最近歯茎から血が出ることが増えました | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

最近歯茎から血が出ることが増えました

最近歯ぐきから血が出る、と気になっている方もいるのではないでしょうか。「歯を磨くときに力が入りすぎただけ」。もしそう思っているとしたら、一度考えを改めてみた方がいいでしょう。歯ぐきからの出血はブラッシングが足りなくてこのままでは歯周病になりますよ、という黄色信号なのです。

歯ぐきから血が出る歯肉炎

そもそも歯ぐきから血が出る理由は、歯と歯肉の間にある歯周ポケットに磨き残した歯垢がたまり、そこに巣くった細菌と戦うために毛細血管が集まってくることが原因です。細い血管なので、簡単に出血してしまうのです。つまり、自分ではしっかり磨いていいるつもりでも磨き残しが多いという証拠なんですね。この、歯ぐきのはれや出血を起こした状態を「歯肉炎」と呼びます。テレビコマーシャルなどで1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。歯肉炎になると口臭や起床時の口内の粘つきなどの初期症状があります。これを放置していると、「歯周病」になります。これも聞いたことがあるのではないでしょうか。歯周病になって炎症の範囲が広がって、歯根膜や歯槽骨にまで影響を及ぼすと、歯を失ったり、全身にも悪影響を及ぼします。歯ぐきがぶよぶよしたり腫れて膿が出ていたりしたらもうかなり進行していると考えられるので、早急に歯科医院で診察・治療してもらった方がいいです。

でも安心してください。歯肉炎の段階、または歯周病になってしまっても初期の段階であれば正しいブラッシングで治療できる可能性があります。

まず、ヘッドが小さな毛先の丸くやわらかなタイプの歯ブラシを準備します。これを歯に対して垂直に立てて、歯周ポケットから1つ1つ汚れをかき出すつもりで小刻みに「縦磨き」をします。そのあとは歯間ブラシなどで歯の隙間までしっかりお掃除して口を漱いで終了です。そんなに難しくないですよね。食後だけでなく、特に就寝前にはしっかり磨くようにしてくださいね。

自分の歯磨きの仕方に不安がある、という方は群馬県高崎市近辺であればひろかみ歯科医院でブラッシング指導も行っています。

でも、歯肉炎、歯周病にならないに越したことはありません。そのためにも普段からブラッシング指導を受けたり、デンタルリンスや歯間ブラシでこまめなケアをしておいた方がいいでしょう。歯ぐきから血が出ていなくても、口臭や歯ぐきのむずがゆさなどは歯周病のサインかもしれません。普段から自分の口内に気を付けておいてくださいね。

記事投稿日:2020年01月14日


メールでのお問い合わせ