関連記事 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

関連記事 一覧

笑顔に自信がつくホワイトニング

今話題のホワイトニングとは

歯を白くして口元を美しくすれば、笑顔にもっと自信が持てます。審美歯科の1つであるホワイトニングは近年広く普及してきています。歯の虫歯や歯周病に対する予防歯科はもちろんのこと、日本人の歯に対する美意識も年々あがってきていますね。この歯を白くするホワイトニングですが、人によっては治療中や治療後に痛みを感じることがあります。なぜ痛くなるかというと、治療中だとホワイトニング剤が強すぎたり、治療中の熱に反応したりすることが理由としてあげられます。また治療後は、しばらくは知覚過敏になってしまうことなどが理由です。

歯は白くしたいけど、誰でも痛いのを我慢するのは嫌ですよね。そこでおすすめは、スーパーポリリンホワイトニング、というホワイトニングの方法です。ポリリンホワイトニングに使用するポリリン酸はすべての生物が元々持っている成分のため、安全性が高く、歯にダメージを与えません。また、ホワイトニングにおいても高い効果が期待できます。施術中の痛みが少なく、しみないだけでなく、ホワイトニングをしながら歯をコーティングしてくれるため、治療後も知覚過敏になりにくいと言われています。さらに着色戻りが少なく、見た目も透明感がある美しい白い歯に仕上がります。

一度受けてみたい!口元のメディカルエステとは?

群馬県高崎市の郊外にある、ひろかみ歯科医院では、このスーパーポリリンホワイトニングを取り入れています。またそれに加え、メディカルエステの施術も行っています。ホワイトニングをしながら、お口周りのエステもできてしまうのです。口元や歯肉のマッサージを行うことにより、唾液分泌の促進や血行促進、またリラクゼーション効果も期待できます。唾液の分泌量は、加齢によって減少してしまい、口の中の浄化や殺菌作用が弱まってきます。これによって虫歯や歯周病のリスクも高まってしまうのですが、このマッサージ効果で唾液分泌の促進をすることによって、免疫力をあげていくことが狙いです。また、血行促進やリラクゼーション効果によって、とくに口元がすっきりとし、歯のホワイトニング効果との相乗効果で、より若々しく、健康的で美しい笑顔を作り出すことができるなんて、嬉しいですよね。

口元の総合審美歯科のご相談は、ぜひこちらへどうぞ。郊外型の広くゆったりした敷地に、緑がいっぱいの景観を目にしながら、落ち着いて治療が可能です。通常の歯科治療やインプラント、入れ歯のご相談もできますので、家族全員で通院もできます。

記事投稿日:2018年10月04日


審美で若々しい口元に

審美歯科とは?具体的な治療はどんなものがある?

審美歯科を知っていますか?審美性、つまり見た目の美しさに加え、きちんと噛める健康的な口内環境をも考えている歯科治療です。治療は大きく2種類に分けられます。1つ目は、ホワイトニング系です。毎日歯を磨いていても、少しずつ食べ物や飲み物などの汚れが蓄積し、またとくに喫煙をしている人は歯が着色してきてしまいますよね。歯を削るのではなく専用のホワイトニング剤を塗布して、歯を白くしていく方法があります。歯科医で行うものと、自宅でケアできるものの両方あります。もう1つ、ホワイトニング系の別の方法が、ラミネートベニアです。ホワイトニングでも歯が白くなりくい場合に行う治療です。歯の表面を薄く削り、薄いセラミックを貼り付けます。主に前歯に行う治療です。見た目は自然の歯と同じくらい違和感がなく美しく仕上がります。また歯の間の隙間を埋めることもできるため、多少の歯並びを整えることも可能です。

2つ目は被せ物系の治療です。虫歯で歯を削ると、保険治療だとプラスチックや金属素材の被せ物をして、歯を覆います。差し歯ともいわれているものです。プラスチックや金属だと、見た目が良くなかったり劣化が激しいですよね。でもオールセラミックであれば見た目が美しく、自然です。また耐久性にも優れているため、きちんとケアをすれば長期間使えます。金属アレルギーがある人にも安心して使っていただけます。被せ物系の2つ目はメタルボンドです。オールセラミックと同様に虫歯などで歯を削った場所に被せるものです。オールセラミックとのは違いは、内側が金属になるというところです。このため、より耐久性に優れています。ただし金属アレルギーがある方も使用ができません。最後に詰め物であれば、セラミックとプラスチックを混ぜた素材によるハイブリッドインレーという方法があります。銀色の詰め物が、自然の歯と同じような色合いに生まれ変わります。

