関連記事 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

関連記事 一覧

群馬高崎で歯科医院30年の実績 ひろかみ歯科医院

入れ歯作成は最新の設備と高い技術の歯科医院で

ひろかみ歯科の特徴

入れ歯作成は最新の設備と高い技術の歯科医院でひろかみ歯科は群馬県高崎市で30年の実績を持ち、日々地域の皆さんの歯科治療に当たっている歯科です。入れ歯の作成に当たっては最新の設備を利用してお一人お一人に合った入れ歯をお作りしています。

院内には予防センターもあり、予防センターに4台、診療室に5台、特別診療室に1台のユニットを設置しています。ユニットのシートは患者さんの緊張が少しでも和らぐようにソフトで心地よいものを使用しています。また、衛生管理も厳しく行っており消毒コーナーでは新しい滅菌機で、一つ一つの器具を確実に滅菌しています。

入れ歯の作成について

ひろかみ歯科医院での入れ歯の作成について入れ歯の場合、パイロットデンチャーを使用した王手デンチャーとクラスプ(バネ)を使用しないバルブラストデンチャーがありますが、これらは歯科技工所と研究を行い作成するひろかみ医院独自のものです。王手デンジャーを作る時にはまず仮の入れ歯を付けて日常で使用していただきそれを少しずつ調整していきます。その後ご本人にぴったり合ったところで本義歯となる入れ歯を作成するので最初から快適に使用することができます。

また、使っているうちにあごの歯肉が痩せてきて入れ歯と歯肉の間に隙間ができることがありますが、そんな時でも入れ歯を技工所ですぐに修正できます。入れ歯がない時には以前に使用されていた仮の入れ歯を使用できるので不便を感じずにメンテナンスができます。

また、部分入れ歯の場合は残っている歯に引っ掛けるためのクラスプ(バネ)があるので、はめた時に金属が見えて入れ歯だと分かってしまいます。クラスプのないバルブラストデンチャーなら金属部分がないので、はめた時に入れ歯だとはわからないというのがメリットです。

治療前のカウンセリング

ひろかみ歯科では治療に入る前に十分の時間をかけてカウンセリングを行っていますひろかみ歯科では治療に入る前に十分の時間をかけてカウンセリングを行っています。患者様の治療に対する考え方は様々ですし、かけられる費用も異なりますので、十分にコミュニケーションをとってから、ご要望や予算にあった入れ歯を提案させていただいています。入れ歯の完成までにどのようなスケジュールになるかなどの点もきちんとご説明いたします。

費用に関しても保険の中で行えるものと自由診療、一部自由診療で一部は保険という場合もあります。最終的にどれくらいの費用がかかるかなどについても詳しくご説明しています。費用に関しては気になることも多いですよね。ご不明な点があればお気軽にお尋ねください。

 

ひろかみ歯科医院は担当制で歯科衛生士がケアします

歯科衛生士とは

ひろかみ歯科医院は担当制で歯科衛生士がケアします歯科衛生士は歯や口腔内の健康をサポートする仕事をする国家資格の専門職です。法律で決められている業務は歯科予防処置、歯科診療の補助、歯科保健指導です。

歯科予防処置にはフッ化物などの薬物塗布やプラークや歯石の除去などが含まれます。歯科診療補助では歯科医とチームで働き医師の補助をします。また、歯科保健指導では自宅でのブラッシングの仕方などお口の中のセルフケアのスキルアップを支援します。

また、歯科衛生士は患者様とコミュニケーションをよく図り、歯科医師が行う治療の内容などもわかりやすく伝える必要があります。さらに、患者様の良き相談相手となって、不安や緊張を取り除くのも大事な仕事です。

このように歯科衛生士は単なる歯科医師の補佐ではなく多くの仕事と責任を担っています。歯科衛生士は患者様が適切な治療を受け、歯や口腔内を健康に保つ上で欠かせない存在です。

歯科衛生士が担当制であるメリット

歯科衛生士が担当制であるメリット歯科治療は比較的長くかかるため、歯科衛生士が担当制であれば、患者様との信頼関係が築かれ相談しやすくなるというメリットがあります。また、一人の患者様に対して連続的にケアができるので、口腔内の小さな変化にも気づけるようになり、患者様はより効果的な処置を受けることができます。美容院に行ったときに毎回同じ美容師さんなら、自分の髪質や要望について知っていいてくれるので安心して任せられますよね。それと同じような感覚と思っていただければわかりやすいですね。

また、一人の患者様の状態をしっかりと把握できるので、患者様に関する基本情報を確認するのに多くの時間をかける必要がありません。担当者が毎回変わると確認作業にも時間がかかり、仕事の効率が下がります。さらに、毎回接する中で患者さんのQOLやデンタルIQが向上していくのを見ると歯科衛生士のモチベーションも上がり、患者様もさらに良いケアを受けられることになります。

ひろかみ歯科は歯科衛生士が担当制になっています

このようなメリットを考えて、ひろかみ歯科では歯科衛生士を担当制にしています。担当制にする場合は十分に歯科衛生士の人数がいないと運営できませんが、ひろかみ歯科には高い技術を持った歯科衛生士が10名在籍しているので患者様の担当制が可能になっています。実際に治療に通われている患者様からも、担当制だと会話をしやすく緊張感なく治療を受けられるというコメントをいただいています。ひろかみ歯科は群馬県高崎市で30年の実績をもつ歯科医ですので、歯に関するお悩みをお持ちの方はどうぞお気軽にご相談ください。

歯も定期検診を受け歯石取りで歯周病予防!

定期健診の必要性について

歯も定期検診を受け歯石取りで歯周病予防!歯科は歯が痛くなった時にだけ行くものと考えている方は少なくないようです。でも、虫歯にならなければ、痛みで苦しむこともなく、治療のための費用も時間も節約できるので予防をするのが最善の策といえます。虫歯の予防には定期健診が欠かせませんね。

食事をした後には必ず歯磨きをするという方でも、食べ物のかすや汚れが完全に落ちていない場合があります。そのまま放置しておくと、食べ物のかすを餌として細菌が繁殖して歯肉炎や虫歯になります。

また、幼稚園や保育園に通っている子供たちの場合は、歯磨きの際に、歯ブラシを大きく動かしてしまうので、細かいところの汚れが落ちていないことが多いです。汚れが取れない状態が続くと虫歯になってしまうので、定期健診で口の中をチェックしてもらい、また正しい歯磨きの方法の指導を受ける必要があります。乳歯から永久歯に変わる時期にも歯の位置が変化するので変化に合させたブラッシングが必要になります。

定期健診では、虫歯や歯周病の確認の他に詰め物や粘膜に不具合がないかどうかも確認します。歯石があれば、歯石をとって虫歯に進展しないように予防します。定期健診は3ヵ月から6ヵ月毎に一回で、時間もかかりませんので負担なく受けられるものです。費用も5,000円もかかりません。簡単な内容なら2,000円~3,000円ですみます。

なぜ歯石をとったほうがいいの?

歯石には小さな穴がたくさん開いていて、そこに細菌が住み着いて繁殖すると歯茎が腫れたり歯周病になります。歯石の中の細菌はブラッシングでは取り除けないので、歯石そのものを取る必要があります。歯石を放置していて歯周病になると、血液循環を通して糖尿病や心臓病、肺炎などの合併症を起こすこともあると指摘されていますので歯石は定期的に取り除くのが最善です。

歯石の取り方

歯石の取り方歯石は超音波の振動を利用し粉砕するという方法で除去します。定期健診を受けていれば、歯石ができていてもまだ柔らかいので簡単に取れます。黒く硬くなった歯石はなかなか取れにくいです。超音波やその他の器具を使って取っていきます。歯周ポケットが4mmまでであれば器具が届くので歯石を取り除くことができます。それ以上の深さの歯周ポケットの中の歯石を取るには、歯茎を切開する必要がある場合もあります。

群馬県高崎市で30年の実績があるひろかみ歯科では、予防歯科にも力を入れており、定期健診も行っています。確かな技術で歯石の除去も行い皆様の歯の健康をサポートしています。

審美歯科治療も多数実績があります

審美歯科治療とは

審美歯科治療は虫歯や歯周病などの一般的な治療ではなく、一歩進んで見た目にも美しい歯を作ることを目的としています審美歯科治療は虫歯や歯周病などの一般的な治療ではなく、一歩進んで見た目にも美しい歯を作ることを目的としています。ホワイトニングやオールセラミッククラウン治療、インプラントなどがあります。悪い歯並びや歯の色素沈着はコンプレックスになります。そうなると人前で笑えない、また引っ込み思案になって積極的に行動できなくなる原因にもなりえます。審美治療で見た目が改善されれば自信を持って人と接することができ、生活の質も向上すると考えます。審美治療は精神面でも大きな効果をもたらしてくれる治療なのです。

ひろかみ歯科で受けられる審美治療

ひろかみ歯科で受けられる審美治療当院は群馬県高崎市で30年の実績を持っており、これまでにも多くの方に審美治療を行ってきました。歯を白くしたいという方ならクリーニング、ホワイトニング、ラミネートベニアという治療を受けることができます。クリーニングは歯の表面に付いた茶渋などの着色を落として、元の歯の色に戻す治療です。ホワイトニングはクリーニングをした後にさらに白くしたい場合に行う治療でホワイトニングジェルなどを使用して漂白します。

ラミネートべニアは歯の表面をわずかに削ってから、セラミック製の薄片を接着剤で張り付けて歯を白くする方法です。接着剤は特殊なものなのではがれる心配はありません。テトラサイクリン系の抗生物質を服用すると色素沈着が起きて歯がグレーになってしまうのですが、そのようなケースでもラミネートべニアなら白い歯を取り戻せます。また、前歯2本の間に隙間がある場合もこの治療で埋めることができ見た目が良くなります。

笑うと銀歯が見えるので詰め物を白くしたいという方なら、ラミネートベニアの他にオールセラミックやプロセラ、メタルボンドなどで対応できます。オールセラミックは時間が経っても変色せず歯茎が黒ずむこともありません。自然な白さで透明感もあります。メタルボンドは中が金属なので割れにくくほぼどの部分にも使用できます。ただ、金属の種類によっては金属が流れ出すことがあるので、金属アレルギーの方には向きません。

プロセラは従来のオールセラミックよりも強度があるオールセラミックです。従来のものは負荷がかかる大臼歯などの治療は難しいとされてきました。プロセラは強度があり、しかも美しい仕上がりになります。金属を使っていないので金属アレルギーのある方も安心して治療を受けられます。これらの他にも審美治療に使用できるセラミックがあります。審美治療を受けたいという方がいらっしゃればお気軽にご相談ください。

問題のある親知らずの抜歯の対応が可能です

親知らずについて

問題のある親知らずの抜歯の対応が可能です親知らずは正式には第三大臼歯と呼ばれます。智歯と呼ばれることもあります。親知らずは大臼歯のうち最も奥にある歯です。一番前の歯から数えて8番目に当たります。上あごの左右と下あごの左右にあり、合計4本です。ただ、親知らずがない人もいますし、4本そろっていない人もいます。

永久歯は10代半ばで生えそろいますが、親知らずは10代後半から20代の時期に生えてきます。上下がそろっていてかみ合わせも問題ない場合もありますし、斜めに生えている場合や骨の中に埋もれている親知らずもあります。

親知らずを抜かなくてもいい場合

親知らずは必ず抜く必要があるものではありません。正常に生えていて機能していれば抜く必要はありません。また、あごの骨の中に完全に埋まっている場合も、周りの組織に影響を与えていなければ抜かなくても問題ありません。また、第一大臼歯や第二大臼歯を失った場合にブリッジの土台として使用したり、入れ歯のクラスプを掛けることができるので抜かないほうが都合がいい場合もあります。また、親知らずの手前の大臼歯を抜く必要が生じた時に親知らずをそこに移植したり、斜めに生えた親知らずを矯正治療で正しい状態に戻すこともできます。

親知らずを抜いたほうがいい場合

高崎市の問題のある親知らずの抜歯の対応が可能です親知らずが虫歯になった時には抜歯したほうがいい場合があります。また、第ニ大臼歯も虫歯になった場合は、親知らずを抜いてすぐに第二大臼歯の治療をする必要があります。放置しておくと第二大臼歯まで抜く必要が生じます。

横向きに埋まっていて手前の歯に影響を及ぼしている場合も抜く必要があります。このような状況だと智歯周囲炎が起きたり、第二大臼歯の歯の根が溶けてしまうことがあるからです。智歯周囲炎があごの骨などに広がると顔が腫れてしまいます。炎症を鎮める治療しても、このような症状が繰り返される場合は抜歯したほうがいいでしょう。

また、親知らずの大部分が歯茎に埋まっていて歯の一部だけが見えている場合は、物が詰まりやすく不潔になるので炎症が起きやすくなります。その結果腫れや痛みを感じます。このようなことが頻繁にあるなら抜歯が適当です。また、親知らずが骨の中に完全に埋まっていても、嚢胞がある場合は痛みを感じたり腫れが生じるので抜歯が必要になります。

ひろかみ歯科は群馬県高崎市で30年の実績を持っていますので、多くの患者様の親知らずの抜歯も手掛けてきました。親知らずの痛みでお困りならどうぞお気軽にご来院ください。

記事投稿日:2018年01月18日


群馬県高崎市で30年の実績 ひろかみ歯科

最新の設備と高い技術で入れ歯を作成します

○ひろかみ歯科医院はどんな歯科医院?

