歯に食べ物が詰まりやすくなった | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯に食べ物が詰まりやすくなった

歯に食べ物が詰まるのはなぜ?

以前はそうでもなかったのに最近は歯に食べ物が詰まりやすくなったと感じている人は、もしかしたら歯の間に隙間や段差ができていたり、歯の間に虫歯が出来ていることが原因かもしれません。見た感じや指で触れた感じでは特に歯の間に隙間があるという自覚はなくても、わずかな隙間や段差があると、そこに食べ物は詰まりやすくなってしまいます。それに、そうした状態を放置していると上下の歯が少しずつ歪んでしまい、歯並びが悪くなってしまうこともあります。

虫歯がある場合にも、食べ物が詰まりやすくなりますよね。虫歯があると、虫歯菌が空けた穴の中に食べ物が詰まってしまいますが、放置すると、その食べ物は虫歯菌にとっては美味しいエサとなるため、さらに虫歯が広がってしまったり、プラークが出来て歯周病になってしまうことがあるので注意しなければいけません。

自宅でできるお手入れ

歯に食べ物が詰まりやすくなったと感じる人は、まずはこまめに歯磨きをするとともに、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯の隙間までしっかりとお掃除してあげることをおすすめします。また、マウスウォッシュを使うのもおすすめですね。液体タイプのマウスウォッシュなら、磨き残しがあるところにもしっかり届きますし、虫歯菌やプラークなどをスッキリと除去できるので、お口の中をスッキリできます。

歯科検診でチェックしよう

虫歯があるかどうかは別として、定期的に歯科検診を受けることによって、自宅ではお掃除しにくい部分をクリーニングできますし、プラークなどもスッキリ除去できます。

定期的な歯科検診では、口の中のクリーニングをするだけではなく、虫歯や歯周病のチェックもできます。もしも虫歯がある場合なら、早期発見で速やかに治療ができるので、虫歯がひどくなる前の段階でサッと治療ができます。早期なら、治療に時間や費用がかかりませんし、痛みが出る前に治療できるというメリットがありますよね。

もしも食べ物が詰まりやすい場所が、以前にかぶせものをした場所なら、もしかしたらかぶせもののサイズが歯に合わなくなってきたのかもしれません。歯科に行けば、作り直すことができます。そうすれば、食べ物が詰まりやすいという悩みを解決でき、毎日の食事タイムが楽しくなるのではないでしょうか。

群馬県高崎市にある当院では、定期的な一般歯科はもちろん、予防歯科の分野として歯科健診にも積極的に対応しております。歯の健康は病気を予防することから始まります。是非お気軽に、歯科検診を受けてみてはいかがでしょうか。

記事投稿日:2020年05月20日


メールでのお問い合わせ