です。大臼歯に使用するには、適度な噛み合わせなどの条件があります。

プラスチックは比較的安価です。セラミックはプラスチックより硬く変色も起こりませんが、両方とも硬いものを噛んだ時などに割れてしまう可能性があります。

記事投稿日:2020年01月09日


メールでのお問い合わせ