ひろかみ歯科医院は群馬県高崎市で30年の実績がある歯科医院ですひろかみ歯科医院は群馬県高崎市で30年の実績がある歯科医院です。おじいちゃん・おばあちゃんの入れ歯も、お子さまの虫歯治療も、お孫さんの予防歯科も、すべてひろかみ歯科で治療可能なので、三世代が一緒に通える歯科医院として地域の方々にご愛顧いただいております。

歯科治療や入れ歯作成に要する最新の設備が整っており、高い技術においてお一人おひとりに合った、快適な入れ歯を作っています。院内に予防センターを併設しており、診療室が5台、予防センター4台、特別診療室に1台という、計10台のユニットが設置されています。

ユニットのシートはふかふかで柔らかく座り心地も快適です。患者様の緊張感が少しでも和らぐようにと、設備面も配慮しています。また、衛生管理面でも重要な役割を果たす消毒コーナーでは、新たな滅菌器を導入しており、器具も1つずつ確実に滅菌をし管理・保管されています。患者様の治療に用いる機器は、全て個別に滅菌されたものを使用していますので、安心して治療を受けることに専念されてください。

○どんな治療がひろかみ歯科医院で受けられるの?

ひろかみ歯科医院は群馬県高崎市で30年の実績がある歯科医院です院内の予防センターにおいては、定期健診にいらした方に対して、担当となる歯科医師および歯科衛生士が歯周病予防のケアを行います。
長年にわたり、ひろかみ歯科医院で歯や口腔内のメンテナンスをされている方も少なくありません。

入れ歯の制作の場合、パイロットデンチャーを用いたデンチャー王手、ノンクラスプデンチャーのバルブラストデンチャーは、提携している歯科技工所と研究を行い制作している、ひろかみ歯科独自のものとなっているのです。
王手デンチャーの場合ですと、治療用義歯を作成して噛む位置や大きさなどを確認しながら、患者様の改善点を見つけて治療・調整をしていき本義歯となる入れ歯を作ります。よって、出来上がりの入れ歯は患者様にぴったりと合った物になっているのです。

○ひろかみ歯科医院では治療前にカウンセリングを行っています

ひろかみ歯科医院を初めて受診される際には、治療前にカウンセリングを実施させていただいていますひろかみ歯科医院を初めて受診される際には、治療前にカウンセリングを実施させていただいています。
治療方針を決める前に、患者様のご希望やご予算までを一度お伺いして、患者様の描くゴールを明確にします。それを実現させるために、どの様な治療方法があるのか、どのように進めていくのか等をご提案・ご説明いたします。

費用面においても、保険診療内であったり一部自費、全額自費などご要望を伺い、ご予算に合わせた治療方法の選択が可能となっています。

歯科治療費が不透明な場合では「治療が進んでいくにつれ費用も多額になってきて、完了するまでには一体どの程度の金額が必要となるのか」という不安は大きくなりますよね。そのような費用面に関するお悩みも解消できるようにと考え、カウンセリングは詳細に行っています。

患者様に持病があったとしても、安心して歯科治療が受けられるように、主治医と相談して病院との連携を図り、患者様にとっての健康をトータルに考えていおります。
歯科医院が担える患者様の健康のため、お一人おひとりに合った最適な治療を心掛け提供しております。

定期検診で歯石取り

○定期健診を受けて歯石取り・歯周病予防をしましょう!

定期健診を受けて歯石取り・歯周病予防をしましょう群馬県高崎市で30年の実績のあるひろかみ歯科医院でも、定期健診を受ける重要性を患者様にお伝えしております。

日本の30歳以上の約80%が歯周病にかかっているとも言われていますが、自覚症状のないまま放置され、ひどくなってから受診するケースも多く、歯の喪失原因の第1位を占めています。
歯周病は口内だけへの影響に留まらず、血液やリンパを介して全身の疾患や体調・メンタルにも影響を及ぼすともいわれています。

歯周病予防をする場合、一度きりで「ここで終了」ということはなく、定期的なクリーニングを行うことで口腔内も正常に保つことができ、歯周病予防につながります。

お口の健康というのはどの様な治療をしたかではなく、どの様にメンテナンスをしたかによっても左右されてきます。
毎日100%の歯垢を落とし維持し続けることは、食べ物を食べている限り不可能に近いですし、歯ブラシが届き辛い部分はどうしても汚れが残りやすくなってしまうのです。
食べ物が挟まりやすい歯間部分や奥の部分は、歯周病や虫歯が進行しやすくなります。

定期健診により、そういった歯周病リスクを改善して、おひとりお一人に合った歯磨きやケアの方法により口内環境は健康に保たれるでしょう。また、治療という位置づけとなる可能性もありますが、歯石取りだけでも行うことも可能ですので、あまり構えずに歯科医院をご利用になるのも一案です。

○PMTCで歯石取りをしてお口スッキリ!

高崎市で虫歯や定期健診を行うひろかみ歯科医院の予防歯科では、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)も受けることが可能です。PMTCとはプロによる口内のクリーニングのことを言います。定期健診を行うひろかみ歯科医院の予防歯科では、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)も受けることが可能です。PMTCとはプロによる口内のクリーニングのことを言います。
日常的な歯磨きではどうしても取りきれないプラークや歯石を、専用の器具を使い安全に取り除くことができます。さらに、再び付着しないようにケアもできるのが歯科医院ならではのポイントです。

PMTCで得られる効果は虫歯予防であったり歯周病予防、口臭の予防などがあります。口内のリフレッシュにもなるでしょう。矯正装置やブリッジを入れている方や、インプラント治療をした方、歯の色が気になる方などに特に適している歯科ケアとなっているのですね。PMTCを施術してもらうと、終了後は口内がさっぱりと爽快となります。

○定期健診はどの位の間隔で受けるのが望ましい?

歯石を除去する目的などの定期健診は、自分の歯が一本でもある場合には3か月に1回が望ましいとされます。自分の歯がない総入れ歯の方であれば、6ヶ月に1回が推奨されています。歯石を除去する目的などの定期健診は、自分の歯が一本でもある場合には3か月に1回が望ましいとされます。自分の歯がない総入れ歯の方であれば、6ヶ月に1回が推奨されています。

なぜ3か月に1回が望ましいのかと言うと、部分入れ歯などで針金をかけている歯が健康でないと、その歯にかかる入れ歯ももたなくなるからという理由が一つ。
他にも進行の早い虫歯を初期治療で対応できるように3か月程度という目安になっています。

ご自身の歯をできるだけ長く健康に維持できるようにするため、歯科予防のメンテナンスの目安となっています。
ひろかみ歯科医院には1ヶ月おき程に来院される方もいらっしゃいます。プロケアとホームケアで、いつまでも健康な口腔環境を維持できるよう、ひろかみ歯科は予防歯科にも積極的に取り組んでいます。

歯科衛生士は担当制です

○群馬県高崎市で30年の実績があるひろかみ歯科医院では歯科衛生士が担当として付きます

群馬県高崎市で30年の実績があるひろかみ歯科医院では歯科衛生士が担当として付きますひろかみ歯科医院では、定期健診で来院された患者様の診療は、担当となる歯科医師や歯科衛生士によって行われるシステムをとっています。

歯科医院に歯科医師および歯科衛生士が複数在籍している場合には、診療のたびに異なる歯科医師や歯科衛生士が治療に当たるケースも多いものです。
担当制にすることにより患者様の口内の健康状態に関して、経過を追って正確に把握できるようになることが最大のメリットです。
万が一、担当の歯科衛生士がご自身の意向と合わない治療を行った場合などには、変更のお申し出があればできるかぎりの範囲で対応することも可能です。

患者様へのメリットを最優先するため、ご自身が定期健診を受けたい日時に担当の歯科衛生士が勤務しているかも、事前にご確認をすることをお勧めいたします。
担当不在でも治療経過情報などはスタッフ間で共有していますので、ご自身のご都合の良い日時に来院されても問題ございませんので、安心してお越しくださいね。

○どんな点が歯科衛生士が担当制の場合にメリットになるの?

歯科衛生士が担当制であるということは、毎回同じスタッフが診てくれるため、口内の僅かな変化にも気づきやすいという利点があります。歯科衛生士が担当制であるということは、毎回同じスタッフが診てくれるため、口内の僅かな変化にも気づきやすいという利点があります。

担当でない歯科衛生士がケアにあたる場合でもご安心ください。カルテにより情報共有がされているので、一から状況をお伺いすることなく、スムーズにケアにあたることができます。当日の体調や気になる点等ありましたら、遠慮なく仰ってくださいね。

担当制をとることにより、ご自身に合うメンテナンスをしてもらえる可能性が高いのもポイントです。メンテナンスにおいては、セルフケアをどの様に取り組んでいるかという点や、生活習慣などに関して問診を受けるケースがあります。
担当の歯科衛生士がいるなら、直接治療に関連しないとも思えるような情報を把握できていることもありますし、お話を伺う中で患者様が治療に対して、どの様な事を不安に思っていらっしゃるか等も把握でき、より適切な治療へのアドバイスをさせていただくことも可能です。

回を重ねるごとに、ご自身により合ったメンテナンスがスムーズに行える可能性も高くなります。
歯科衛生士が担当制でない場合には、引き継ぎをどれほどしっかりと行ったとしても、細かな生活スタイルの部分などまでも知っておいてもらえるというのは、難しいと思います。

ひろかみ歯科医院では、患者様が心地よく不安なく、治療を受けていただくことに注力しています。
お陰様で歯科衛生士を担当制にすることに対して、患者様からも「毎回説明をしなくてもわかってくれているから気兼ねなく相談できる」というお話も伺っています。
どんなに小さなことでも、気になったことがあれば遠慮なくご相談くださいね。

親知らずの抜歯も対応可能です

○ひろかみ歯科医院では親知らずの抜歯も処置することができます

ひろかみ歯科医院では親知らずの抜歯も処置することができますひろかみ歯科医院は群馬県高崎市で30年の実績のある歯科医院です。
大人になってから虫歯や生え方が悪いなどの理由により親知らずの抜歯が必要になる患者様がいらっしゃいますが、ひろかみ歯科医院では親知らずの抜歯も処置することができます。

ある患者様ですが、親知らずが斜めに生えてしまっていることにより、隣の歯に圧力がかかってしまっていたため、患者様の口腔環境を確認し、より健康な口腔環境を維持するために抜歯処置を行いました。

その患者様より、数年ぶりに抜歯をしたものの、先生が常に痛むかどうかなどを確認して様子を見ながら慎重に処置をしてくれたので、腫れることもほとんどなく回復できたと、後日の検診でお話を伺いました。歯医者嫌いだったけれど信頼できる先生が見つかって良かったので、これからはメンテナンスをするようにします。とお話されていた姿が印象的でした。

口腔外科的処置が必要な親知らずの抜歯の場合も、大学病院などと連携をとり、患者様にとって一番良い治療が選択できるようご提案させていただきますので、ご安心くださいね。

○親知らずで抜歯が必要なケースなどについて

親知らずで抜歯が必要なケースなどについて親知らずとは、『第三永久歯』というのが正式名称であり、最も前方にある前歯から数え8本目の一番奥の歯を指します。多くのケースで永久歯が生えそろった後から生えてくるため、親に知られることなく生えてくるという意味合いにより、親知らずと言われるようになったようです。(諸説あります。)

親知らずというのは、必ず抜かなくてはいけないわけではありません。歯としてきちんと機能を果たしているかどうか、という点が大切なポイントになってきます。
ということは、他の歯と同等の機能を果たしているのならば、抜かなくても良いのです。

抜歯の必要があるケースというのは、親知らずが斜めに生えてきている場合や、親知らずの虫歯や歯周病が進んできている場合、腫れや痛みが何度も起きている場合などが当てはまります。
こうしたケースでは、抜歯をせずに治療をするのは困難になってくる場合もあります。抜いたほうが良いという診察がなされた親知らずを放置しておくと、虫歯や歯周病が悪化してしまう可能性がありますし、他の健康な歯や歯茎にも影響を与えかねません。
歯並びの崩れや、顎関節症の要因にもなりえるので、できれば早急に対処をすることをお勧めいたします。

特に女性の場合は、妊娠および出産時に親知らずの問題が起こりやすいとされています。
それは、ホルモンバランスが変化するために抵抗力が落ちて、親知らずに強い痛みが生じることが考えられるからです。

妊娠時には薬の服用も制限されるために、痛みがあっても我慢しなければいけない場面も多く、できればそうならない前に、口腔環境を整える対策を考えておくのがベストですね。