群馬県高崎市のひろかみ歯科では審美治療もやっています

群馬県高崎市のひろかみ歯科は、通常の歯科治療、インプラント、入れ歯治療に加え、審美歯科も備えたオールマイティな歯科医院です。3世代、および家族のニーズが違っても一緒に通えます。ゆったりした敷地で落ち着いて、長期に渡り歯科治療を行うことができて、安心です。口元が美しくなると、全体の見た目も若々しくなります!ぜひご相談くださいね。

記事投稿日:2018年10月04日


長く自分の歯を残すために

世界一の長寿国家日本。歯の寿命も伸ばしたいですね

日本は世界一の長寿国家です。でもただ長生きするだけでなく、健康で長生きしたいですよね。そのために歯の健康を保つことが何よりも大切なことはご存知ですか?歯が1本でも抜けてしまうと、身体全体に不調をきたしてしまうほど、口の健康は身体全体の健康に影響を及ぼします。近年予防歯科の考えが普及し、高齢になっても自分の歯が多く残っている人が年々増えています。

80歳になっても20本以上自分の歯を保とう、という8020運動は良く知られていますよね。厚生省が行った平成28年の歯科疾患実態調査結果によると、この8020の達成者が75歳以 上85歳未満で、51.2パーセントと推計されています。前回5年前の平成23年の調査からもさらに改善されていることも分かっています。これから今の若い世代が徐々に高齢化していく中で、さらに割合は上がっていき、自分の歯を多く持ち続ける人がどんどん増えていくことが期待されるでしょう。

予防が最善の治療です

長く自分の歯を保つことに大切なことは、日々のケアです。どんな治療よりも、日々のケアに勝るものはありません。子供のころから言われていることですが、食事の度に歯を磨くことが大切ですよね。そしてブラッシングだけではなく、フロスやデンタルリンスで補うことで、さらに虫歯や歯周病を予防することができます。できることならば甘いものは控えめにした方が、歯のためには良いでしょう。さらに、自分で取り切れない歯垢や、虫歯や歯周病にかかっていないかのチェックのために、定期的に歯科医に通うことをおすすめします。矯正をしていたり、ブリッジなどをしていると自分では磨きにくく、汚れが溜まってしまうところが必ずありますよね。歯科衛生士さんに器械やフッ素入りジェルなどを使用して、きれいに歯垢を落としてもらいましょう。歯と歯茎の間にある歯垢なども取り除いてもらうことが可能です。また、もし虫歯や歯周病にかかってしまったとしても、早期発見により悪化を防ぎ、歯を失ってしまう事を最小限に食い止められます。

ぴかぴかの歯にしてもらうと、新たな歯垢が付きにくくなりますし、なにより気持ちもすっきりしますよね。もし群馬県高崎市近辺にお住まいであれば、ひろかみ歯科医院にご相談ください。家族全員で楽しく通うことができます。季節の変わり目など、家族の恒例行事にしてみてもいいかもしれませんね。3世代で通えるのも嬉しいですよね。(2018年現在)

記事投稿日:2018年10月04日


口の中も老化します

口の中の老化現象とは

年齢を重ねるごとに身体に不調が現れてきますが、口の中も同じです。高齢、とくに後期高齢者になると1本でも歯を失っている方の割合は100%に近く、総入れ歯の人も2割以上となります。ただ、歯が抜けてしまうのは、単に加齢だけではなく、虫歯や歯周病が原因です。口の中は常に唾液で満たされており、この唾液によって口の中が浄化されたり、殺菌されたり、保護されたりすることにより、歯を虫歯や歯周病から防いでくれています。ところが、加齢によって唾液の量が減少してきますよね。そうすると口の中の浄化や殺菌作用が不足してしまい、細菌が増殖しやすくなってしまうのです。こうして口の中の老化現象によって、歯を失ってしまう事が多いのです。

