親知らずは抜いたほうがいいですか | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

親知らずは抜いたほうがいいですか

皆さん、歯の親知らずについてはどんなイメージをお持ちですか?「生えてくるとよくない」「抜かなきゃいけない」「抜くとき痛い」そんなところでしょうか。どちらにせよ、あまりいいイメージは持っていませんよね。最近では親知らずが存在しない人もいますが、大抵の人は親知らずが埋まっています。

親知らずは抜かなきゃダメなのか

まだ親知らずが生えてきていないんだけど、絶対に抜かなきゃダメなのか、とハラハラしている方もいるのではないでしょうか。答えはNOです。親知らずにも人それぞれ個性があって、他の歯と同じように普通に生えてくるものもあれば、埋まったままのもの、斜めに生えてきてしまうものなど様々です。他の歯と同じように生えてきたものや埋まっているものを無駄に抜く必要はありません。ただ、きちんと生えていても親知らずは口の奥の奥にあるので、歯磨きがしにくく、磨き残しが多くて虫歯になりやすかったりすることもあります。その場合は抜いたほうがいいでしょう。でも親知らずは大臼歯と呼ばれる奥歯の一つで、硬い食べ物をかみ砕いたりすりつぶしたりする役目があります。大切な役割を持っているのです。なので、まっすぐ生えて噛み合わせに問題がなければ無理に抜く必要はないんです。

どうしても抜きたい場合は抜いてもいいのですが、他の歯の抜歯より腫れがひどくなってしまったり、傷の消毒も必要になりますし、痛みがひどい場合もあります。もちろんその場合は痛み止めが処方されますよ。つまり、抜歯するリスクも多少あるので、絶対に抜かないといけない訳ではないんですね。

既に親知らずが生えかけていて腫れて痛みを伴っている場合、奥歯に違和感がある場合、虫歯のリスクが気になる場合など、親知らずを抜くかどうかを悩んだ時にはプロである歯科医師に判断してもらうのがいいですよ。素人ではなかなか判断が付きにくいですが、プロの医師ならば親知らずの生え方もみて抜歯するかどうかの判断が付きます。群馬県高崎市近郊であればひろかみ歯科医院にご相談ください。予防センターも併設しており、無駄に抜歯を進めるような勧誘や矯正などの勧誘や誘導もありません。予防センターでは親知らずの抜歯後、虫歯の予防のための検診も行っているので、安心です。また、アフターケアもしっかりしています。もし抜歯になった場合も、緑に囲まれた穏やかな環境でリラックスして施術に臨んでいたけます。親知らずの抜歯の有無はプロの歯科医師に相談するのが一番なので、違和感を覚えたらまずは受診をご検討くださいね。

記事投稿日:2020年01月14日


メールでのお問い合わせ