黄色くなった歯を白くすることはできますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

黄色くなった歯を白くすることはできますか?

虫歯や歯周病以外の歯の悩みとして多いのが、歯の着色汚れや黄ばみなどです。歯が黄色くなってしまうと見た目より年齢が高く見えたり、清潔感がないように思われたりするのではないか、と心配する方もたくさんいます。
一度黄色くなってしまった歯を白くすることはできるのでしょうか。

1.歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなってしまう主な原因には、加齢と色素沈着があります。加齢によって歯が黄色く変色するのは、歯を白く見せている象牙質の色が変色するためです。

色素沈着は、コーヒーやカレーのような色の濃い飲食物のほか、赤ワインやお茶などポリフェノールが含まれる食品でも起こりやすくなります。こうした食べ物・飲み物を頻繁に食べたり飲んだりしている場合、毎日歯磨きをしていても歯に付着した色素が落ちにくくなり、だんだん黄色っぽく見えてしまうというわけですね。
また、喫煙の習慣がある人も歯が黄ばみやすくなります。

このような歯が黄色くなる原因を予防しているのに、歯が白くないという場合は、元々の色が黄みを帯びている可能性があります。同じ日本人でも肌や唇の色に差があるように、歯の色にも個人差があるのです。

2.黄色くなった歯を白くする方法は?

さまざまな原因で黄色くなってしまった歯は、歯のホワイトニングで白い歯を目指すことができます。歯のホワイトニングをするには、市販されているホワイトニンググッズを使う方法もありますが、より安全性を高めるなら歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、歯の美しさを追及する審美歯科にも力を入れております。
歯を研磨したり削ったりせずにホワイトニングができる、スーパーポリリンホワイトニングは飲食の制限がなく、短時間で施術が終了できます。専用のライトと食品にも使われるポリリン酸Naを使う方法で安全性も高く、歯ぐきへのダメージもありません。
なかなかクリニックに通えないという方であれば、自宅でできるホームブリーチングも選べます。自宅で都合のよい時間に歯のホワイトニングができるため、お仕事を持つ方や子育て中の方でも、気軽にホワイトニングに挑戦できますよ。

虫歯や予防歯科、歯周病だけに限らず、黄色い歯が気になる、もっと歯を白くしたいという方のために、ホワイトニングのみのご相談も承っております。ホワイトニングのお得な料金コースもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

記事投稿日:2020年05月12日


メールでのお問い合わせ