歯を失ってしまうと、口の中だけではなく身体全体に様々な影響を及ぼします。1本でも歯が無いと、噛み合わせが悪くなり、噛む力が弱くなります。それに伴い、顎の力が弱まってしまいます。そうすると胃腸にも影響を及ぼします。話すときの発音にも変化が現れますし、1本の歯が無くなってしまう事により、顔の形まで変形してしまうこともあります。口を開けた時の見た目も大変気になりますよね。また、噛み合わせが悪くなり、身体に力が入らなくなったり、肩こりや頭痛まで引き起こしてしまう事もあるのです。このように、食事を楽しめなくなるだけでなく、身体に不調をきたし、おまけに口を開けることさえためらってしまう事さえあるのです。

もし歯を失ってしまったら

このように、たった1本の歯でも失ってしまった場合には、様々な不具合が生じます。ですから、そのままにしておくわけにはいきません。でももし失った場合、どのように治療を行っていくか迷いますよね。もし、群馬県高崎市近辺にお住まいであれば、ぜひ高崎市郊外にあるひろかみ歯科医院にご相談ください。郊外型のゆったりした敷地に緑や花の溢れる空間で、リラックスしながら治療をしていただけます。

また、ブリッジにするか、インプラントにするか、入れ歯にするかを迷ったとしても、どれでも高い技術と専門性をもって対応ができます。入れ歯も保険診療だけではなく、自由診療のよりクオリティの高い入れ歯のご提案が可能です。ご希望と治療費と身体の調子などを考えながら、じっくり相談して進めていきます。小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで総合的な歯科治療が可能なため、ご自身の歯と同様、長いお付き合いをしていければと考えています。(2018年現在)

記事投稿日:2018年10月04日


妊娠中の虫歯治療

妊娠中の虫歯治療について

赤ちゃんが産まれた後少なくとも2~3か月は、お母さんは赤ちゃんにつきっきりで、ゆっくり時間を取ることがなかなか難しい時期です。このためお母さん本人のケアがまともにできなくなってしまうので、出産後に虫歯になってしまう人も多いようです。虫歯がある人も無い人も、出産までにお口の中の状態を完璧にして、赤ちゃんを迎えたいですよね。でも、妊娠中に虫歯の治療はできるのでしょうか?答えはイエスです。もちろん妊婦さんそれぞれの状況にもよりますので、主治医と相談しながら進めましょう。

しかしむしろ、既に虫歯がある人なら妊娠中に処置しておかないと、出産後はゆっくり治療に取り組めないため、悪化してしまい歯を失ってしまう事にもなりかねません。ぜひ妊娠中に歯医者さんに相談してみましょう。でも、おすすめはできれば安定期を過ぎた妊娠中期までです。後期になると急激にお腹が大きく、重くなるため仰向けで長い時間横になることがきつくなりますし、臨月を迎えると外出も大変で心配ですよね。体調次第ですが、比較的安定していて、お腹もそこまで大きくない中期までに、歯医者さんと相談をしてスケジュールを組み立てながら、虫歯治療をコンプリートしておきましょう。もちろん予防のためにもメンテンナンスに通っておくことをおすすめします。

妊婦さんでも心配なく治療ができます

群馬県の高崎市近辺にお住まいであれば、ひろかみ歯科医院にぜひご相談ください。郊外型のゆったりとした敷地に自然豊かな環境で、心も身体も落ち着く空間です。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで安心して、3世代に対応している歯科医院なので、赤ちゃんが産まれてからも一緒にずっと通えるのも嬉しいですよね。また、歯医者さんの雰囲気や機械の音がどうしても苦手、という人もいると思います。不安な気持ちやドキドキした気持ちで歯医者さんに来なければならないと、足も遠のいてしまいます。

こちらではご希望の方にはバッチフラワーレメディーを治療支援として取り入れており、リラックスした気分で治療を受けることも可能です。バッチフラワーレメディーはお薬ではなく、花の力を借りて不安や恐怖を取り除くエッセンス(お水)なので、もちろん副作用もありません。妊娠中は何かと気持ちが不安定になったりすることがあるものです。虫歯治療も、気持ちを安らかにしてやってもらいたいですよね。ぜひ気持ちの面も含めて、一度ご相談くださいね。

