歯科矯正は何歳からできますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯科矯正は何歳からできますか?

綺麗な歯並びは見た目に美しいというだけでなく、虫歯や口臭予防にも繋がるため、できるだけ早く始めると良いと言われています。しかし一方で、子供を連れて歯科医に相談すると、「もう少し待った方が良い」と言われることもありますよね。果たして子供の矯正治療は何歳から始めると良いのでしょうか。

一般的な開始時期

矯正治療には乳歯のみ、あるいは乳歯と永久歯が混在している時期に行う「1期治療」と、永久歯が生え揃った状態で行う「2期治療」とがあります。つまり大人の矯正治療も含めて12才以降の治療は「2期治療」ということになりますね。一方、「1期治療」を行う最大のメリットは子供の骨格の成長を利用して矯正できるということで、顎が大きくなりすぎるのを抑えたり、逆に顎の成長を促して永久歯が生えるスペースを確保したりすることができるんです。これを骨格が完成してしまう10才以降に行おうとするとかなり難しく痛みも伴うため、骨の成長段階である5~7才の時期に始めると良いとされているわけですね。こうして予め適切な顎の大きさを確保しておけば、出っ歯や八重歯などを予防できますし、永久歯が生えそろってから歯並びを良くするために歯を抜歯する必要もなくなります。

早くから始めるケース

前述の通り歯科矯正治療は5~7歳で始めるのが一般的ですが、例外的にもっと早くから治療を始めるケースもあります。それは子供が「反対咬合」つまり受け口の場合で、このケースでは下顎を奥へ引っ込める必要があるため、3才くらいの早期から治療を始めた方が良いと考えられます。この反対咬合に対する早期治療には「ムーシールド」と呼ばれるマウスピースのような装置を用い、就寝時にはめさせるだけなので、3才の小さな子供でも無理なく行うことができますよ。

2期治療まで待った方が良いケース

一方、場合によっては12才頃まで待ってから矯正治療を行った方が良いと判断される場合もあります。というのも子供の顎の成長の仕方にも個人差があり、乳歯の段階では顎が小さく歯並びが悪く見えたとしても、その後順調に顎が成長し永久歯がキレイに生えそろう可能性もあるからなんです。この成長予測を無視して1期治療を始めてしまうと、本当なら必要なかった治療をいつまでも続けなければならないと言う事態にもなりかねません。ただし、この成長予測に関しては専門家でなければ判断が難しいため、やはり歯科医院を受診して検査してもらう必要があるでしょうね。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院でも、「三世代通える歯科医院」として小さな子供さんのお口の中も検査させていただいています。矯正治療が必要かどうか気になる方は、お気軽にご相談くださいね。

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