マウスウォッシュだけでも歯はきれいになりますか? | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

マウスウォッシュだけでも歯はきれいになりますか?

マウスウォッシュだけで大丈夫?

お口の中のお手入れには、歯ブラシを使った歯磨きだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使ったお手入れ方法、またマウスウォッシュという液体を使ってうがいをするという方法などがあります。マウスウォッシュを使うと歯磨きだけでは得ることができなかった爽快感を得られるので、歯磨きの後には必ず使っているという人は多いですよね。

マウスウォッシュの目的は口臭を予防するほか、虫歯や歯周病を予防するというものです。使い方は簡単で、液体を口に入れて思い切りブクブクうがいをして、最後にはペッと吐き出せば終わりです。歯ブラシでは取り切ることが出来なかった口臭や舌苔などは、マウスウォッシュを使うことによってスッキリ除去できます。その理由は、マウスウォッシュが液体で、歯ブラシが入れない口の中の凹凸にも入り込み、歯周病菌や虫歯菌などを殺菌してくれるからです。雑菌が原因のお口の中のトラブルを解消するためには、マウスウォッシュはとても頼りになるアイテムですね。

しかし、マウスウォッシュにはできないことがあります。それは、歯の表面にこびりついている汚れや食べかすを落とすという作業です。これは、歯ブラシの役目ですよね。もしも歯ブラシを使わずにマウスウォッシュだけだったら、歯にこびりついている汚れなどを完全に落とすことはできません。つまり、マウスウォッシュは歯ブラシの代わりにはならないということが言えますね。

マウスウォッシュの正しい使い方

まず最初に、歯ブラシを使って歯を磨き、歯の間に詰まっている食べかすや表面のこびりつき、汚れなどをしっかりと落としておきます。その後で、歯間ブラシやデンタルフロスを使い、歯の間に詰まっている汚れや食べかすなどを落としましょう。食べかすがほとんどなくなった状態にした上で、マウスウォッシュを使ってあげるのが理想的です。そうすると、口の中に残っている雑菌を殺菌して、お口の中がスッキリできますよね。

マウスウォッシュは飲み込むわけではありません。それに薬が入っているわけでもないので、基本的には老若男女誰でも使うことができます。しかし、歯磨きをして出血している場合などには、無理にマウスウォッシュを使うと、それがかえって強い刺激となってしまう可能性があります。そのため、出血している時はマウスウォッシュはやめて、少しマイルドな塩水を使った殺菌がおすすめです。

群馬県高崎市にある当院では、歯磨き指導を含めた予防歯科にも力を入れています。マウスウォッシュについての正しい使い方も指導しているので、ぜひお気軽にいらしてくださいね。

記事投稿日:2020年05月20日


メールでのお問い合わせ