歯が原因で口内炎になるケース | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯が原因で口内炎になるケース

口の中にポツリと白い潰瘍ができたり赤く腫れたりして痛みを感じる「口内炎」。実は一言で口内炎と言ってもその原因によって様々な種類に分けられるんですよ。

免疫力の低下によるもの

口内炎の中でも最も多いとされているのが、「アフタ性」と呼ばれる免疫力の低下が原因と考えられているものです。ストレスや睡眠不足などで心身が疲労し、免疫力が低下することで発生するのではと考えられているわけですね。また粘膜を強くするビタミンB群の不足も一因と考えられているため、栄養バランスも含めた生活習慣の見直しが大切なんですよ。多くの場合2~10mm程の白くて丸い潰瘍が口内にできますが、放っておいても2週間もすれば自然と消えてなくなりますよ。

細菌・ウィルス感染によるもの

口内に小さな水疱がいくつもできている場合、ウィルス性の口内炎と考えられます。「ヘルペス」として知られている単純疱疹はその代表例で、他には子供に多い「手足口病」、水痘と同じウィルスである「帯状疱疹」なども同じくウィルス性口内炎なんですよ。一方、真菌の感染によるものとしてはカンジタの増殖で起こる「カンジタ性口内炎」、また症例数は少ないですが、梅毒など性交渉の際に感染する口内炎もあります。これら細菌やウィルス性の口内炎は口内の水疱が破れると潰瘍となり強い痛みを伴うため、飲水や食事を摂ることが困難となり重篤化することまであるんですよ。

物理的な刺激によるもの

頬の内側を噛んでしまったり、入れ歯のサイズが合わなくなって歯茎や舌、頬の内側に擦れたりして傷がつき、そこに細菌が入り込んで繁殖するのが、「カタル性」と呼ばれる物理的な刺激が原因となっている口内炎です。この「物理的な刺激」には自分自身の歯も含まれており、例えば虫歯を放置していたせいで歯が欠け尖った部分ができると、そこに頬の裏側や舌が慢性的に当たって徐々に傷を作り、細菌が繁殖してしまうことがあるんです。同じく古い歯の被せ物や詰め物が合わなくなって口内に触れるようになると、話したり食事をしたりするたびに刺激を受けていつのまにか口内炎ができてしまうんですね。

早めの受診が大切

ウィルス性口内炎の場合は勿論、アフタ性口内炎やカタル性口内炎であっても気になる場合はすぐに歯科医院を受診しましょうね。アフタ性だと思っていたら実は口腔がんの前がん病変だったということもありますし、カタル性、それも自分の歯で口内を傷つけている場合、虫歯や合わなくなった被せ物、入れ歯などをきちんと治療する必要があるんですよ。群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院でも、虫歯や義歯治療、その他様々なお口の悩みを診察・治療しております。

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