記事投稿日:2018年10月04日


歯並びを直したい

自分の歯並びや、お子さんの歯並びが気になるので矯正したいと考える患者さんは多いものです。
歯並びが良くなることで、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。

歯並びを直す=歯科矯正のメリット

まず第一には見た目が美しくなることが挙げられますね。
にこっと笑ったときにきれいに並んだ白い歯が見えるのは、笑顔をより美しく見せますし、周りの人も感じが良いと思うようです。
表情が大事なスポーツやダンス、舞台に上がる人たちは、肌や髪だけではなく歯の美しさも意識しています。

歯の健康面でのメリットは、歯並びが悪い頃に重なって磨きにくかった部分をスッキリと、きちんとお手入れできるようになるという部分でしょう。
虫歯の予防にもなりますし、時間をかけなければうまく磨けなかった歯の手入れの時短にもなります。

歯の矯正の種類

広くおこなわれていて「矯正の基本」とも言えるのがブラケット矯正です。
ブラケットと呼ばれる専用の器具を使い、歯の一つ一つにつけて数ミリ単位で動かすことができます。
銀色の鎖のようなものが歯の表面についている人を、あなたも見かけたことがあるかもしれませんね。
基本的な矯正法なので症例もとても多く、経験豊富な歯科医師も多いのがメリットでしょう。

舌側矯正はブラケット法と似ていますが、こちらは歯の表側ではなく舌側(裏側)に器具をつけて動かします。
表側に器具が出ないので目立ちにくく、人前で歯を見せることの多い仕事をしている人に人気があります。
ただし、器具が舌に当たりやすく、常に気になってしまう…というのが、人によっては最大のデメリットとも言えるかもしれません。

部分矯正は、全体は矯正する必要性を感じないがこの部分だけは直したい!という人にピッタリの矯正法です。
前歯の一部だけが突出しているなど、気になる点が少なめの人におすすめしています。
一部だけを矯正するので期間も短く、費用も抑えられる傾向ですが、全体の噛み合わせを直すことはできないのがデメリットでしょう。

群馬県・高崎市での歯の矯正はひろかみ歯科医院で

ひろかみ歯科医院では、通常の歯の治療に加え、歯並びを直したいなどの審美歯科治療もおこなっています。
歯並び矯正にもさまざまな種類がありますし、どの方法がベストなのか、また費用やかかる期間についても丁寧にアドバイスいたしますので、気楽になんでもご相談ください。
歯並びの矯正は美しさだけではなく、噛み合わせのバランス矯正や歯の磨きにくさを軽減するなど、虫歯予防の観点からもメリットがありますよ。

記事投稿日:2018年09月06日


歯を白くしたい

歯に色がついてしまう原因

毎日きちんと歯を磨いているはずなのに歯が黄ばむ、なんだか輝きがない…このような悩みを抱えている方は、老若男女を問わず幅広い世代にいますよね。
歯に色がついてしまう原因には、コーヒーやお茶に含まれる色素が歯に付着してしまう、喫煙の習慣があるならヤニが付着してしまうことによるものです。
コーヒーやお茶、人によってはタバコは生活のごく身近なところにあり、歯のためだけにスパッとやめる…ということは難しいものです。
食べ物・飲み物ではほかにも赤ワイン、ココア、チョコレートなど、また意外なところでは大豆を用いた食品やバナナもステイン付着の要因となるとされています。

食生活や嗜好品意外の要因としては、加齢によって歯の表面のエナメル質がすり減ってきて、内側にある象牙質が透けて見えるようになることが挙げられます。
食生活と象牙質の透けが一緒に起こることもあります。

歯医者さんで歯を白くするには

まず、「白くする」にもさまざまな種類があります。
生まれ持った歯の色を取り戻す治療と、本来の歯の色よりももっと白くする治療は違うわけです。
患者さんがどの程度の「白い歯」を求めているのか、まずはカウンセリングから始まります。

