冷たい物がしみる!知覚過敏になる原因はなに? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

冷たい物がしみる!知覚過敏になる原因はなに?

冷たい物を飲んだり食べたりして歯がしみる場合、最初に疑うのは虫歯です。しかし虫歯でもないのに冷たい物がしみる場合は、知覚過敏症になっている可能性があります。

1.知覚過敏で痛みを感じる理由

知覚過敏になると冷たい物だけでなく、熱い物や歯ブラシの毛先などが歯に当たるだけでも痛みを感じることがあります。
通常、歯の表面を覆っているエナメル層は、冷たい物や熱い物などが触れても痛みを感じることはありません。しかし歯の内部や根元にある象牙質は刺激が神経に伝わりやすく、痛みとして感じてしまいます。

知覚過敏で痛みを感じるのは、なんらかの理由で歯の象牙質が露出することが原因なんです。

2.知覚過敏になる原因

象牙質の露出が知覚過敏の原因ですが、象牙質が出てしまうのはなぜなのでしょうか。

加齢と共に知覚過敏になった場合は、歯ぐきが下がっていることが考えられます。歯ぐきが下がると象牙質でできている歯の根元が露出するため、冷たい物などがしみやすくなるのです。この場合の知覚過敏はごく一時的なもので、数分もすれば痛みは感じられなくなります。

また、歯の破損やすり減りによっても知覚過敏は起こります。怪我や固い物などを食べて歯が欠けているときや、歯ぎしりや食いしばりによって歯がすり減っているときなどです。
歯の破損がある場合は知覚過敏が起こりやすく、ひどいときには歯の神経が炎症してしまうこともあります。歯のすり減りは歯ぎしりや食いしばりのクセがない方でも、歯を使っているだけで起こることです。そのため、すり減りによる知覚過敏は個人差が大きく、大きくすり減っていても知覚過敏にならない方もいますし、わずかなすり減りで知覚過敏になる方もいます。

食習慣で気をつけたいのは、歯が溶けることによる知覚過敏です。食べ物の多くが酸性で、炭酸飲料やワインなどを長時間かけてゆっくり飲んだり、酸味の強い食べ物を頻繁に食べたりする習慣があると、エナメル質が溶けて象牙質を露出させてしまいます。

そのほかにも歯磨きのブラッシングが強すぎることによる歯ぐき下がりや、歯のホワイトニングによっても知覚過敏が起こることもあり、それぞれの原因によって対処法は違ってきます。

当院では群馬県高崎市周辺の予防歯科・歯科治療を担う歯科医院として、なかなか改善できない知覚過敏でお悩みの方に向けて、歯や歯ぐきの状態、生活習慣、食習慣にあわせた治療や自宅でできるケアなど、個人にあわせた方法をご提案いたします。

記事投稿日:2020年05月12日


メールでのお問い合わせ