毎日歯磨きしてるのに歯が黄色くなるのはなぜですか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

毎日歯磨きしてるのに歯が黄色くなるのはなぜですか?

お口の悩みで多いのが虫歯ですが、その他にも歯並びや歯の黄ばみがあります。

毎日歯を磨いているのに歯が黄ばむ、そんなお悩み持つ方は多いですよね。ではなぜ歯が黄ばむのでしょう。

歯の黄ばむ原因

歯の黄ばみの原因は加齢、コーヒーやワインなどによる着色汚れ、歯のミネラルが溶け出すことだといわれています。

コーヒーやワインも飲まないし、タバコも吸わないのに、という方もいますよね。そういった方は元々の歯の象牙質の色が原因かもしれません。歯は薄く半透明のエナメル質の下に象牙質があります。その象牙質は乳白色なのですが、個人差があり、元々白い人もいれば黄色味を帯びた人もいます。そして、もともと歯が白かった方でも、加齢により、象牙質そのものの色が濃くなってしまうのです。

次に、着色汚れですね。コーヒーやチョコレートのような色の濃い物だけでなく、紅茶や赤ワイン、カレー粉やしょうゆなどでも着色されます。タンニンやカテキン、ポリフェノール、調味料に含まれる着色料が黄ばみの原因です。タバコは言うまでもありませんね。

人前で話すことが多いからきれいな白い歯にしたい、そう考えている方もたくさんいます。かと言って、色の濃い物やお茶類などを避けるのは難しいですよね。どうしても気になる、白い歯にしたいとお考えなら、ホワイトニングで白くするという解決方法もありますよ。しかし、ホワイトニングにもデメリットはあります。まず、効果に個人差があること。定期的にメンテナンスしなければならないこと、飲食に制限が掛かることなどです。施術してから2、3週間してからでないと再手術もできません。飲食に制限が掛かるのはつらいですよね。そこでお勧めしたいのがポリリン酸ホワイトニングです。ポリリン酸Naという食品添加物を使ったホワイトニングで、従来のホワイトニングのような痛みもなく、歯の汚れを落としてコーティングまでしてくれます。また、飲食の制限もありません。施術後から何を食べても大丈夫です。さらに着色戻りも少なく見た目も透明感のある美しい白さになります。このようにメリットの多いポリリン酸ホワイトニングですが、群馬県高崎市付近ならば、郊外型の広い敷地に緑がいっぱいの景観を見ながら落ち着いて治療が出来る「ひろかみ歯科医院」で手術が出来ます。歯が白いだけで若々しく健康的に見えますよね。歯の黄ばみにお悩みならば、一度相談だけでもしてみてはいかがでしょう。

記事投稿日:2020年01月14日


メールでのお問い合わせ