親知らずの治療法は、生え方や症状がどの程度かや、お一人おひとりの口腔環境によっても変わってきます。真っ直ぐ生えている親知らずが初期虫歯になっている場合なら、通常の虫歯治療で対応が可能です。う蝕が進行して神経に達するほどになってしまっている場合や、まっすぐではない方向に親知らずが生えてきている場合については抜歯を推奨されることもあります。

審美治療の治療法相談もお気軽に

○口元を美しく若々しくしたいなら審美歯科での治療を

審美治療の治療法相談もお気軽に今日から変わるあなたの笑顔!笑顔は最高のファッションアイテムです。

群馬県高崎市で30年の実績があるひろかみ歯科医院では、審美歯科治療にも対応しています。審美歯科で歯並びを整えたり歯の色を白く変えることにより、患者様の笑顔を支援いたします。
銀歯が気になる方や、金属アレルギーのある方もお気軽にご相談ください。

特に女性は多いのですが、口元にコンプレックスがあり思い切りは笑えないという方がいらっしゃいます。歯並びや歯の表面の色が白く綺麗に変わると、笑顔の表情も大きく変わるものなのです。

消極的になりがちだった性格さえも明るく変化するなど、見た目に加えてそれ以上に内面にまでも好影響を与えることができるのですね。男性の方なら笑顔を取り戻すと仕事面でも活力を増加させられますし、大きな成果も自信がつくことにより上げられる可能性もあるでしょう。美しさを手に入れることであなたの若々しさも上昇すると思いませんか。

○ひろかみ歯科医院の審美歯科でできる治療方法について

ひろかみ歯科医院の審美歯科でできる治療方法についてさて、ひろかみ歯科医院の審美歯科にはどういった治療方法があるのでしょうか。歯が黄色くなってきたので白くしたい場合には、クリーニングやホワイトニング、ラミネートべニアがあります。
ラミネートべニアというのは、歯の表面のみを一層薄く削り、セラミックを貼り付けるという方法です。
ホワイトニングは、しみませんし歯肉を傷めることがありません。歯の表面をツルツルにできる上に照明器具である青色LEDを用いるので、紫外線の危険性もないのですね。

詰め物を白くしたいなら、ラミネートべニアやオールセラミック、プロセラ、チランポーセレン、メタルボンド、ハイブリッドセラミックなどが該当します。
オールセラミックは、白い歯であり名前の通り全てセラミックでできています。自然に輝いてくれる白い歯で、透明感があり中まで白いのが特徴です。生体親和性が最も高く、耐久性にも優れています。
プロセラは、のノーベルバイオケア社の提供による、最先端となるオールセラミックシステムとなっています。
メタルボンドは、天然の歯に合わせ金属の上に陶材を焼き付ける手段です。陶材を使っているので違和感もあまりなく、裏側の一部分が金属面でできているため、しっかりとした強度もありますし、歯が変色することもなく美しい歯が保てます。

金属アレルギーがある方であれば、オールセラミックやプロセラと言った方法が使われます。歯の間に隙間がある場合や、歯の形を整えたいという場合には、ラミネートべニアもしくはオールセラミック、プロセラ、メタルボンドなどが用いられます。

第一印象は4秒で決まる、といいます。自信をもって笑顔でいられることの効果は、様々な場面で得られると思います。

記事投稿日:2017年12月22日


高崎市の虫歯/歯周病/ホワイトニング/子供向け歯医者 治療前の丁寧な説明と診察の高崎市我峰町「ひろかみ歯科」 広々とした駐車場完備でお車でも安心です

高崎市で虫歯や歯周病初期の治療を痛みなく

◆虫歯

高崎市で虫歯や歯周病初期の治療を痛みなく「虫歯」とは、食事後口の中に残った食べ物のかすからできる糖分を餌に、口内細菌が酸を作り出し、その酸が歯を溶かす症状のことを指します。

その症状の段階に応じて「C(カリエス)」に0~4までの数字を付けて表現します。
C0~2の間は痛みが出ないため気づかない人も多いのですが、それ以降、C3になると歯の象牙質にまで進行しているため時折痛みがあり、C4ともなると神経にまで達しているため激しい痛みに襲われます。

C3の段階で象牙質にまで達している患部を削り取らなければなりませんし、C4ではその後まず神経部分の菌が死滅するまで根気よく薬を投与し、その後被せの歯を根っこから作っていくことになる為、治療期間は長くその治療も痛みを伴うものとなってしまいます。
そのため、痛みが少ない状態で早く治療を終えたいなら、虫歯の初期段階の間に治療を行う必要があるのです。

◆歯周病

高崎市で虫歯や歯周病初期の治療を痛みなく歯周病も同様に、口内に潜む歯周病菌が原因で口内に炎症が起きている状態です。しかし歯周病は虫歯とは異なり痛みが出ないため知らないうちに進行していることも多く、ひどくなると歯周病菌が血管内に入り血栓を作ったり気道に入って肺炎を引き起こしてしまったりすることもあります。

歯周病が重度になると顎の骨を溶かすまでになってしまうため、やはり初期段階で気付けるように定期的に検診を受けて治療することが大切です。

虫歯も歯周病も、初期段階であれば歯科医でなくても処置が可能になります。専門知識と技術を習得した歯科衛生士が口内のクリーニングを行うことで本来体が持つ自然治癒力により完治することも可能なのです。

◆PMTCとは

高崎市で虫歯や歯周病初期の治療を痛みなく高崎市のひろかみ歯科医院ではこれを「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」と呼んでいますが、例えば専用器具を用いて歯に付着しこびりついているプラーク(細菌の塊)や歯石を除去する「スケーリング」を行うことで、歯ブラシではどうしても届かない部分や自分の手では磨きにくい部分までキレイに掃除することができます。

歯がツルツルになるのでその後プラークや歯垢が付きにくくなり、進行が抑えられて自然治癒力のスピードが追い付き虫歯や歯周病が治る、というわけです。
また初期の虫歯であれば、酸性に傾いている口内を中性にする成分と、かつ歯の再石灰化(蝕されたエナメル質が再生すること)に必要なリン・カルシウムなどのミネラルを配合したペーストを患部に塗布することで完治させることもありますし、歯全体にフッ素を塗布することで今後の虫歯を防ぐこともできます。

 

治療前の説明と丁寧な診察

◆カウンセリングを取り入れています

治療前の説明と丁寧な診察ひろかみ歯科医院では、患者様への問診と丁寧な診察、検査・診断の後、まずはしっかりと治療前説明を行います。
もちろん患者様のご要望もお伺いして、最善の治療方針を立てて納得いただいてから、治療を開始するというカウンセリングの時間も大切にしています。

 

 

◆保険での虫歯治療の流れ

歯科での保険診療内の治療となるとある程度その流れは決まっていますので、以下にご紹介いたします。虫歯治療に不安のある方はまずこちらをご参考くださいね。

1:
まず虫歯の中でも最も軽いC0の段階ですが、この場合は歯の一番表面の部分が溶け始めた状態なので、フッ素を塗布し歯磨き指導をすることで進行を防ぎ歯の再石灰化を促して自然治癒させることが可能です。

C1は、歯のエナメル質が溶け始めた状態で、虫歯の部分を削って取り除いた後、その部分に歯科用プラスチックであるレジンを詰めて修復します。このレジンは光を当てることですぐに固まる為、1回で削った部分の治療を終えることができます。

2:
C2になると虫歯はエナメル質の奥にある象牙質にまで達しています。象牙質は柔らかいため進行が早く、神経に近づくにつれて痛みを感じるようになります。
虫歯によって侵されている部分を全て削り取る必要があるため、場合によっては局所麻酔をしてから治療する必要があります。
C1の時と同じく削った後はその部分を補充する必要があるのですが、削り取った部分が大きいためレジンではカバーし切れません。従って「インレー」と呼ばれる、保険診療内であれば金属の詰め物を作らなければならないため、まずは型をとってその型に合わせたインレーを作ってもらうよう歯科技工士に依頼しなければなりません。
インレーが完成するまでは仮の詰め物をしておきます。インレー完成後再度来院しセメントを使ってインレーを装着、咬合調整を行って終了となります。

3:
C4ともなると、象牙質のさらに根っこ、神経の部分まで虫歯が到達しているため、激しい痛みを感じます。こうなると「根管治療」と呼ばれる、神経部分の菌がなくなるまで薬を投与し続ける治療が必要になります。
菌がいなくなるまでどれくらい続けなければならないかは、歯科医でもはっきりと申し上げることができません。神経の伸び方は非常に個人差があり、その形状や状態によっても大きく変わってくるからです。

治療前の説明と丁寧な診察菌が確認できない状態になれば、その根っこの部分を埋めていきます。その上に「コア」と呼ばれる土台を立てます。このコアにも型取りが必要で、更にコアの上に被せとなる銀歯「クラウン」を作成、セメントで接着させて終了ということになります。
コアの型取りと装着、クラウンの型取りと装着、それぞれの間に歯科技工士の仕事が必要となる為、根管治療が終わってからでも最低3回程度は歯科医院に通う必要があるでしょう。

 

高崎市我峰町でホワイトニング

◆笑顔を何倍も魅力的に見せてくれる、輝く白い歯

高崎市我峰町でホワイトニング歯を白くする審美歯科の技術には幾つか種類があるのですが、唯一保険診療内で行えるのは「クリーニング」とも呼ばれることのある「スケーリング」です。

スケーリングとは「スケーラー」という機器を使って歯にこびりついた汚れや歯石を掃除することです。
歯の表面がひどく汚れている場合このスケーリングだけで歯が白くなりますが、これは汚れを落としているだけなので本来の歯の色を白く変えるというものではありませんし、嗜好品や食事などにより長期間かけて変色してしまった歯を白く戻すこともできません。

◆歯科ホワイトニングの種類

「ホワイトニング」は自由診療にはなりますが、歯の色そのもの自体を白くすることができます。
ホワイトニングには歯科医院でする「オフィスホワイトニング」と自宅での「ホームホワイトニング」とがあり、その基本的なメカニズムは過酸化水素を使って歯に染み込んだ着色成分を分解・漂白するというものです。

「オフィスホワイトニング」では歯科医院にて薬剤を歯1本1本塗布していき、レーザーを当てて薬を活性化させます。薬剤に含まれる過酸化水素の濃度が濃ければ濃いほど、またレーザーの照射時間が長ければ長いほど知覚過敏になってしまう可能性も高まる為、薬剤の濃度を低くし照射時間も短くして数回に分けて治療する方が良いでしょう。
歯への負担も少なく白さの持続時間も長くなります。一方虫歯などで神経を取ってしまった歯には、歯の裏側から穴を開けて過酸化水素水とホウ酸とを混ぜ合わせた薬剤を入れ、蓋をすることで変色を元に戻す「ウォーキングブリーチ」と呼ばれる治療をとることがあります。

「ホームホワイトニング」では、最初に歯科医院で自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらい、それを持ち帰り低刺激の過酸化尿素を成分とした薬剤を注入して口にはめます。

就寝時間などを利用して2時間以上、しばらくおくと徐々に歯が漂白されていきます。
個人差はありますが、余程着色や変色が重度でないなら連続して2~4週間ほど使用すると効果がでてくるでしょう。
毎回マウスピースを外す時には歯とマウスピースに残っているホワイトニング剤をよく洗い落としましょう。

歯を白くする方法には、他にも歯にセラミックを塗る「ダイレクトレジンポンディング」やセラミックの歯を被せる「セラミッククラウン」といった方法もありますが、歯を白くする効果は高いものの、歯への負担も大きくなってしまいます。

◆おススメのホワイトニング方法

高崎市我峰町でホワイトニング高崎市我峰町のひろかみ歯科医院では「オフィスホワイトニング」をお勧めしています。白く輝く歯で好印象を与えたい就職活動・婚活中の方、自信ある笑顔はあなたの資産になるでしょう。
効果の高いホワイトニングをお考えの方はお気軽にひろかみ歯科にご相談くださいね。

 

 

広々とした駐車場完備でお車でも安心です

◆患者様にとって通いやすい歯科医院であるために

患者様にとって通いやすい歯科医院であるために入れ歯を作ることを考えるとなると、やはり気になるのがその費用と工程ですよね。
もちろんお口の状態によって期間もお値段も前後しますし、保険の自己負担割合によって変わってきます。

基本割合3割で作る総入れ歯の場合でも保険診療内であれば1万~15000円程、その後の調整などは1000円未満で済む範囲になります。ただ、工程に関してはどうしても幾つかのステップを踏まなければならないため、1~2回の来院でできるということはありません。

まず、初診では口内の状態を診察し確認します。レントゲン撮影を行ったり、歯周病の検査などもしなければなりません。
その後診断用の模型の型取りを行います。この模型の型取りは既成のトレーで上下共に行い、これを基に個人に合った義歯を作る作業が進められていきます。
患者様にとって通いやすい歯科医院であるために虫歯や歯周病などの問題がまったくない患者様の場合でも、初診はここまでになります。虫歯など口内に問題があれば、まずはそこを治療してからのあらためて模型の型取りに入ります。
既成のトレーで取った印象に石膏を流し込んで模型を作るのに1週間ほどのお時間がかかります。

