歯科矯正のおおよその費用が知りたい | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯科矯正のおおよその費用が知りたい

一昔前と比べると日本でも一般的になりつつある歯科矯正ですが、基本的には保険が利かず自費診療となるため、かかる費用が気になるという人は少なくないでしょう。国によって金額が定められている保険治療とは違い、各クリニックが自由に料金を設定できるため多少の違いはありますが、ここでは大まかに矯正治療で必要となる費用とその相場をご紹介しますね。

矯正治療の基本的な費用

①初診料・相談料:無料~5000円程度
矯正治療のため初めてクリニックに受診した際にかかる費用で、矯正治療について医師から説明を受けたり気になる点を質問したりします。クリニックによってはこの相談料は無料としているところもあります。

②精密検査・診断料:3万~5万円程度
初診のカウンセリングで矯正治療をすることに決めたなら、まずはレントゲンやCT撮影をしたり口腔内の型取りをしたりして、口内の状態を詳しく調べます。これらにより得られたデータから、適切な治療計画を立てます。

③装着料:10万~120万円
矯正装置の装着料にこれほどの差があるのは、装着方法や装置の素材などの違いによるものなんです。例えば乳歯と永久歯が混合する1期治療に比べて、永久歯のみの治療となる2期治療の方がどうしても高くなりがちですし、一般的なワイヤーを使った装置より透明素材の装置の方が、また歯の表側に装置をつける「表側矯正」より裏側に装着する「裏側矯正」の方が高額になりがちです。

④調整料:3000~6000円/回
装置を装着後、月に1回程のペースで装置の調整を行います。この調整によって歯を望む位置に少しずつ動かしていきます。総額制のクリニックではこの調整料も全て含まれているため、毎回支払う必要はありませんが、実際には毎回の調整の度に調整料金が発生しているわけですね。

⑤リテーナー料:5000~1万円程度
矯正が終了した後も、歯列が戻らないよう「リテーナー」という装置を着けます。加えてリテーナー本体の料金の他に、メンテナンス料として毎回数千円がかかります。

基本料金以外にかかる別途費用

以上が矯正治療にかかる基本的な費用ですが、場合によってはこれら以外に別途費用が発生することがあります。例えば口内に虫歯がある場合には矯正治療に入る前に虫歯治療をしなければなりませんし、どうしても邪魔になっている歯を抜歯する必要があるかもしれません。矯正装置が破損した場合の修理費や、矯正中に虫歯が出来た場合にも別途治療費が必要になります。群馬県高崎市で矯正治療に備えて予め虫歯治療や歯のクリーニングをしておきたいとお考えの方は、是非当ひろかみ歯科医院にご相談くださいね。

2020年現在

記事投稿日:2020年03月13日


メールでのお問い合わせ