歯の神経治療 メリット・デメリット | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯の神経治療 メリット・デメリット

歯の神経は「歯髄(しずい)」と言って、血管とリンパ管、及び神経が網目のようになったものです。歯の神経の役割は、虫歯になったことを痛みや刺激で教えてくれると同時にそれ以上進行しないように守ってくれたりします。また、歯に栄養を運んでくれます。しかし、虫歯が酷い場合は根管(歯の根っこ)まで炎症が起こっている時があり、その治療が必要となります。

歯の神経治療とは

根管が炎症などを起こす原因の多くが虫歯です。虫歯になっても軽いうちはあまり自覚症状はありませんよね。しかし、ズキズキする我慢できない痛みのある時は、虫歯が歯髄まで進行している可能性があります。もっと進行すると、菌に侵され歯の神経が死んでしまいます。その段階になると、治療は神経を取って歯の根の部分を奇麗にする根管治療(神経治療)が必要になってきます。しっかりと根の内部を消毒して奇麗にしないと、更に炎症が進んでしまいます。

神経治療のメリット

神経治療を行うメリットは、痛みを感じなくなることと歯を残すことが出来ることです。歯医者さんに訪れる時は、多くは痛みを感じてからではないでしょうか。神経治療をすると辛い痛みから解放されます。また、自分の歯を残すことはとても大切なことです。神経治療後に被せ物で蓋をして、また元の通りにものを噛むことが出来るようになります。虫歯以外の細菌や外傷でも歯の神経が侵される時があります。そんな時も「自分の歯」を守るために神経治療を行います。

神経治療のデメリット

神経治療にはデメリットもあります。神経のない歯は、栄養がいかずにもろく弱くなります。歯の色もくすんでいきます。もろくなった分、強い衝撃を受けると欠けたり割れたりすることが起きます。痛みが感じないことはメリットですが、逆に虫歯になったり何か異変があったりした時に気が付かないことがデメリットと言えます。虫歯になっても気が付かないのはちょっと怖いですよね。

他のデメリットとしては何度も通院が必要なことです。歯の根の中が奇麗になるまで治療しなければいけません。その分、治療費も掛かってしまいます。

デメリットをなくすためには

神経治療では、歯がもろくなったり、痛みがない分異常が起きても分かりません。歯の異常を早期に発見するためにも定期検診をオススメします。群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、予防歯科、定期検診を薦めています。みなさんの歯の健康のために、精一杯お手伝いいたします。

記事投稿日:2020年01月09日


メールでのお問い合わせ