次の治療では、模型から作成した個人トレーを使い、より精密な型を取ります。模型からレジン(樹脂素材)をつかったベースプレートを作り、そのうえにロウを土手状に並べたもので、これを「咬合床」と呼び、その名の通り噛み合わせを調べるためのものです。この咬合床の完成までに更に1週間程かかります。

次に咬合床を実際に患者さんに装着してもらい、噛合せを調べます(咬合採得)。歯の噛み合わせだけでなく口周りの筋肉や顔の表情、顎の位置なども診て、人工歯を並べる位置を記録します。この記録を基に歯茎の形態をロウで作り入れ歯の原形を作成します。この原形作りにさらに1週間ほどかかります。

ロウ義歯が完成すれば、これを装着して噛み合わせや安定性などを確認します(試適)。問題ないようであれば仕上げとなりますので、完成までに更に1~2週間必要になります。

患者様にとって通いやすい歯科医院であるために完成した入れ歯を装着し、最終的な調整を行って口にピッタリ合うようにします。しかしピッタリ合っていても最初のうちは義歯が粘膜に擦れることが多く、再度数回の調整を必要としますから、更に3~5回程は通院することになるでしょう。

初診から完成まで最短でも5回、調整を含めると8~10回は通う必要があります。その後の3ヶ月に1回程度の定期検診のことを考えても、入れ歯治療は通いやすい歯医者である方が良いでしょう。高崎市のひろかみ歯科は大型駐車場完備、土曜日も午後まで診療していますので、通いやすいと多くの患者様にご来院いただいています。

子供でも歯医者を嫌いにならない高崎市の歯医者さん

◆歯医者嫌いのお子様にも安心して通っていただける歯科医院を

歯医者嫌いのお子様にも安心して通っていただける歯科医院を大人でも苦手意識のある方が多い歯医者ですから、子供であればなおさらのことですね。
でも「子供は歯医者が苦手」と決めつけてしまい、あきらめてしまったり無理やり引きずってでも連れていこうとしたりする必要はありません。
歯医者を嫌いにならない工夫を最初から心がけていれば、小さなお子様でもむやみに抵抗することもなく歯医者さんにすんなりと通えるようになりますよ。

 

◆お子様の歯医者デビューは「予防歯科」から

お子様の歯医者デビューは「予防歯科」からまずはお子様にとっての歯医者に対する第一印象が大切です。
当然ながら初めて連れていかれた歯医者で痛い思いをすれば、歯医者自体を大嫌いになるのは当然のことですよね。
ですから、初めての歯医者は治療ではなく予防のために来院されることをお勧めいたします。

予防であればフッ素を塗布するだけ、あるいはシーラントと呼ばれる、歯の溝をレジンで予め塞ぐ処置だけで削ったりすることはしません。痛みもなければあの「キーン」という切削の嫌な音もしません。1歳半健診や3才児健診のタイミングで口内も健診してもらうと良いでしょう。

◆お子様にも嘘やだましは通用しません

お子様の歯医者デビューは「予防歯科」からまた時折見かけることですが、歯医者へ行く際家から連れ出すために「買い物に行こう」などと嘘をついたり、「見るだけだから」「痛くない」など、恐怖心や先入観を与えてしまうような言葉を言うこともあまり推奨できる来院の仕方ではありません。

歯医者に行く事が目的なわけですし、もし治療で痛い思いをすれば「だまされた」という気持ちになり、お子様の次の通院の時には、非常に大変な思いをされることが容易に予測されますよね。

また普段から心がけていただきたい点としましては、はみがきを嫌がるお子様に「そんなことなら歯医者に連れて行く」など、歯医者を脅し文句に使うのもやめていただきたいのです。
お子様の心の中に「歯医者=怖いところ」というイメージが出来上がってしまいます。

診察でお子様が一生懸命に我慢したなら思いっきり褒めてあげてください。逆に上手く治療を受けられずに終わってしまったとしても、叱ることはなさらずに、次回はきれいにしてもらおうねなど、頑張れるよう励ましてあげることを意識してあげてくださいね。
次回の診察予定を前もって伝えて、その日のカレンダーにシールを貼るなど、できるだけ楽しいイメージを作るのも良いでしょう。

◆お子様が喜んでくれる歯科医院を選びましょう

お子様が喜んでくれる歯科医院を選びましょう歯医者を嫌いにならないためには、歯医者選びも大切になってきます。
お子様相手でもきちんと話に耳を傾け、どんな不安や症状があるのかを理解し、できるだけその不安を取り除く方法を考えてくれる歯医者であれば、お子様も安心して落ち着いて診察を受けることができます。

これからどんな治療をするのか、分かりやすく説明してくれる歯医者も良いですね。
キッズスペースを設けるなど小児歯科を意識している歯医者であれば、待ち時間の緊張感を軽くしてあげることができますから、親御さんにとっても助かりますね。

高崎市のひろかみ歯科医院では、「三世代が一緒に通える歯医者さん」をコンセプトに小児歯科にも力を入れています。お子様の歯科治療や予防歯科、歯科指導はお気軽にひろかみ歯科にご相談ください。きっとお力になれると信じています。

記事投稿日:2017年11月22日


高崎市の歯医者さん「ひろかみ歯科」痛くない予防歯科やセラミック・インプラント治療、子供歯科実績も多数 土曜日19時まで診療受付 三世代一緒に通える歯医者さん

高崎市の歯医者さん 痛くない予防歯科

◆歯周病と全身の疾患

高崎 歯医者 痛くない一生自分の歯で物が食べられるのが理想ですが、虫歯や歯周病などが原因で歯や歯茎のトラブルを抱えるケースも少なくありません。
データによると日本人の80%が歯周病という結果が出ているほどです。

そしてこの歯周病の恐ろしさは、これが口の中のトラブルだけではなく全身の疾患にもつながってしまうという点です。

歯周病を患っている場合、心筋梗塞や動脈硬化のリスクも高くなるという研究発表があり、一般の方にも情報が広まってきました。
虫歯や歯茎のトラブルは自覚症状が出てから診療してもらうと、既に症状が進行しているケースが少なくありませんね。
その結果治療にも時間がかかってしまうだけでなく、大がかりな治療も必要になってしまいます。
さらには最悪の場合、歯を失ってしまうことにもつながりかねません。

◆歯科医院で専門的な歯のクリーニングを

高崎 歯医者 痛くないそこで歯や歯茎のトラブルを初期段階で見つけるために、予防歯科が注目されるようになってきています。

予防歯科とは主に歯の定期検診のことで、定期的に歯科医院に通うことで、痛みなどの異常が起こる前に、歯や歯茎の状態を歯科医師に確認してもらいます。
万が一そこでトラブルが見つかっても初期段階であれば治療も比較的簡単ですし、通院期間も短くて済むのです。

定期検診では虫歯や歯茎のチェックの他にクリーニングも行ってもらうことで、歯の健康維持につながりますね。

私たちは毎日2回から3回歯磨きをしていますが、それだけで完全に口腔内の汚れを落とすのはほぼ不可能です。

昨今、高機能・高性能の電動歯ブラシも販売されていますが、それでも届きにくい部分の汚れまでしっかりと落とすことは難しいのが現状です。
そしてこの残った汚れが歯周病や虫歯の原因になってしまうわけですね。
歯科医院では専門的な器具を使用してクリーニングを行ってくれますので、口の中の汚れや歯周病の原因菌をきれいに取り除くことができます。

◆痛くないうちに予防歯科を

高崎 歯医者 痛くない歯医者と聞くと痛いイメージが強いですが、それは過去に虫歯治療を受けた際に痛いという経験をしたからなのですよね。症状が進行した状態で治療を受けると痛みを伴うことが多いのです。

予防歯科で定期的に健診を受けていくことにより、虫歯や歯周病が見つかったとしても、簡単な治療で済無ことが多いため、痛みがすくない治療が可能なのです。

クリーニングでは痛みを感じるような処置はほとんどありませんので、安心して治療が受けられますよ。(ひどい歯石などの場合は痛みが出る場合もあります。)

群馬県高崎市の歯医者さん「ひろかみ歯科」では痛くない予防歯科に力を入れています。

お口の中を清潔に保つことは口臭や歯の着色汚れなどの見た目を綺麗にすることだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながるケアになります。

お口の健康は体の健康!群馬県高崎市で歯のお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

高崎市の歯医者さん セラミック治療

◆高崎市の歯医者さん「ひろかみ歯科医院」ではセラミック治療も可能です

高崎市の歯医者さん セラミック治療一般的に歯医者さんに行ったときの、簡単な治療の流れを理解しておきましょう。

まず初診の場合は問診票に記載して、鍼灸どこか具合の悪いところ、気になっている点がないかを答えます。
そして次にレントゲンを撮影します。このレントゲン撮影は歯医者によって撮影するところとそうでないところがあるのですが、高崎市にあるひろかみ歯科医院では状態により初診の方はレントゲン撮影をするようにしています。それは見ただけではわからない虫歯やトラブルを発見するためです。

目で見ただけで判断できる虫歯もあるのですが、たとえば歯の内部で虫歯ができていることもあります。以前虫歯になってしまって詰め物をした歯に関しては、詰め物と歯の隙間から虫歯が発生してしまって、内部が虫歯になっていることが少なくないのです。そのため治療通院のご負担を軽くするためにもレントゲン撮影を行います。

検診を行った段階で虫歯が見つかったら、患者様の意見を伺いながら治療を始めます。
治療内容に応じて何度か通院していただく必要がある場合もあります。

◆ひろかみ歯科では患者様のお口の健康を維持するために定期的な検診をおすすめしています

高崎市の歯医者さん セラミック治療初期の虫歯や歯茎のトラブルは自覚症状が出にくいため、症状がかなり進行した段階で痛みなど症状を訴えて来院される方が多いのです。こうなってからでは治療に時間もかかってしまい、あまりにも状態が悪いような場合は大切な歯を失ってしまうことにもなりえます。

虫歯や歯茎のトラブルは初期のうちに見つけて治療をしておくことで症状を悪化させずに済ませることができます。歯は放っておいて自然に治るということはありません。早めの治療が肝心ですよ。

◆自然な仕上がりをご希望ならセラミック治療をお薦めします

高崎市の歯医者さん セラミック治療もしも虫歯が見つかってしまった場合、虫歯になっている部分を削って詰め物をします。
その際の詰め物は保険適用の金属と保険適用外のセラミックなどの素材が選べるようになっています。

保険適用の金属の入れ物は治療費用が安くて済むのですが口の中で目立ちます。たとえば笑ったときに金属の詰め物が見えてしまうと、見た目にもあまりよくありません。
その点自由診療のセラミックは歯と見た目が同じような材質ですので、見えてしまった場合にもとても自然な仕上がりになります。
また金属アレルギーの方も金属製の詰め物を入れると口の中や体にトラブルが出てしまうことが多いため、詰め物としては適しませんね。

高崎市みんなの歯医者さん「ひろかみ歯科」では審美歯科治療も積極的に行っています。
セラミックも体に優しいタイプを使っていますので金属アレルギーの方でも安心して使えます。
たとえば以前金属の詰め物を入れたのをセラミックに変えたいという要望にも対応していますし、歯の隙間を埋めたい、歯の形を整えたいと言う要望にもセラミック治療で対応することが可能です。

高崎市の歯医者さん 子供の歯の治療も得意です

◆お子様が喜んで通えるような環境作りを心掛けています

高崎市の歯医者さん 子供の歯の治療も得意です子供の乳歯はいずれ永久歯に生え変わるので虫歯になっても大丈夫だと安心していませんか。
最近では歯や口の健康性が特に重視されるようになってきており、予防歯科に力をいれている歯医者も増えてきています。

歯や歯茎の健康を維持するためにも、小さいうちからしっかりと指導をしていくこと、口の中の健康管理を教えることが重要になってくるのです。

小さなお子様はお医者さんが苦手な子も多く、歯医者にいっても泣いてしまい、椅子にも座ろうとしないお子様も少なくありません。

高崎市にあるひろかみ歯科では、お子様が喜んで治療を受けられるような環境作りや、歯の健康維持に関する指導に力をいれています。
歯科医院のホームページでも子供向けの専用ページを設けて、喜んでいただけるような情報を提供しています。

◆お子様のお口の環境は一生を左右する大切なものです

高崎市の歯医者さん 子供の歯の治療も得意ですお子様はおやつが大好きですね。おやつといえば甘い物が定番ですが、甘い物の取り過ぎは虫歯リスクをあげることにつながってしまいます。

幼児期に与えるおやつというのは、食事で補いきれない栄養分をおやつで補うと言う考え方が望ましいのです。甘い物ばかりを食べさせてしまうと、ビタミンやカルシウムをムダ使いしてしまうだけでなく、食欲を減退させることにつながるのです。

