差し歯とインプラントの違いは何ですか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

差し歯とインプラントの違いは何ですか?

ある程度の大きさの虫歯であれば、その部分を削った後に被せ物や詰め物をして欠けた部分を補うことができますが、虫歯が奥深くまで達している場合には被せたり詰めたりするだけでは間に合わず、歯の根元から治療して削り取った歯の代わりに人工歯を差し込まなければなりません。このような丸々作り物の歯を入れる治療として昔から行われているのが「差し歯」の治療ですが、近年では「インプラント」というもう1つの治療法も注目されつつありますよね。一見似たような治療に思える「差し歯」と「インプラント」ですが、実は適用されるケースや治療法にも大きな違いがあるんですよ。

差し歯治療とは

差し歯治療とは、虫歯を放置することでどんどん細菌が歯の奥深くにまで達し、根元にある神経にまで達した場合に行う治療です。神経にまで達しているのでその部分は取り除かなければなりませんが、歯の根の部分は残すため「根管治療」と呼ばれます。神経を取り除き空っぽになった根の部分に「コア」と呼ばれる土台を差し込み、その土台を支柱にして「クラウン」という被せ物を装着します。従って、「差し歯」とは自分の歯の根元に差し込む歯のことで、コアとクラウンが合体したもののことなんですよ。

インプラント治療とは

一方インプラント治療は、自分の歯根すら残すことができないケースに適用される治療で、失われた歯根の代わりに顎の骨ににネジのような「インプラント体」を埋め込んで土台とします。その土台の上に「アパットメント」と呼ばれる支台を装着し、支台の上から「上部構造」と呼ばれる人工歯を被せて歯の代わりとするわけですね。

差し歯とインプラントの違い

従って、そもそも差し歯とインプラントでは適用されるケースに違いがあるわけですが、加えて治療期間にも大きな違いがあるんですよ。差し歯の場合は歯根への菌の感染程度によって通院回数に違いがありますが、大抵の場合2~8回ほど歯根治療をすればコアを立てることができるようになるため、トータルで1週間に1回、6~12回ほどの通院で完了します。一方、インプラントはまずインプラント体と顎の骨がしっかり癒着するまで約3~6ヶ月待つ必要があり、その後にアパットメントや上部構造を取り付けることになるため、トータルで4~7ヶ月ほどかかることになります。また差し歯は保険治療、インプラントは自費治療となるという違いもありますね。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、差し歯治療からインプラントまで幅広い治療法を取り揃えています。患者様1人1人に最も適切と思える治療法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