もっとも一般的なのは基本的なクリーニングです。
専用の機器をもちい、歯の表面についた汚れを落とします。
次に多く用いられる治療法は歯のマニキュアとも呼ばれるホワイトコートです。
マニキュアですからいずれは落ちてしまいますが、だいたい1ヶ月~3ヶ月ほど白さを維持することができます。
ここぞというときのお出かけに備えてや、笑顔が大切な仕事についている人にも人気があります。
もっときちんと白くしたいという人に人気なのがオフィスホワイトニングです。
こちらは歯に薬剤を塗り、歯の漂白をおこなう方法です。
とても白く、輝くような歯を求める人に人気があります。

このほかにもダイレクトボンディング、ラミネートベニア、セラミッククラウンなどの治療法があり、これらは先に紹介したものよりもやや大掛かりな治療が必要です。

審美歯科治療も群馬県・高崎市のひろかみ歯科医院へ

ひろかみ歯科医院では通常の虫歯治療だけではなく、歯を白くしたい!輝きを取り戻したい!といった審美歯科治療にも力を入れています。
審美歯科治療がもとで虫歯の芽を早めに発見できたり、歯が白くなることで自信が持てたりと、心と歯を健やかに保つことができますから、結果的に歯の健康を保つきっかけとしてもおすすめできますよ。

記事投稿日:2018年09月06日


バリアフリーの歯医者さん

年齢を重ねることで動かしにくくなった体でも移動ができるように。
車椅子の人の移動を妨げないつくりに。
小さな子どもでも無理をせずに移動ができるように。

バリアフリーにはさまざまなポイントがあるかと思います。

ひろかみ歯科医院のバリアフリー

広いスペースをとった予防センターや診療室、特別診療室は、車椅子や杖をついた患者さんでも余裕を持った移動ができるように配慮してあります。
また、車椅子用のスロープも用意しているため、車椅子を降りることなく院内へ入ることが可能です。
車椅子用スロープは常設ではありませんが、声をかけていただければすぐにお出しできます。
このような声かけを気軽にしていただける雰囲気づくりにも努めています。
予防も含め、治療後に当院でのメンテナンスを20年以上続けている患者さんもいらっしゃるんですよ。

バリアフリーの歯医者さん、とは

ひろかみ歯科医院では、バリアフリーの意味を広く捉え、施設の利便性を上げることはもちろん、患者さんの心の壁を取り払って、なんでも相談してもらえるような雰囲気作りにも力を入れていきたいと考えています。
歯科医だけではなく、病院での治療には不安がいっぱいで、医師に診てもらっているという安心感よりも不安が上回るといったケースのほうが多いでしょう。
そんな不安を抱えた患者さんが、その気持ちを素直に打ち明けられるような雰囲気…難しいかもしれませんが、わたしたちが目指すのは心も施設もバリアフリーの、本当の意味で患者さんに優しい歯医者さんなのです。

群馬県・高崎市で「町の歯医者さんならひろかみ歯科医院さん」と呼ばれることを目指し、ただ歯の治療をおこなうだけではなく、患者さんの居心地の良さや相談のしやすさ、通いやすさなども考えていますが、まだ足りない部分もあるかもしれませんね。
そのようなときにも、ぜひ、お気軽に意見をいただければ幸いです。
施設のバリアフリー化と心のバリアフリー化、2つの意味でのバリアフリーを強化し、居心地の良い環境で最高の治療を…。
そんな夢を、わたしたちと患者さんとで、達成できれば良いなと考えています。

歯に関するどんな小さな不安、悩みでも、ぜひひろかみ歯科医院スタッフまでお気軽に声をおかけください。
患者さんの声にきちんと耳を傾けることのできる歯医者さんをこれからも目指していきます。

記事投稿日:2018年09月06日


親子で通える歯医者さん

子供にとって、歯医者さんはとても怖い場所かもしれません。
甲高い音を出す機器、長い間大きく口をあけ、何をされているのか自分からは見えない…大人であっても歯医者さんは苦手という人も多くいます。