糖分を分解するためには多くのビタミンやカルシウムが消費されてしまうのですが、それらは成長期のお子様にとって大切な栄養素になります。

さらに糖分でお腹が満たされると、本来食べてほしい夕食を食べなくなってしまうため、栄養補給が十分できなくなってしまいますね。

また、おやつをあげる回数も考える必要があります。だらだらと長い時間をかけておやつを食べさせていると、口の中にいつまでも虫歯のもとになる糖分が残ってしまいます。

そして歯磨きのときは、大人がしっかりと仕上げ磨きをしてあげてください。

仕上げ磨きをするときはお子様が動いてしまって危険ですので、大人の太ももでお子様の頭をしっかりと挟んだ状態で仕上げ磨きをしてあげるようにします。

歯磨きを嫌がるお子様も多いのですが、何をするかわからない恐怖心や痛みを避けたいという気持ちの表れです。上手くなだめて歯磨きを楽しい時間に変えてみましょう。

また親が怖い顔をしているとお子様が歯磨きに対して恐怖心を持ちますので、優しく笑顔で接するのがポイントです。歯磨き時のコツについてもホームページにて紹介していますので、参考にしながら歯磨きをしてみてください。

ひろかみ歯科ではお子様の定期検診も行っており、お子様の扱いに慣れたスタッフが対応します。またお子様の口の中のことについて相談や疑問があるときは、本当は受診していただくのが一番ですが、お電話でも受けていますので気軽にご相談ください。

高崎市の歯医者さん インプラントもカード払いできます

◆一度永久歯が失われてしまうと、残念ながらもうご自身では元に戻すことはできません

高崎市の歯医者さん インプラント歯はたった1本失うだけでも思っている以上に心身に与える影響は大きいのです。

場所によっては歯が1本ないだけで見た目にも大きなインパクトがありますし、かみ合わせも悪くなるため顔の形が変わってしまったり、体調を崩しやすくなったりすることもあります。

またかみ合わせが悪くなると運動神経や集中力にも悪影響となることがわかっています。さらには抜けた歯の隣の歯や歯茎も影響が出てしまうのです。
そこで注目されるようになったのがインプラント治療です。インプラントは別名第二の永久歯と呼ばれるほど、自分の歯と同じような感覚で利用できるのが最大のメリットですね。

高崎市にあるひろかみ歯科でもインプラント治療が受けられます。

なぜインプラント治療をおすすめするのかというと、ひとつはかみ合わせの点です。失った歯を補てんする方法は過去、入れ歯が主流となっていました。ところが入れ歯が合わないことも多く、それが原因でかみ合わせが悪くなってしまったり、違和感を感じたりすることが少なくなかったのです。

インプラントは顎の骨に土台を埋め込んで義歯を取り付けますので、まるで本当の歯のように使えます。そのため見た目にもとても自然ですね。

1本程度の欠損であれば差し歯を入れることも可能ですが、差し歯の場合はちょっとした衝撃で歯が取れてしまうことも少なくありませんでした。インプラントはしっかり固定しますので、取れてしまうこともほとんどありませんよ。

自分の歯と同じように噛めるということは、味覚の点でも受けるメリットが大きいのです。

高崎市の歯医者さん インプラント入れ歯の素材によっては熱を伝えにくいものがあり、それが原因で熱さや味覚に関する感覚が鈍くなることもあります。
さらには入れ歯の場合、装着感が悪く発音などに問題が出る方もいらっしゃいますが、インプラントではそのようなトラブルは構造上ありません。

失った歯を補う方法には他にブリッジがありますが、ブリッジでは周囲の歯に負担がかかりやすいのが問題です。その点、インプラントは周囲の歯に負担をかけることもありませんね。

メリットの多いインプラントですが、保険適用での治療ではなく自費治療になるため、高額な費用がかかるというデメリットがあります。
インプラント治療を行っている歯医者は多くありますので、ホームページや問い合わせなどで大体の価格を比較してみるといいでしょう。ひろかみ歯科医院でも相談だけでも行っていますし、患者様のご要望に合わせた治療を相談しながら進めることができますのでご安心ください。

高崎市の歯医者さん 土曜も19時まで診療 ひろかみ歯科

◆お仕事を休まずに歯科治療に通うことができます

高崎市の歯医者さん 土曜も19時まで診療歯医者に行こうと考えても、都合が合わずなかなか診療が受けられないことがありますね。それは歯医者の診療受付時間が限られてしまっているからです。

平日に関しては夕方まで治療を受けている所も多いのですが、お仕事が忙しいとその時間に合わせて帰宅するのが難しかったりしますよね。
また土曜日に関しても治療を行っていない、行っていても午前中のみという歯医者も少なくありません。中には土曜日に仕事をされている方もいますので、歯医者に行く時間がほとんどないと言う方もいらっしゃるでしょう。
近頃は利便性を高めるために、診療時間を長くする、祝日土日でも診療してくれる歯医者さんも増えてきています。

高崎市にあるひろかみ歯科医院でも土曜日は夜19時まで診療していますので、平日は都合がつかない方でも通いやすくなっています。
診療をスムーズに行うために、歯科医師と歯科衛生士、スタッフを合わせると15名ほどが在籍しています。

ユニット台も診察台5、予防センター4、特別診療台1とユニット台を増やして、できる限り大勢の患者さんに対応できるように努めています。
また万が一お待たせしてしまう時のことも考えて、待合室にはさまざまな種類の本を用意してあります。

◆提携病院との連携で治療に幅をもたせるように

高崎市の歯医者さん 土曜も19時まで診療ひろかみ歯科では定期検診で来院される方には担当の歯科医師、歯科衛生士が診療にあたることになっています。

複数の歯科医師、歯科衛生士が在籍している歯科医院では毎回別の歯科医師、歯科衛生士が治療にあたることが少なくありません。
しかし担当制にすることで、患者さんの口の健康状態をより正確に把握することができるようになります。
さらにはさまざまな要望に応えられるように努めています。
たとえばインプラントは近くの病院のPETセンターにてCT検査を受けてもらっています。

入れ歯に関しても提携歯科技工所と研究して独自開発したものを採用しました。審美歯科でも同じく提携している歯科技工所と研究して開発した最良の材料を使用していますし、ホワイトニングも最新のホワイトニング剤を使っているのです。

子どもの歯科治療にも力を入れており、お子様がリラックスした状態で治療や診察が受けられるように配慮しています。

またひろかみ歯科医院を初めて受診される方にはカウセリングの時間を設けています。
それは患者さんの治療に対する希望をしっかりと把握すること、治療法に関する説明を十分にするためです。また費用面で最適な治療を提供するために、自由診療をすすめるケースもあるためです。

治療法に関する説明を十分にするためです。また費用面で最適な治療を提供するために、自由診療をすすめるケースもあるためです。

記事投稿日:2017年10月19日


「総合的歯科治療」技術知識で口腔環境を整える皆様のひろかみ歯科医院

高崎市で相談できる予防歯科

高崎市で相談できる予防歯科虫歯や歯の治療は誰しも嫌なものだと思います。予防のためにも毎日の歯磨きをしっかりしようと心掛けていらっしゃる方は多いでしょう。
しかしどんなに気を付けて歯磨きしていても、磨き残しは出てしまい、気づいたら虫歯が進行していたということも多いんですよね。

虫歯にならないために、虫歯を未然に防ごうというのが予防歯科の役割なのです。
虫歯を予防することで歯へのダメージを最小限に抑えながら、お口全体のケアをすることができるんですね。群馬近郊にお住まいの方であれば高崎市のひろかみ歯科医院にて予防歯科受診をしていただくことが可能です。

高崎市に限らず、今予防歯科は人気を集めています。
虫歯や歯周病と言うと口の中だけの問題のような気もしますが、影響はそればかりではありません。虫歯や歯周病は実は体全体に影響を及ぼす見逃せないものなのです。

例えば歯周病になっていると早産になる確率が健康な人の7倍以上になると統計的に言われています。
またもし歯周病が進んでしまって入れ歯に頼らなければならない生活になると、噛む力が自分の歯の25%程度にまで低下してしまうのです。
大好きだった食べ物が思うように食べられなくなってしまって、食事が楽しめなくなってしまうということも考えられますよね。
楽しみの面だけではなく、噛む力が弱くなると脳への刺激が少なくなるため認知症のリスクも高まるといわれています。虫歯や歯周病などお口の中のトラブルにはたくさんのデメリットがあることがわかりますね。

高崎市で相談できる予防歯科高崎市にも何件か予防歯科があり、多くの人が虫歯になる前に診察・治療を受けることができています。
例えばひろかみ歯科医院ではPMTCという方法でお口の中のクリーニングを行います。歯をしっかり磨いても歯の隙間などについたプラークは取れにくいのですが、PMTCで専用の器械とフッ素入りジェルを使ってクリーニングをすることで、おうちケアでは行き届きにくい部分までしっかり取り除くことが可能です。
もし歯列矯正などをしていて、なかなか歯ブラシが届きにくいと感じているのであれば、PMTCを試してみると良いですよ。
虫歯予防はもちろんのこと、歯周病予防や口臭抑制にも効果的です。さらにフッ素入りのジェルを使うことで、歯を溶かす酸をできにくくするとともに、歯の再石灰化を促進して虫歯になりにくい口内環境を整えます。
予防歯科は虫歯になるような要素をできる限り取り除き、健康なお口を維持するための方法の一つです。歯石がついている、お口の中の環境を良い状態にして気持ちもさっぱりしたいという方は、一度高崎市で相談できる予防歯科「ひろかみ歯科医院」にお気軽にご相談くださいね。

高崎市で虫歯の治療を受ける際に

高崎市で虫歯の治療歯医者さんに行くというのは、大人でもなかなか足取り軽く、とはいかないものですよね。
行かなければいけないのはわかっているものの、どうしても痛みや日頃のケアの指摘を受けてしまうのが嫌で行く気になれないという気持ちもよ~く分ります。

最近は歯科医院もそうした患者さんの心を理解するように努力をしていて、できるだけ虫歯治療の前にリラックスできるように、様々なアプローチをしてくれています。
虫歯治療に行きたくなるというものではありませんが、不安な気持ちを軽減するためにどんなことが行われているのか知っておくと良いでしょう。

一昔前の歯医者での虫歯治療というと、器械の独特な音や匂いがありました。
小さなお子さんだけでなく、大人もあの音や匂いは苦手な方も多いですよね。

最近では治療の痛みを最小限に抑えるための様々な施術が確立されています。虫歯治療の痛み軽減というと麻酔があがります。麻酔は注射するときにやはりチクリと痛みを感じるものですよね。そのような痛みをなくすために、歯肉の表面に塗る麻酔薬も多くの歯科医院で使用されています。

他には、非常に細い注射針を使用することでほぼ無痛で治療を受けることもできます。また電動麻酔器などの機材を使うことで麻酔薬が入っていくスピードをコントロールしほとんど痛みを感じずに麻酔を打ち、治療も痛みをほとんど感じることなく終えることができるように進化しています。

高崎市で虫歯の治療いくら治療で痛みがないからといって、虫歯治療の前の怖さや不安感がなくなるというわけではありませんよね。治療前にリラックスできるような方法があることもご存知でしょうか。
ひろかみ歯科ではバッチフラワーレメディという方法で患者様に治療前にリラックスしてもらう方法も行っています。

バッチフラワーレメディとは花や草木といった自然の植物からとられたエッセンスを数滴飲むことで不安感や恐れを取り除くことができる代替療法というもののひとつです。
ひろかみ歯科医院では38種類ものエッセンスを患者様の状態やお好みに合わせてブレンドし、あなただけのバッチフラワーレメディを作ることも可能です。
例えばオリーブ、マスタード、パイン、バラ、ポプラなど心を落ち着けたり、物事を積極的に見ることができるような効果のあるバッチフラワーレメディは虫歯治療の前に少し飲むだけで、治療への必要以上の不安を軽減することができ、お口の健康を保つ助けになるのです。
高崎市や近郊にお住まいの方で、虫歯・歯周病治療や予防を定期的に続けていきたいと思っている方のお力になることができると思います。一度お気軽に相談してみてくださいね。

高崎市で入れ歯治療を受けたい

高崎市で入れ歯治療自分の歯を失ってしまった方にとって、入れ歯というのはとても大切なアイテムの一つです。
入れ歯は噛んだり言葉を話したりするのにとても大きな役割を果たしています。一方、保険適用外の入れ歯は数十万円以上するとても安いとは言えない自己投資でもあります。
入れ歯治療をする時にはご自身に合った歯科医やクリニックを選びたいと思いますよね。高崎市近郊で入れ歯治療を受けたい方は、どのようにして歯科医院を選べば良いのでしょうか。

入れ歯は保険適用のものと自費治療の大きく二種類に分かれます。
保険適用の入れ歯はレジン床義歯やスルフォン床義歯、保険適用外の入れ歯には金属床義歯等様々な種類があります。

金属床義歯の方が厚みが薄く、食べ物や飲み物の熱もダイレクトに口内に伝わるため、味や温度がわかるためおいしいと感じ、食べたり飲んだりすることができます。また安定性も金属床義歯の方が高く、装着している時の違和感も少ないという特徴があります。

