虫歯が無くても定期健診に行ったほうがいい理由 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

虫歯が無くても定期健診に行ったほうがいい理由

虫歯は痛みがなくても進行している場合があります。定期健診をしておくことで虫歯や歯周病等の予防や早期発見早期治療が出来ます。定期健診は、3~6ヶ月に一度行うと効果的です。

虫歯が無くても定期健診に行ったほうがいいのは何故

定期健診のメリットは、異常があった時の早期発見です。虫歯の早期発見は、まだ虫歯の侵食も少ないので治療も少ない時間でできて、治療の時の痛みも少なく済みます。少しの異常でも診察してもらえば、アドバイスをもらったり悪くならないように予防が出来ますね。また、何も異常がなければ、安心感も得られます。定期的なお口のチェックを行うことにより、お口の健康が保たれて虫歯や歯周病等の予防が出来ることが定期健診のメリットです。

定期健診でしてもらえること

一般の歯の定期健診では、虫歯や歯茎のチェックやあごの関節や噛み合わせ、親知らずのチェックをしてもらえます。当院では、唾液検査も行っています。唾液検査では、唾液の量、唾液の中和力、虫歯菌の数などが分かります。ひとりひとり虫歯になりやすい理由は違います。検査で虫歯になりやすい原因が分かるので、治療や予防の方法が分かります。

お家で出来る予防

普段の口の中は弱酸性です。食事をすると、すぐに口の中は酸性になります。酸性になると、歯の表面が溶かされていきます。放っておくと、虫歯になりやすい環境になってしまいます。そうならないために唾液の役割があります。唾液は酸を中和してくれます。虫歯にならないために元の弱酸性の状態に早く戻すことが大切です。お家で出来ることは歯磨きです。食後は必ず歯を磨きましょう。また、寝ている間は唾液の分泌は少なく菌は増殖します。朝食をとる前に、歯磨きかうがいを行いましょう。スナック菓子や甘いものを摂ることは、時にはストレス解消にもなりますが、あまりダラダラと食べることは控えましょう。

群馬県高崎市ひろかみ歯科医院で出来ること

お口のメンテナンスをすることによって、お口の健康が保たれます。歯にフッ素を塗布することで、歯質が強くなり虫歯を予防できます。フッ素の効果は、酸の産生を抑制して再石灰化を促します。また、抗菌作用もあり、食後の酸性を弱酸性に戻してくれます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、プロの歯科衛生士が行う歯の表面のクリーニングです。自分では磨けない部分まで奇麗にしてくれるので、歯はツルツルになって歯石等も付きにくくなります。

記事投稿日:2020年01月09日


メールでのお問い合わせ