お口の中の老化現象 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

お口の中の老化現象

顔やボディのように常に目に付く部分ではないため気づきにくいのですが、実は口内も加齢と共に変化するんですよ。と言ってもお気づきの通り良い方に変化するのではなく、劣化していくということ。この口内の老化現象は様々なトラブルの元ともなるため、できる限り食い止めたいものですよね。

口内の老化現象

①乾燥
「ドライマウス」とも呼ばれる現象で、唾液の量が少なくなることが直接の原因です。加齢により唾液を作る唾液腺の機能が低下するとともに、顎の筋肉の衰えによって噛む力が弱くなると唾液腺を刺激することができず、口内の唾液が少なくなって乾燥してしまうんです。唾液には食べ物のカスを洗い流したり細菌の繁殖を抑えたり、歯の表面に被膜を作って虫歯を予防したりといった働きがあるため、唾液量が少なくなると口臭や虫歯、歯周病にかかりやすくなってしまいます。ひどい場合には発音しにくくなったり嚥下障害を起こしたりすることもあるんですよ。

②歯の変化
長年にわたり歯を使用することで咬合面がすり減ってきたり、強いブラッシングを繰り返すことで歯のエナメル質が削れてきたりします。エナメル質が削れてくるとこれも虫歯の原因になりますし、エナメル質の下にある黄色い象牙質が透けて見えることで歯が黄色く見えるようにもなります。

③歯肉の変化
歯肉、つまり歯茎も加齢と共に縮んで弾力性がなくなります。その結果、歯が長くなったように見えたり歯と歯の間に隙間ができてものが引っ掛かりやすくなったりしますし、入れ歯を使っている場合には歯茎が痩せることで徐々に合わなくなり安定性が悪くなることもあります。

口内の老化を食い止める方法

唾液腺機能の低下や歯茎の衰えなどを直接食い止めることはできませんが、毎日の口腔ケアで老化の速度を落とし、健康な状態を維持することは可能なんですよ。基本は正しいブラッシング。歯ブラシは「鉛筆持ち」にして力を入れすぎず、むしろ細かく動かして1本1本、何度もブラシを往復させることで歯垢を落としていきます。特に奥歯の溝や歯と歯の間は磨き残しのないよう丁寧にブラッシングしましょうね。歯ブラシがあたることで唾液腺も刺激され、口内の乾燥も改善されます。しっかり磨いた後、歯と歯の間を洗うようなイメージで、ブクブクとうがいしましょう。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、「三世代が一緒に通える歯医者さん」として小さな子供さんからご高齢の方まで、多くの患者さんのお口の健康をサポートしています。予防歯科にも力を入れておりますので、何でもご相談くださいね。

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