高崎市にあるひろかみ歯科医院では金属床の中でもチタン床とバイタリウム床の二つを主に提供いたしております。チタン床は入れ歯自体が軽く、しかも金属アレルギーなどを起こしにくいため人気が高いです。金属の味がすることもないため食事そのものの味を楽しむことができます。
バイタリウム床ではコバルトクロム合金を使ってより自然に近いフィット感を体験することができます。プラスチック床よりも薄く強度も保つことができるので、長い間使い続けることができる入れ歯になっております。

高崎市で入れ歯治療入れ歯の種類や値段は挙げきれないほどあります。
入れ歯治療はどの歯科医やクリニックでしても同じ、と思うかもしれません。しかし入れ歯は生活を快適にするためにとても大切なものであるのに、予算だけで保険適用の入れ歯を作り、合わないため使わなくなってしまったという方も少なくないのです。

ご自身の希望に沿った入れ歯治療には、口内環境や、予算を含めたご希望などをしっかりと歯科医師に伝える必要があります。歯科医やクリニックはそうした患者さんの要望をお伺いし、最適な入れ歯をご提案したうえで、ご納得いただき入れ歯を作り、かみ合わせなどを調整していくのです。

高崎市のひろかみ歯科医院では患者様のご意見やご要望を真摯にくみ取り、満足していただける入れ歯をご提供できるよう尽力させていただいております。お陰様で患者様から頂くご紹介も多くいただいております。
今持っている入れ歯がどうしても口に合わない、入れ歯をこれから新たに作りたいという方はひろかみ歯科医院までお気軽にお問い合わせください。きっと入れ歯のお悩みを解決できると信じています。

高崎市の子供の歯科治療

高崎市の子供の歯科治療小さなお子さんをお持ちの親御さんであれば、小さいころからしっかりとお口のケアを習慣化して、元気に過ごしてほしいたいと願っていることでしょう。
普段してあげている歯磨きケアが合っているのか、子どもが歯磨きを自分で習慣化できるように教えてあげたいなど、子供の歯科に関することでお悩みの方も多くいらっしゃいます。
特に子どもの歯は柔らかく虫歯にもなりやすいため、できるだけ早く歯科医のアドバイスを受けて口腔ケアをしてあげたいです。

子供の歯はなぜ虫歯になりやすいのかご存知でしょうか。
子供の歯が虫歯になりやすい原因の一つにエナメル質が薄い、ということがあります。

乳歯のエナメル質は永久歯の半分程度の厚さしかなく、虫歯を誘発する菌が増えやすくなっています。
一度虫歯になってしまうとエナメル質が薄いため、虫歯がすぐに進行してしまうのです。

さらに乳歯は神経が多くの部分を占めています。ですから虫歯になってしまうとすぐ虫歯菌が神経にまで到達して強い痛みが出てしまうのです。
数か月前まで虫歯はひとつもなかったのに、ある日急に歯の痛みが出て泣き続けてしまうなんてことも起こります。

子供の口は大人と比べて小さいので歯ブラシが奥まで届かずに虫歯になりやすくなってしまうことも一因です。仕上げ磨きをしていても、いつの間にか虫歯ができてしまっているということは多々あることなので、子供に虫歯ができてしまったとしても、あまり深くは気にしすぎないようにしてくださいね。

子供が虫歯になって痛みが出てしまってから歯医者さんに連れていくのはなかなかに大変なことですよね。そうなる前にできれば歯医者さんの力を借りて子供の虫歯を予防するのが良いと思います。

予防歯科は虫歯予防の治療をしたいという親御さんにとても人気があります。

高崎市の子供の歯科治療ひろかみ歯科には子供さんが落ち着いて歯科治療を受けられるように様々な工夫を凝らしてお待ちしています。ホームページではどんな風に歯磨きをしたら良いのかというアドバイスなどのお役立ち情報もありますので一度ご覧いただければ幸いです。
どんな場所で、どんなことをするのか、少しでも子供さんが理解できれば、むやみやたらに泣きわめく、というようなこともある程度避けることができますので、日頃からかかりつけ歯科医に慣れておくことが、いざという時にも親御さん、子供さん共に安心できるのではないかと考えます。

院内受付では、子供さん専用の歯ブラシや歯磨き粉なども用意していますので、治療の際にでも子供さんの成長に合った歯ブラシを使用すればより効果的です。

子供の歯科治療は予防治療を併用することで虫歯のない健康的な生活を送れるよう、ひろかみ歯科一同願っています。

 

高崎 通いやすい審美歯科なら土曜も19時まで診療のひろかみ歯科へ

高崎 通いやすい審美歯科なら土曜も19時まで診療のひろかみ歯科へ歯を美しくしたいという願いを持っている人はたくさんいらっしゃいますよね。歯の着色汚れがきになってきたとか、虫歯の治療の詰め物が口を開けると見えてしまうといった悩みを抱えている方であれば、審美歯科治療をお勧めいたします。
高崎市のひろかみ歯科医院では、一般歯科と共に審美歯科治療も積極的に行っております。

歯をきれいに見せたいという方のために、歯の審美歯科治療には様々なジャンルと種類があります。
ひろかみ歯科医院では歯をセラミックにする治療やホワイトニング、金属の詰め物を白いレジンに変更する審美歯科治療などを行っています。

歯をセラミックにするという場合にも、しっかり一人一人の口や歯の形に合ったものをスキャナーで作成するので合わないということはほとんどありません。誰もがうらやむような真っ白な歯を手に入れることができるでしょう。
このプロセラというオールセラミックシステムでは土台に金属を使うことがないので、金属アレルギーの方でも問題なく使用することができます。
さらにこのプロセラではファイバーコアという透明な土台を使っています。通常のセラミックの歯では再現できないような美しさ、自然な白さに仕上がるのです。最新技術のプロセラだけでなく、歯の表面を削ってセラミックを張り付けるラミネートべニアや金属の上に陶材を張り付けるメタルボンドといった別の審美歯科治療も可能ですよ。ホワイトニングに関しても、ホームブリーチングといって自宅で自分でできる審美歯科治療もあります。

審美歯科治療はどの治療でも美しい歯を手に入れるのにとても効果的な方法なのですが、時間がかかるというデメリットもあります。ですから仕事が忙しいという方や、まとまった時間が取れないという方は、あきらめてしまいがちになるでしょう。

高崎 通いやすい審美歯科なら土曜も19時まで診療のひろかみ歯科へひろかみ歯科医院は月、火、水、金、土の19時まで受付しておりますので、お仕事帰りに集中して通院され、審美歯科治療を受けることができたという方もいらっしゃいます。ブライダル前などは何かと忙しく時間を作ることが難しいですが、ご自身の身体の事はぜひ最優先していただきたいなと感じます。

土曜日も19時まで診療を受付ておりますので、土曜日の夕方に時間を決めて通うことで審美歯科治療を進めるということもできますね。
仕事が忙しいという方も、もし審美歯科治療を受けたい、歯を白くしたい、自分らしく笑えるように口元を整えたいという方は、お気軽にひろかみ歯科医院にご相談ください。あなたの理想を叶える治療をご提供する自信があります。

記事投稿日:2017年09月20日


高崎市の歯科医院「ひろかみ歯科」の特徴は?

高崎市で相談できる歯医者さん

高崎 歯医者歯医者に良いイメージを持っている方は多くないかもしれません。しかし、歯は身体全体の健康に非常に大きな影響を及ぼしますから、定期的な検診を受けたり、不調があった時にすぐ相談できるようなかかりつけの歯医者さんがいることは、歯の健康のためにとても大切です。

高崎市の歯医者であるひろかみ歯科医院は皆様にとって、そのような身近に感じられ、気軽に歯や口の中に関するお悩みを相談できるかかりつけ歯医者になりたいと願っています。

歯の健康は生きていく中で非常に重要なもので、食べることだけでなく、話すことや呼吸にも関係します。さらに、歯の健康は姿勢などにも関わることです。できるだけ長い間、ご自身の健康な歯で過ごしていただきたいと思いますし、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合には、少しでも元の歯と同じように入れ歯やインプラントなどで治療していくことで、歯の機能を回復していただきたいと考えています。

歯の治療に非常に重要なのは予防歯科の分野です。歯を健康な状態で保つには、普段からの歯の正しいメンテナンス方法を学び、それを実践していることが非常に重要です。歯の磨き方や定期的な検査、クリーニングなどは虫歯だけでなく、歯周病などの口腔内の問題を事前に予防しておきましょう。

高崎 歯医者ひろかみ歯科医院では、患者さんと定期的にお会いして良いコミュニケーションを取ることによって、より良い治療や安心した治療を受けていただけると考えています。そのためには、まず患者さんのお話をよく聞くことが重要なので、きちんと聞くための時間を取り、患者さんの歯や口腔内に関するお悩みや気になる点をお聞きするように努めています。その上で、こちらからも治療内容や歯のメンテナンスのために必要なことを、わかりやすくお伝えすることを目指しています。

定期的なメンテナンスによって、問題を事前に発見して早い段階で治療することもできますし、治療が必要になった時でも安心して治療を任せられる存在でいることができると考えています。また、継続的に患者さんの治療をすることは、患者さん一人ひとりにとって必要な治療や適切な処置を見極めて提供する助けにもなります。

特にお子さんのいるご家庭にとって、歯医者に行く、通い続けることは難しい問題ですよね。ひろかみ歯科医院では日頃からかかりつけの困った時に相談ができる歯医者として、普段からお子さんとも良い関係を持っておくことで、少しでも歯医者に行くことを嫌がらずに、歯を小さなころから良い状態に保てるように親御さんたちと協力していき「三世代安心して通える歯医者」でい続けたいと願っています。

 

高崎市でインプラントにしたい

高崎 インプラントインプラントは失った歯のあった顎の骨に人工の歯根を埋め込み、それを支えにして、人工の歯を固定する方法です。

あごの骨にしっかり埋め込まれているので、入れ歯と比べて安定感がありますから、固いものを食べたりスポーツなどの激しい運動をして負荷をかけても動いたりすることはありません。

天然の歯と同じように感じられるという大きなメリットがあります。高崎市のひろかみ歯科医院は、歯科インプラントを世界で初めて展開したインプラントシステムのパイオニア的存在である、ノーベルバイオケア社の最新インプラントを導入しています。業界の中でも特に長い臨床実績のある会社があるので、信頼性も高いと言われており、患者様にも安心して治療を受けていただけます。

ひろかみ歯科医院では一回法のノーベルダイレクト・インプラントと、2回法のブローネマルクシステムとリプレイスセレクトインプラントの、2つの方法で治療を実施しています。

ひろかみ歯科医院のノーベルダイレクト・インプラントは一般的なイメージにあるような切開手術が必要ありません。
フラップレス方式という切開の必要ない術式で土台を埋め込み、あとは人工の歯を取り付けることで治療が終了します。一本ごとの歯に対して治療ができるので、目立ちにくいですし、治療期間も短くて済みます。また、切開手術ではないので、身体への負担も少なくて済みます。

これに対してブローネマルクシステムは手術で土台を埋め込んだ後、一度骨と土台の結合のための期間を置き、その後でもう一度手術をして人工の歯を取り付けます。
全身疾患があったり、あごの骨が痩せてきている方でもできる施術で、さらに審美性の上でも優れている方法です。リプレイスセレクトインプラントはブローネマルクシステムよりもコンパクトにできているので、あごの小さい方の多い日本人に適していると言えます。

高崎 インプラントひろかみ歯科医院では、患者さまの身体に優しいインプラントを提供することも目標にしています。そのために、CTデーターをもとにコンピューターソフトを使って3D画像化し、それを用いて治療・手術・補綴治療を行っていきます。

口腔内や骨の状態にもよりますが、一般的なインプラント治療に必要な切開手術がない方法もあるので、その意味でも身体に優しいインプラント治療が可能です。インプラント治療が気になっているけれど切開などは怖くて、という方もひろかみ歯科医院の治療なら受けていただけるかもしれません。まずは一度ご相談いただければと願っています。

 

高崎市で入れ歯を作りたい

高崎 入れ歯抜けて失ってしまった歯の機能を補う方法の一つである入れ歯ですが、どこで製作を依頼するかで、使い心地はかなり大きく変わってきます。

入れ歯の使い心地の違いは食欲に影響を与え、生活や心身の健康にも大きな影響を与える重大な問題です。前は明るい性格で、旅行に行ったりして外に出るのが大好きだったのに、入れ歯にしてから恥ずかしくて行けなくなってしまったとか、口臭が気になって人と会うのが嫌になってしまったという方も少なくありません。
しかし、本来は入れ歯はそのように気持ちを落ち込ませたりするものではありません。きちんと患者さまにぴったり合った入れ歯であれば、使用前より食事や生活が楽しくなるのを助けてくれる存在、「良き相棒」となるはずのものなのです。

生活の中のちょっとした動きや力仕事なども、実は入れ歯がかみ合っていると、楽にできるようになります。また、ぴったり合っている入れ歯は、見た目の若さにも大きく影響します。

