歯を磨くと血が出るのですが、歯の病気ですか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

歯を磨くと血が出るのですが、歯の病気ですか?

歯茎から血が出ませんか…?

歯を磨くと血が出るとか、リンゴのような固いものをかじると歯茎から血が出るというのは、お口の中が健康な人は起こりません。こうした出血があるという場合には、虫歯があったり、歯槽膿漏などの歯周病があったりなど、お口の中のトラブルが原因となっていることが多いですね。その中でも、歯磨きをするたびに血が出るというのは、かなり高い確率で歯槽膿漏と言えます。歯槽膿漏は放置しても症状が進行するだけで自然治癒を期待することは難しいものです。そのため、できるだけ早く歯科医院に足を運んで、治療することをおすすめします。

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏は、歯周病の一種です。これは、歯茎が炎症を起こして弱っている状態で、歯磨きをした時に血が出る以外には、歯茎が柔らかくなってプヨプヨしていたり、歯間ブラシを使った後に臭いをかいでみると、生臭い感じのニオイがするなど、いくつかのチェック方法があります。血が出るのは歯茎が腫れているからなのですが、固いものを噛んだ時などにも、歯茎が刺激を受けると出血しやすくなってしまいますね。

歯槽膿漏は、歯茎の病気の一種で、歯周病菌がお口の中で繁殖していることが原因で起こります。合わない歯ブラシを使っていると歯磨きをしても磨き残しが出やすく、そこに歯周病菌が繁殖して歯周病になってしまいます。また、ストレスや疲れがたまっていたり、体調不良でも歯周病菌を退治する免疫力が低下してしまうので、歯周病が起こりやすくなったり進行しやすくなってしまいます。

歯科医院で適切な治療を

初期の頃なら、家庭で正しい歯磨きを心がけていれば症状を軽減することは可能です。しかし、血が出るほど進行してしまうと、自宅での歯磨きだけで治療するのは難しいですね。この場合、放置しても完治することはできませんし、どんどん炎症が広がって歯を支えている歯根部分にもダメージを与えてしまいます。最終的には、歯がポロリと抜け落ちる、なんて事態になってしまいます。

その他にも、歯周病菌は毛細血管から体内に入り込むと、血管内にプラークを作って血液の通りを悪くしてしまいます。そうすると血圧が高くなりますし、血管が詰まると脳梗塞などを引き起こす可能性もありますよね。その他にも心臓病や糖尿病を引き起こす原因となるので、放置しても百害あって一利なしなのです。

群馬県高崎市にある当院では、歯槽膿漏など歯周病の治療にも力を入れています。定期的に通院していただくことによって症状を軽減できますし、正しい歯磨きの方法についても指導しています。

記事投稿日:2020年05月20日


メールでのお問い合わせ