差し歯にできる歯とできない歯 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

差し歯にできる歯とできない歯

虫歯が歯の奥深くまで進行していて削り取らなければならない場合に、その削り取られた歯の代わりに差し込む人工歯が「差し歯」。ところが、場合によっては歯科医院で「これは差し歯では対応できません」と言われてしまうことがあります。差し歯治療で治ると思っていたのに、何故?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そもそも差し歯とは

そもそも差し歯とは、虫歯のために歯の大部分を削り取らなければならないものの歯根部分は残すことができる場合に、その歯根部分に差し込む人工歯のことです。具体的には歯根部分にピッタリ合う土台を立て、その上に天然の歯に似せた冠を被せて歯の代わりにします。つまりポイントは、歯根が残っているかどうか。抜歯などによって歯根そのものがなくなってしまった場合、差し歯治療はできないということになるわけですね。

抜歯するしかないケースとは

例え歯根だけになったとしても自分の歯があることは様々な点で有益であるため、どの歯科医院でもできるだけ歯根を残す治療に努めますが、場合によっては残念ながら歯根も残さず抜歯してしまうしかないこともあります。例えば歯根の先に膿が溜まってしまっている場合。これは以前に虫歯で歯の神経を抜いた人に起こりがちなんですが、歯に神経がない場合に細菌が増殖すると、歯根の先に溜まって膿ができてしまうんですよ。これが重度になると周囲の骨までも溶かしてしまうため、抜歯するしかありません。あるいは歯並びの悪さが原因で歯を食いしばると歯根に負担がかかりすぎてしまうなど、何らかの理由で歯根が割れてしまっている場合にも、放置しておくと細菌が骨にまで感染してしまうため、抜歯が必要になります。更には歯周病菌によって歯の骨までもが溶けている場合にも、他の歯まで溶かしてしまわないよう患部となっている歯を抜歯することになります。

差し歯治療ができない場合

これらのケースのように歯根自体が失われ、差し歯治療は不可能となった場合には、前述の通りインプラントやブリッジ、入れ歯といった代わりとなる治療が提案されます。インプラントとは顎の骨に土台となるネジを差し込んで人工歯を立てる方法、ブリッジは失われた歯の両隣にある歯を利用して人工歯を橋渡しのように装着する方法、そして入れ歯はご存知の通り人工歯の両側についた金属のバネを残っている歯にひっかけて装着する方法です。とはいえやはり一番良いのは、歯根を残した治療をすること。群馬県高崎市の当ひろかみ歯科医院でも、できる限り患者さんの歯を残す治療を意識しつつ、最適と思われる方法をご提案していますよ。

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