高崎市のひろかみ歯科医院では、このように入れ歯が身体全体を通じて生活や見た目に与える影響を大きく受け止めて、治療を行うことを目指しています。

入れ歯にも非常にたくさんの種類があります。ひろかみ歯科では、丁寧なカウンセリングから患者さまのお気持ちや不安を共有し、細かいデータを通して不安や問題点を解消するようにしています。日々進化する入れ歯技術に精通し、開業以来見てきた多くの症例から得た経験を活かして、患者さま一人ひとりの生活や使い方に合った治療を行っています。

高崎 入れ歯ひろかみ歯科医院では、以上のような治療指針から、デンチャー王手、バルブラストデンチャー、金属床の3種類の入れ歯を取り入れています。これらは、それぞれに審美性・機能性・快適性を兼ね備えているもので、使い始めることで、それ以前よりも快適な生活が送れるよう助けてくれることのできるものです。

実際にこれらの入れ歯をひろかみ歯科医院で作り使用していらっしゃる方から、以前は噛むと痛くて食べるのに支障が出ていたけれど、好きなものを食べられるようになり、話すのが楽になったというご感想や、姿勢まで良くなったという声もいただいています。

入れ歯を使うのは大変だと考えていらっしゃたり、使い始めてから生活が大変になったと感じている方もいらっしゃいますが、本来の入れ歯は皆様の生活の質を良くできるはずのものです。入れ歯でお悩みだったり、入れ歯にしようかと迷っていらっしゃる方は、一度ご相談だけでもお気軽にお越しください。

 

高崎市の子供の歯科

小さいお子様の歯磨きなどの口腔ケアの習慣や口腔メンテナンスは、非常に大切なものです。

小さい頃の習慣はこれから先ずっと続いていくものですし、今後の人生においてとても大きな影響を長い間与えるものとなります。
例えば、きちんと口腔ケアの習慣がなくて虫歯が増えてしまうと、身体全体の健康にも影響があります。若いうちから口臭などの問題が出てきてしまったり、虫歯が大きくなりすぎて抜かなければならず、早いうちから義歯などが必要になってしまうこともあるでしょう。

このような問題は人間関係や生活にも大きな影響を与えますから、お子様が小さい内から正しい口腔ケアの習慣を持ち、定期的に検診やメンテナンスを受けること、必要ならきちんと早いうちに治療を受けることをお勧めいたします。

多くのお子様にとって、歯医者に行くというのは残念ながら嫌な事となっているのが一般的でしょう。

高崎市で子供の歯科も得意としているひろかみ歯科医院では、通常は嫌がられる場所である歯医者を、少しでもお子様にとって楽しい場所、来るのが嫌でなくなる場所にしたいと願って、様々な取り組みをしております。
そのためにまず重要なのは、お子様の不安を理解することだと考えています。

歯科治療は大人でも、自分の治療されているところを実際に見ることがなかなかできませんし、不安なものです。大きな音がしたり、わからない機械が多く並んでいることはお子様にとって、何をされるかわからないという大きな不安になることでしょう。
ですから、お子様には事前になぜ治療が必要で、どんなことをするのかを分かる形で説明するようにしています。また、焦らずに笑顔でコミュニケーションを取りながら、声をかけて確認をしながら治療を進めていくことで治療への不安を取り除き、しっかりと歯の治療ができるようにしています。

普段の健診からお子様と良いコミュニケーションを取り、お父さん、お母さん、そしてお子様と良い関係を築いておくことで、お子様の歯の治療も安心して受けていただけるものにできます。

ひろかみ歯科医院では、普段からお父さん、お母さんのお子様に関する歯を守るためのご相談などに乗りながら、お子様が安心して歯の治療を受けられる環境を作りたいと願っています。そのように、お父さん、お母さんとの良いコミュニケーションや、ご家族皆さまで安心して歯の治療を受けていただくことは、お子様が歯医者に苦手意識を抱かなくなるための秘訣でもあるのです。お子様がいらっしゃる方は一度、歯の治療が必要になる前にひろかみ歯科医院までご相談ください。

 

高崎 通いやすい歯科医院

高崎 歯科医院多くの方にとって、歯医者というのは行くのをためらう場所かもしれません。しかし、歯の健康というのは身体全体の健康にとって、とても大切なものです。

口は生きていくのに必要な様々なものの入り口で、食べ物や飲み物だけでなく、呼吸も関係します。また話すためにも重要で、コミュニケーションの大きなカギを握っています。普段生きている上では気づいていなくても、立ち上がったり力を出したりする動作は、奥歯をきちんとかみしめられることで楽になっているのです。

高崎にあるひろかみ歯科医院では、少しでも皆さまが通いやすいと感じていただけるような歯医者を目指しています。
通いやすいと感じていただくことで、定期的なメンテナンスや、少しの不調の段階で来院していただき、大きな問題になる前に歯を良い状態で保っていけるようにと願っています。

歯は人に備わっている自然治癒力では直すことが出来ないもので、一度悪くなってしまったり失われてしまった場合、同じものは生えてくることはありません。その場合には欠損箇所を修復したり、代わりのもので補うことでの治療をすることになります。なるべくなら健康な歯を保っていただくためにも、皆さまのかかりつけの歯医者として通いやすい歯医者になることで、皆さまの歯の健康を保つお手伝いをすることを目指しているのです。

ひろかみ歯科医院では、患者さまのお口の健康は、患者さまの幸せな人生につながることだと考えています。皆さまの歯を守り、虫歯などで失われてしまった部分に関しては機能を修復することを通して、さらに幸せな人生を送っていくお手伝いをしたいと願っています。

高崎 歯科医院歯医者に来る患者さまは、一人ひとり、異なる不安や問題を持っていらっしゃいます。ひろかみ歯科医院では、皆さまのお悩みやお困りの点を十分な時間を取ってお聞きすることで、コミュニケーションを取っていくようにしています。一人ひとりのお悩みや不安な点を理解することで、患者さまに合った適切な治療をすることができますし、安心して治療を受けていただけるからです。
また、持病をお持ちの方に関しては、主治医の先生に相談し、医院や病院との連携をしながら治療をしていくことで、安心して治療をしていただけるようにもしています。

ひろかみ歯科医院では、実際に治療を受ける前でも、歯の治療に関するご相談や、疑問にお応えしています。歯の治療に悩んでいらっしゃる方や、高崎市で歯医者を探していらっしゃる方は、一度当院までご相談ください。

記事投稿日:2017年08月24日


群馬で歯科医院をお探しなら「ひろかみ歯科」に相談してみませんか?

群馬で予防歯科受診

群馬のひろかみ歯科医院では虫歯治療や歯周病の治療などに加え、予防歯科、ホワイトニングやインプラントなどの審美歯科、入れ歯の治療や調整についても対応しております。日本でも予防歯科は注目されていますが、これは虫歯になってから歯の治療をするのではなく、虫歯にならないように予防しようという診療分野となります。歯や歯茎の健康を守るためには、当店で行っていただくプロフェッショナルケアの他に、自宅で毎日行っていただくセルフケアがございます。どちらも口内健康の維持にはとても重要で、どちらかが欠けてしまっても口内の健康を理想的な状態に維持することは難しくなってしまいます。

家庭で行う毎日の歯磨きはとても重要ですが、歯に歯垢や歯石が付いたままの状態になっていると、そこから菌が歯茎に入り込んで歯茎が腫れたり歯がグラグラする原因になってしまいます。そのため、毎日の歯磨きに加えて、定期的に歯科医院でクリーニングすることが必要なのです。また、噛み合わせもとても大切で、かみ合わせが少しでもずれていると、食べ物をバランスの良い位置で噛むことができないため、徐々に体全体の左右バランスが崩れやすくなってしまいます。そうすると、肩こりや背中が痛くなったりしますし、顔の表情にも影響が出てしまうのです。当院では、長期的な患者様の健康を考えながら、適切な治療で対応させていただいております。

予防とは少し異なりますが、当院ではホワイトニングやインプラントなどの審美ケアも行っております。ホワイトニングというと若い女性が行うケアというイメージがありますが、40代や50代の患者様にも人気があるケアで、歯を削ることなく色のトーンを明るくできると好評です。クリニックでのホワイトニングケアは知覚過敏を引き起こすリスクが高いと言われておりますが、当院のホワイトニングでは、知覚過敏を起こさないポリリン酸を使用しておりますので、歯の表面が白く美しくなるのに加えてツルツルになりますし、知覚過敏などのトラブルの心配もございません。安心して受けていただけます。

またインプラント治療を希望する患者様に対しては、提携している病院で専門のCTスキャンやノーベルクリニシャンというインプラント診断ソフトを使うことで、患者様に適した治療法を提案しております。施術はすべて熟練した医師が対応しますので、安心して治療を受けていただけますし、患者さまと医師が二人三脚で治療を進める体制を取っております。

群馬県ひろかみ歯科の虫歯治療

虫歯治療は、虫歯ができている場所や状態、また歯茎の状態や患者様の年齢に合わせて、治療方法やかかる治療期間が異なります。虫歯になる原因は、老若男女問わずミュータンス菌という雑菌で、食べ物や飲み物に含まれている糖分を食べて増殖します。このミュータンス菌はネバネバするグルカンという物質を分泌し、そこに様々な細菌がくっついて増殖することによって歯垢が作られるのです。歯垢は素早く除去すれば虫歯になることはありませんが、放置すると歯垢内の細菌が増殖しながら酸を作ってしまい、酸が歯の表面を溶かすために虫歯となってしまいます。

虫歯治療では虫歯の状態を大きく5つのレベルに分類し、それぞれ適切な治療を行います。最も軽度のC0というレベルでは、まだ虫歯になっているわけではなく、放置しておくと虫歯になってしまうという状態なので、家庭でしっかり歯磨きをするなどの作業で対応します。削る虫歯治療を行うのは、C1のレベル、つまり初期の虫歯が現れてからです。この治療では、虫歯の部分を小さく削り、そこにペースト状のプラスチックを詰め込むという治療法となります。型を取る必要がないので、何度も歯科に足を運ぶ必要がなく、患者様にとっても負担がかかりません。

C2レベルになると、冷たいものが歯にしみるようになります。これはエナメル質の部分まで虫歯が進行してしまった状態で、甘いものや冷たいもの、熱いものがしみるという症状が現れます。虫歯の場所や深さによって、その場でペースト状のプラスチックを詰めるか、それとも型を取って穴を塞ぐかが決まります。型を取る場合には、少なくても2回の通院が必要になってしまいますが、当院では完全予約制なので、患者様を待たせることなくスムーズな治療が可能です。

C3になると虫歯が痛くてズキズキするようになり、患者様も我慢できずに来院するレベルとなります。神経がダメージを受けているために根管治療が必要となり、虫歯の部分を削って神経を除去し、炎症が治まってから型を取って詰め物を入れるという治療方法になりますが、治療期間は1ヶ月から3か月ほどと長くなってしまいます。C4まで虫歯を放置している患者さんはほとんどいませんが、この段階になると、歯の神経が死んでしまうために歯は黒くなってしまい、抜歯しなければいけません。群馬の当院では、抜歯後にインプラントや部分入れ歯、ブリッジなど患者様のニーズや希望に合わせた治療法を提案させていただいております。

群馬で入れ歯治療をしたい

群馬にございます当院ひろかみ歯科医院では、入れ歯治療も行っております。入れ歯の治療に関してなかなか情報収集が難しいとおっしゃる患者さまが多いのですが、当院ではすべてクリニック内で対応させていただけるので、ご安心ください。入れ歯にはいくつかの種類があり、総入れ歯、部分入れ歯とに分類することができます。また、人工の歯根を埋め込むタイプのインプラントも入れ歯治療の一環ですし、抜けている部分の両側の健康な歯を削ってブリッジ状に人工歯をかぶせるブリッジも、取り外しタイプの入れ歯ではありませんが、入れ歯治療の一環と言えるでしょう。

入れ歯治療では、取り外し可能な入れ歯の場合、健康保険の適用内で治療することが可能です。ブリッジやインプラントは残念ながら保険適用外となりますし、入れ歯と歯の部分にアタッチメントを取りつけるタイプのアタッチメント義歯もまた、保険は適用外となっております。

入れ歯治療は、患者様に精神的なストレスを与えやすい治療です。そのため当院では、治療を始める前に、治療の流れや今後の生活に与える影響などについて丁寧に説明しておりまして、患者様が納得した上で治療をスタートすることを心がけています。また、残せる歯が1本でもある場合には、当院では総入れ歯はおすすめしておらず、できるだけ健康な歯を残せるための最善策を提案しております。ただし、歯周病などで土台となる歯茎自体が弱ってしまっている場合には、歯を残したくても残せずに総入れ歯になってしまう可能性はあり、その点も当院では患者様に最初に説明しております。

入れ歯を作る際には、型を取ってからの作業となるため、どうしても自分の歯がない期間が発生してしまいます。目安としては2週間程度となりますが、当院では患者様の見た目に影響があったり、日常生活で支障が出る場合には、かならず入れ歯が完成するまでの間の仮の入れ歯を作っております。歯がない状態で患者様が困るということはございませんので、安心してくださいね。