大人にも、子供にもやさしい歯医者さんに

子供にとって虫歯はとても身近な病気です。
甘いものやおやつが大好き!でも歯磨きは苦手というお子さんが大半でしょう。
そして近年は夜更かしをする世代がどんどん若くなって、夜中にお腹が空いてついついおやつをつまみ…という話もあります。
歯磨きをしないまま布団に入り、朝を迎えてしまう子供も多いんですね。
また、お父さんもお母さんも働いていて子供の食事や歯磨きの管理がうまくできずに虫歯にさせてしまったというケースもあるようです。

こういうとき、怖い歯医者さんならなんと言うのでしょうか。
お父さん・お母さんの管理のできなさを咎めたり、子供に対してガミガミ言ってしまったり。
これではお子さんだけではなく、お母さんも精神的な負担を感じ、治療に来なくなってしまうかもしれません…。
わたしたちが考える「親子で通える歯医者さん」は、患者さんの立場を考え、そのなかで改善できることを一緒に探すことのできる優しさを持った歯医者さんだと思っています。

ひろかみ歯科医院はこんな歯医者さん

群馬県・高崎市で「歯医者さんならここ」と言われることを目指し、大人はもちろん、お父さん・お母さんが安心してお子さんの治療を任せられるような歯医者さんを目指しながら治療をおこなっています。
公式サイトでは、お父さん・お母さんとお子さんが一緒になって楽しみながら歯のことが学べるよう、公式キャラクターの“ひろくま君”が子供と歯についての案内をしています。
「ひろくま君がこういう歯の磨き方が良いって言ってたよ」というふうに、親子で声をかけあいながら健康な歯を守ってみてください。

良い歯医者さんは、きちんと治療を続けられる歯医者さん

歯医者さんに行ったとき、「治療の時間はそんなに長くないな。でも期間は長い…」と思ったことがありませんか?
歯の治療は少しづつ状況を見ながらおこなうため、完治までに長い期間がかかりがちです。
この長い期間中に、嫌なこと、不安なこと、疑問に思っていることなどなんでも気軽に相談できる雰囲気作りも、現代の良い歯医者の条件だと考えています。
最も大事なことは、途中で嫌な気持ちになって治療を投げ出してしまわないように患者さんの気持ちに寄り添うこと。
これがひろかみ歯科医院が考える「良い歯医者さん」像です。

記事投稿日:2018年09月06日


リラックスできる歯医者さん

リラックスできる歯医者さんとはどんなイメージ?

昔であれば、虫歯が想像以上に広がっていたり、歯に穴があいてしまっていたりすると「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ」「もっときちんと磨けたはずだ」など、歯医者のイメージは“行くと怒られる”といったものが主流だった気がします。
怒る、咎めるといった行為はエネルギーを使うものの、実際は言われたほうもエネルギーをとても消耗します。
特に、我慢し続けてやっぱり病院で診てもらいたい…と決心をして訪れた患者さんほど、「やっぱり来るんじゃなかった」と精神を摩耗して、きれいに治るはずの歯を治療する機会を自ら失ってしまうなんてケースもあるでしょう。
きちんと歯を治療して、生き生きとした毎日をおくる。
患者さんを不安にさせる歯医者さんではなく、安心して「これからもここにお世話になって治療を続けたい」と思ってもらえるように…これがリラックスできる歯医者さんではないでしょうか。

ここに来て良かった「ひろかみ歯科医院」の自慢

患者さんからの声に、「他の歯医者さんと違った」というものがあります。
歯医者はどこでも同じ、どこで治療しても怒られるし、同じようなことしか言われない、このように思っている患者さんの多さに驚くこともあります。
わたしたちは患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんそれぞれに合った治療法や入れ歯の選択、口腔内のケア方法などなど、ただ治療を施すのではなく「一緒に美しい歯を守る」方向で対応しています。

群馬県・高崎市の歯医者さんならここ!と言われるように

ひろかみ歯科医院では、歯にまつわるさまざまな治療をおこなっていますが、特に自信があるのが入れ歯に関する治療です。
年間400床ほどの入れ歯治療に対応し、入れ歯ならではの悩みの解決や、ピッタリフィットする入れ歯づくりの経験を積んでいます。
群馬県・高崎市で入れ歯に関する治療を希望する患者さんに、リラックスしながら満足のいく結果が得られるよう、誠意を込めた対応をしていきます。

記事投稿日:2018年09月06日


メールでのお問い合わせ