50歳でも歯科矯正できますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

50歳でも歯科矯正できますか?

歯科矯正は、子どもや若い人がやるものだというイメージがありますよね。しかし歯科矯正を始めるのに年齢は関係なく、30代以降や中高年と呼ばれる50代・60代以降でも歯科矯正をおこなっている方は多いんです。

1.50歳からでも歯科矯正をおこなったほうがいい理由

歯並びや噛み合わせが悪くても、子どもの頃に歯科矯正できなかったという方はもちろん、子どもの頃は歯科矯正の必要がなかった方でも、年齢を重ねて歯科矯正をおこなったほうがいいという方がいます。

歯並びがよい方でも、年齢を重ねると歯の隙間が広がったり、さまざまな要因で歯並びや噛み合わせが悪くなることがあります。寝相や頬杖のクセなどによる骨格のゆがみのほか、虫歯や親知らずを抜いたことで噛み合わせが変わってしまうこともあるのです。

加齢が進むと歯ぐきが痩せ、弱りやすくなっていきます。すると、元々歯並びや噛み合わせが悪かった歯がさらに悪化していき、歯磨きしにくくなったり、しっかり噛んで食べることが難しくなったりします。
30代以上は虫歯だけでなく、歯周病のリスクが高まる年代です。歯周病が悪化すると歯ぐきの痛みや口臭の原因となり、最悪の場合歯を抜かなくてはならないこともあります。

何歳になっても自分の歯でおいしく食事ができることは、歯の健康だけでなく、体全体の健康に繋がります。ですから、歯並びや噛み合わせが気になったら、年齢に関係なく適切な処置をおこなうことが理想的なんですね。

2.50歳で歯科矯正をするメリット・デメリット

大きなメリットとなるのは、先ほど紹介したように、きれいな歯並びや噛み合わせを手に入れられることでしょう。歯並びや噛み合わせがきれいになることで、顔のゆがみが改善される方もいますし、歯のコンプレックスを克服できて前向きな気持ちになる方もたくさんいます。

一方で歯科矯正によるデメリットもあります。歯科矯正をすると、年齢にかかわらず歯ぐきが下がってしうまうことがあるのです。50歳以上の中高年の場合、加齢によって歯ぐきが痩せ、歯ぐきが下がっているという方も多いので、今までよりも歯ぐき下がりが目立ちやすくなる可能性があります。
どんな治療をするとどれくらい歯ぐきが下がりそうか、歯科医と相談しながら進めていきましょう。

50歳からの歯科矯正を群馬県高崎市周辺でお考えの場合、当院では条件により保険適用も可能です。健康と美しさを保つためにも、歯科矯正は有効ですよ。

記事投稿日:2020年05月12日


メールでのお問い合わせ