噛むたびに顎がカクカク鳴るのはどの病院へ行けばいい? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

噛むたびに顎がカクカク鳴るのはどの病院へ行けばいい?

食べ物を噛んだり、あくびなどで大きな口を開けたりしたとき、顎からカクカクと音が出たり、痛みを感じたりする症状があります。こんなとき、どの病院へ行って診察してもらえばよいのでしょうか。

1.顎がカクカクと鳴る、痛みがある、口を開けにくい場合の病院選び

このような症状が起こっている場合、顎(がく)関節症の可能性があります。初期症状では口を開けたり閉じたりするだけで、関節を鳴らしたような音がする程度ですが、症状が進むと口が開けにくくなったり、痛みを感じたりすることもあるのです。

顎関節症の診察や治療は、通常は歯科医院や口腔外科でおこないます。噛み合わせなどにも大きく影響するため、歯科での治療が可能です。
顎関節症は顎の関節や顎周辺の筋肉にかかわる症状で、耳のすぐ近くにある顎の関節から音が聞こえますが、骨や関節の病気を扱う整形外科や、耳鼻科では治療していないことがほとんどなので、まずはお近くの歯科医院でご相談ください。

2.顎関節症の主な原因

顎関節症が起こる原因は多岐にわたります。中でも上下の歯の噛み合わせが一時的にズレたり、バランスが悪くなったりすることで起こりやすくなってしまいます。
たとえば日常的に歯ぎしりや食いしばりのクセがある場合や、頬杖をつく、猫背など姿勢が悪いといった生活習慣に関わること、大きな口を開けたりかたいものを噛んだりすることによる顎の酷使、顔面の打撲など、顎周辺に直接影響を与えやすいものが代表的な原因といえますね。

そのほかにも、急激なストレスや強い不安を感じることで、顎関節症が起こることもあります。また、歯のかぶせ物や入れ歯などがあわず、噛み合わせが悪化してしまうことも原因になりえます。せっかく虫歯の治療をしても、噛み合わせがズレて顎関節症になってしまうこともあるのです。
どれかひとつが原因となっていることもあれば、さまざまな原因が組み合わさっていることもあり、治療法は患者さんの状態にあわせて選ばれます。

3.顎関節症が再発しやすい人もいる

顎関節症を治療して症状が改善しても、再発しやすい方がいます。それは、歯ぎしりや食いしばり、噛みしめなどが習慣となっている方です。その場合は、歯ぎしりなどの根本となる原因を改善していく必要があります。
顎関節症の再発などでお悩みの方は、群馬県高崎市のひろかみ歯科医院へご相談ください。ひとりひとりの状態にあわせた最善の治療方法を取り入れ、症状改善のお手伝いをいたします。

記事投稿日:2020年05月12日


メールでのお問い合わせ