また、すでに使用している入れ歯の調子が悪い場合にも、当院でフィット感を調整することができます。当院では、デンチャー王手の技術を駆使し、ピッタリのフィット感を患者様に提供しております。金属床は軽い義歯を載せることができて食事の味が変わらないチタン床か、フィット感に優れていて食べ物の熱さや冷たさを忠実に再現してくれるバイタリウム床かをお選びいただけます。

群馬県の子供の歯科治療

子供にとって病院や歯医者は怖い場所というイメージがありますし、行くたびに痛い思いをするから行きたくないと感じている子はたくさんいます。群馬にございます当院ひろかみ歯科医院では、子供の歯科治療にも積極的に取り組んでいて、毎日たくさんのお子さんに予防歯科や虫歯治療などで足を運んでいただいております。子供の歯科治療において最も大切なことは、お子様の不安な気持ちを考えて、できるだけ恐怖心を与えない治療を行うということではないでしょうか。そのため、当院では子供の患者様に対して、分かりやすく「こんな風に治療していきますよ」と説明をした上で治療を始めることを心がけております。

また、治療中はどんなお子様でも緊張しているものです。緊張の糸が張り詰めていると、痛くないものでも痛いと感じてしまうことがありますので、当院では治療中にも医師は笑顔で患者様に話しかけるように努めており、お子様がリラックスした状態で治療を受けられるように心がけております。初めて来院されたお子様は皆さん緊張していらっしゃいますが、何回か足を運ぶうちに不安が少しずつ解消されてリラックスできるようで、当院をかかりつけの歯科医院として利用してくださる患者様の中には、医師に「今日こんなことがあってね」と話しかけてくれるお子様もいらっしゃいます。歯科は怖くない場所と理解していただくことができれば、予防歯科で来院していただくことにも抵抗が少なくなるでしょうし、各家庭での歯磨き習慣もモチベーションがアップしていく事が見込めます。

当院ではまた、ご両親の予防歯科も合わせて指導させていただいております。どのご家庭でも、お父さんやお母さんが歯医者嫌いでは、お子さんも歯医者が嫌いになって当然です。しかし、両親が定期的に歯科検診を受けて予防歯科に務めている家庭では、お子さんも定期的に歯科検診を受けることに抵抗がなく、不安な心を持たずに治療に入れることが多いものです。家庭で一丸となって歯科治療に取り組む姿勢が大切なので、当院ではそのお手伝いをさせていただくとお考え下さい。

当院で歯科検診を受けるお子さんに対しては、歯磨き指導なども予防歯科の一環として行っております。どれだけ磨き残しがあるかをチェックしたり、正しく磨けているかをチェックすることで、毎日の歯磨き習慣も楽しみながら身に着けることができますし、歯磨きのスキルアップできるのではないでしょうか。

群馬 審美歯科が人気です

群馬県高崎市我峰町のひろかみ歯科医院では、審美歯科も取り扱っております。審美歯科は、特に歯や歯茎にトラブルがあるわけではないけれど、見た目が気になるという患者様に対して提案する治療法で、当院ではホワイトニングやインプラントなどが人気となっております。ホワイトニングというのは歯の見た目を白くする治療で、歯を削るという治療ではなく、薬剤を使うことで歯の表面についている黄ばみの原因を取り除くという方法で行います。どんな薬剤を使うかは歯科医院によって異なりますが、薬剤の中には作用が強いものがあり、患者様が知覚過敏になってしまうケースがございます。当院では、そうしたトラブルを未然に防ぐためポリリン酸を使用し、患者様が安心してホワイトニングできる環境を提供しております。

ホワイトニングの方法ですが、当院ではクリニック内で行うオフィスホワイトニングと、患者様が自宅で行うホームホワイトニングがございます。ホームホワイトニングの場合にはクリニックで歯型を取り、そこに薬剤を入れてマウスピースのように一定時間装着していただくことになりますが、特にじっとしている必要はないため、都合の良い時間を選んで治療していただけるというメリットがあります。大きな効果を実感するためには、お茶やコーヒー、ワイン、カレーなど歯に色を付ける原因となる飲食は控えることをお勧めしております。

当院では歯並び矯正の審美治療として、インプラントも行っております。インプラントは入れ歯やブリッジの代わりに、虫歯になる心配がない義歯を歯茎に埋め込むという治療方法で、歯茎が健康ならずっと維持できますし、自分の歯のように食べ物を味わうことができるというメリットがあります。入れ歯の代わりにインプラントを選択する場合でも、審美目的で歯並びをよくするために歯列矯正の代わりにインプラントを選ぶ場合でも、この治療には健康保険の適用は対象外となっております。この審美治療では、事前にいくつかの検査を行った上でどんなインプラントが適しているのかを判断し、その通りの位置や方向で行えるように専用のサージカルガイドという装置を使って手術を行います。歯根を埋め込む治療、そして義歯を上に乗せる治療など、何回かの手術を受けることになるため、費用に加えて治療期間もかかることは、あらかじめご了承ください。当院では、患者さんに細かい部分まで丁寧に説明させていただき、納得していただいたうえで治療をスタートしております。

記事投稿日:2017年08月02日


高崎市 歯医者 歯石

高崎市の歯医者で歯石クリーニング

体の健康を保つために、歯の健康は非常に重要です。その中でも特に歯のクリーニングには力を入れる必要があります。歯石の除去などのクリーニングは歯や口の健康に直結するからです。歯石は自分で除去するのは非常に難しいので、定期的に歯医者に行って歯石クリーニングをする必要があります。

歯石はなぜできる?

そもそも歯石はなぜできるのでしょうか。歯石とは歯垢が固まってできたものです。歯垢は口の中で酸を作り出し、虫歯の原因となります。しかし唾液はミネラル分を含んでいるので再石灰化を促進します。その時に歯垢が固まって歯石となってしまうのです。歯石は非常に硬く、毎日のブラッシングのみで除去するのは難しいです。ご自分で出来ることは、歯石の原因となる歯垢が固着しないようにしっかりとブラッシングすることです。磨き残しがあって歯垢が歯石になってしまえば、歯医者でクリーニングをしてもらうしかありません。いかに磨き残しを減らすかが大切なポイントになります。

歯石とスケーラー

歯医者では歯石の除去のためにスケーラーを使っています。多くの歯科医院では二種類のスケーラーを使っており、超音波スケーラーとハンドスケーラーです。超音波スケーラーは超音波の振動によって歯石を砕きます。歯茎から下に歯石が付着している場合にはハンドスケーラーを使って歯石を除去していきます。腕の良い歯科医が行わないと歯石除去は痛みを伴うため、どんな歯科医を選ぶかは非常に重要です。

群馬県内のほとんどの歯科医院ではこうした歯石の除去を含む歯のクリーニングを行っています。しかし歯石の除去だけでなく、歯垢がつかないように指導してくれるというのも良い歯科医の条件の一つです。
高崎市のひろかみ歯科医院では、経験豊富な院長とスタッフ、歯科衛生士が10人と万全の態勢で治療に臨んでいます。さらに虫歯や歯石の予防にも力を入れており、予防センターを設置して子どもからお年寄りまで歯石がつかない歯の磨き方などの指導も行っています。三世代で通える歯科医院として有名で、老若男女問わず様々な患者がやってきます。

群馬県内には高崎市のみならず他の市町村にも数多くの歯科医院があります。人気の高い歯科医院も多くありますから、歯石の除去をしたいと思ったならインターネットからの情報だけをうのみにせず、高い技術のある歯科医院を見つけるようにしましょう。きっと口内の健康を保つ助けになってくれるはずです。

記事投稿日:2017年06月13日


群馬県 入れ歯

入れ歯にかかる費用

年を重ねるごとに自分の歯のことが心配になる機会が多くありますよね。年齢を重ねて歯が抜けていってしまうと入れ歯や部分入れ歯という選択肢を考えることになると思います。群馬県ではすでに人口の四分の一が高齢者と言われており、年々歯科治療を受ける人数や期間、治療費などが大きくなっています。入れ歯やその治療をする歯科医の技術への期待値も大きくなってきていることを感じます。実際、入れ歯にはどれほどの費用が掛かり、どんなポイントで歯科医を選んだらよいのでしょうか。

入れ歯とその他の歯科治療

入れ歯はインプラントやブリッジと比べて保険適用で作成することができるため、自己負担額が比較的安価に済むという特徴があります。インプラントは平均的に一本当たり40万円前後かかるとされています。ブリッジはインプラントまでの金額ではありませんが、それでも一本当たり数万円ほどかかります。

入れ歯に関しては部分入れ歯で5,000円から13,000円程度と負担額として莫大な金額ではなく、制作に関しても体に負担がかかるようなこともないため高齢者には一般的でお勧めの歯科治療になります。50代以下であればインプラントという選択肢も選ばれる傾向にありますが、口腔外科の専門分野の範疇となり外科手術が必要なため年齢の高い方にはメリットとデメリットのバランスが良くないように思います。

信頼できる歯科医院との出会い

入れ歯というのはただ作ればよいというものではありません。口内の形状や容積、健康状態はお一人おひとり皆それぞれ異なります。自分に合った入れ歯を作ることにより自分の歯のように違和感のない口腔環境を整えることもできますし、食事や会話もストレスなく楽しむことができるようになります。その為にはあなたのお口の状態をあなた以上に理解してくれるような、信頼できる歯科医院との出会いが最短の方法となるでしょう。

患者様が入れ歯を作る目的

歯科医院では患者様からヒアリングを行い、その方の希望に沿った入れ歯を制作いたします。例えば、他の人から見てわからないような入れ歯にしたい、噛む力をできるだけ強くしたいといった、患者様が入れ歯を作る最大の目的を達成するようなご要望です。

群馬県高崎市我峰町にあるひろかみ歯科医院では、提携歯科技工所も業界トップクラスの経験と実績を誇り、患者様に自信をもってお渡しすることができています。
またデンチャー王手、バルブラストデンチャー、金属床など数種類の入れ歯から、患者様のご要望に沿った最適なものを提案させていただいております。バルブラストデンチャーは審美性の高い入れ歯で、他の人から見られても入れ歯とは気づかれにくいお勧めの入れ歯です。

笑ったり話したりするのも気兼ねなくできるので、入れ歯を気にせず人と積極的に関わりたいという気持ちを尊重することができます。患者様のご要望をしっかりと汲み取り、お一人お一人に合った入れ歯を作るひろかみ歯科医院。群馬県で最良の入れ歯を作りましょう。

記事投稿日:2017年06月13日


高崎市 入れ歯 歯医者

高崎市の入れ歯が得意な歯医者さん

入れ歯を使用されている方にとっては、なくてはならないとても重要な体の一部になる道具の一つです。統計的に70歳を過ぎると残っている自分の歯が極端に少なくなり総入れ歯にする方も少なくありません。加齢で歯を失うという理由だけではないため50歳代で部分入れ歯を使っている方も増えております。超高齢化社会になり入れ歯や部分入れ歯などで失った機能を補填するという面において歯科医院の働きは今後ますます需要が高くなっていくように思えます。高崎市にも入れ歯を専門的に扱っている歯医者がありますが、どのようなことが期待できるのでしょうか。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯をするというのはいくつかのメリットとデメリットがあります。メリットとしては大きな欠損でも十分に治療ができるという点です。前歯が数本なくなってしまったという場合もそうですが、自分の歯がほとんどないというケースでも入れ歯によって噛む力を回復することができます。ブリッジのように健全な歯を削る必要はなく、ワイヤーなどを使って固定することが可能です。ワイヤーが見えるのが嫌だという方のために、今ではノンクラスプデンチャーという手法も行われています。インプラントと違い取り外しができるのでメンテナンスが簡単でいつでも清潔に保てるというのもメリットの一つです。

一方で入れ歯のデメリットとしては、噛む力が健康な状態と比べて30%程度になってしまうという点が挙げられます。また口の中でしっかりと固定することができないと動いてしまい、痛みを覚えることもあります。違和感がありしゃべりずらいという方は発音練習が必要になる場合もあります。また入れ歯であるということが見てわかることも多いので、コンプレックスを抱えてしまうという方もいらっしゃるようです。

お一人おひとりに最も適した入れ歯をご提案

入れ歯には以上のようなメリットやデメリットがありますが、こうした点をしっかりと受け止めて相談に乗ってくれる歯科医師が必要となります。高崎市内にも入れ歯に対応できる歯医者さんが大勢いらっしゃいます。
ひろかみ歯科医院ではヒアリングをしっかりと行うことに加えて、デンチャー王手、バルブラストデンチャー、金属床という複数の入れ歯の中から、お一人おひとりに最も適した入れ歯を提案させていただきます。

ひろかみ歯科医院と提携している歯科技工所は非常に高い技術力を誇り、付けている違和感を軽減することができる入れ歯の製作に力を入れています。保険対応の入れ歯も作ることができるので予算に限りがある方でも安心です。高崎市内にお住まいでこれから入れ歯を作りたいという方や、どんな入れ歯があるのか知りたいという方は、一度ひろかみ歯科医院にご相談ください。

記事投稿日:2017年06月13日


メールでのお問い合わせ