関連記事 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

関連記事 一覧

【求人】社会保険・有給あります

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、歯科医師や歯科衛生士を募集中です。
厚生年金・国保など充実の福利厚生もあります。
プライベートが充実するように、夏季・冬季には1週間の長期休暇もあり、有給休暇もきちんと取れるようになっています。

見学をして実際の職場風景を確認しよう

どのような職場なのか、見学も出来るようになっているため、見学希望の際はぜひご連絡ください。
ひろかみ歯科医院は患者さまに寄り添う歯科医院でもありますが、実際に働くスタッフにも寄り添った職場環境を提供しています。
月に1回はスタッフ同士の親睦を深められるように食事会も行っています。

ひろかみ歯科医院で大切にしていることは、仕事もプライベートも充実出来ることです。
多くの患者と触れ合ってやりがいのある仕事、当たり前の休みを当たり前に取れてプライベートを充実させられることは、さまざまなメリットがあります。

豊富な経験を積むには来院患者が多いところが良い

特に歯科医師の場合は、来院患者数が多いということもあり、多くの経験を積むことが出来ます。他にも医師技術を習得するための勉強会・セミナーへの参加は積極的にバックアップがあるので、歯科技術について本格的に学びたい人にとって、とても良い環境ではないかと思います。

歯科衛生士もサポートとして仕事をするのではなく、ひとりひとりの歯科衛生士が主役として活躍出来る場を用意しています。みんなで助け合うことを重視しているため、分からないことがあってもスタッフ同士で上手くサポートし合えるのもひろかみ歯科医院の良いところのひとつです。

動画でクリニックの雰囲気を感じ取ることが出来る

クリニックの職場動画も公開していますので、実際の職場風景や雰囲気を確かめてみてください。
患者さま目線の空間づくりになっていますが、スタッフが働きやすいように配慮もされています。
仕事は「やりがい」「良い環境」が揃っていないと、やる気を奮い立たせられません。
その点では、ひろかみ歯科医院はどちらもクリアしていると考えています。
毎日平均90名が訪れるため、働き甲斐のある歯科医院です。

社会保険も有給もしっかりあるので、スタッフは安心して働けるのではないでしょうか。
ひろかみ歯科医院は一般診療室だけではなく、特別診療室、予防センターも併設しているため、多くのスタッフが必要なのです。
多くの患者と触れ合い、自分自身を高めながら働ける場所を探している人は、ぜひ当院へお越しください。
いきなり面接ではなくても、職場見学から始めてみて、自分の望む雰囲気かどうかを調べてみるのもいいかもしれません。

記事投稿日:2018年08月09日


歯肉・歯茎が腫れる

歯茎が腫れて、舌で触るとぶよぶよしていることはありませんか?
これは歯肉や歯茎の腫れを放置してしまった結果、ぶよぶよになってしまっているのです。

歯肉や歯茎が腫れる場所

主に歯肉や歯茎が腫れるのは、奥歯周辺だと言われています。
その理由として、細菌、歯肉炎や歯周炎、親知らずによる細菌感染、歯茎の腫瘍、最後に薬による影響というものがあります。薬によって歯茎や歯肉が腫れるのは、高血圧の薬などが該当します。ただ、副作用は人によってまったく感じない場合もあるので、これらも必ず起こるわけではありません。

腫れた時の応急処置は、患部を冷やすことです。腫れるということは炎症を起こしているので、外から氷のうなどで冷やすことで痛みを軽減出来る場合があります。他には痛み止めの服用もひとつの対処法です。ただし、強い痛み止めの場合は胃に影響を及ぼすこともあるので注意してください。

腫れた時の対象法とは

一番良い方法は、歯科医院で診てもらうことです。患部を診てもらうことで、腫れている部分に溜まっている膿を出してもらえたり、歯科医院で薬を処方してもらえることもあります。腫れているのだから、収まるまで自分で対処しようとはあまり考えないようにしましょう。炎症は早めに収まることもあれば、長引く場合もあります。自分のみで対処した結果、悪化することもあれば、歯肉や歯茎の腫れが慢性化する可能性もあるからです。

他の病気などでも同じことが言えますが、素人療法が一番怖いものです。きちんと専門の知識を持つ歯科医に診てもらうのが完治への第一歩となるのではないでしょうか。
基本的なことは歯科医から説明を受けられますが、日常生活でも腫れに関する対応を間違えないようにしましょう。

歯磨きの力が強すぎる場合に傷つけていることもある

歯肉や歯茎の腫れの場合、歯磨きをしている力が強すぎるということも考えられます。そのため、一定の力で磨き続ける電動歯ブラシを使うのもおすすめです。電動歯ブラシは短時間ながらしっかりと負担なく磨けるので愛用している人も多いでしょう。歯科医に相談すると、良い電動歯ブラシなどを教えてくれる場合もあります。

他に日常的に気を付けることと言えば、食後に口をゆすぐ習慣をつけることです。口内に食べかすなどが残っていると細菌を繁殖させてしまう原因になり、歯周病などのリスクも高まってきます。もし歯の悩みを持っているのであれば、群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院までご相談ください。さまざまな悩みに対応しているので、患者さまに合ったものをアドバイスします。

記事投稿日:2018年08月09日


お口のトラブル・口内炎

口内炎が出来ると、痛んだり沁みたりします。
悪化してしまうと、食事や会話さえもつらいと感じることがあるのが口内炎です。

口内炎は口の中、その周辺の粘膜に起こる炎症のことを指します。
一般的には頬の内側に発生する炎症であり、そのほとんどが痛みを伴うために悩まされている人も多いのではないでしょうか。

口内炎の症状は重症度によって異なる

症状は軽度の痛みや腫れ、重度のただれや出血など、人によって症状もさまざまです。
しかも、口内炎は頬の内側だけに出来るのではなく、広範囲に渡って炎症が起こります。
そのため、痛みが生じている場合は我慢出来ないほどのものに苛まれる人もいるでしょう。

口内炎は触れることで激痛が走ることもあり、食事などもままならなくなることがあります。
その結果、口内炎が原因で体調不良、ストレスを溜めてしまうなどの二次被害を及ぼすことも少なくありません。

口内炎の原因とは

口内炎は生活習慣の乱れが原因になります。
仕事が忙しくて食生活や食生活が乱れることで、口内環境を悪くしてしまうのです。
普段であれば問題ないものでも、抵抗力や口内の粘膜が弱ってしまうことで口内炎を引き起こします。
そのため、口内炎が出来てしまった場合は生活習慣や食生活が乱れていないかを見直してみましょう。

生活習慣や食生活の乱れがない場合、体調不良や薬の副作用によって口内炎が引き起こされることもあります。
口内環境を整えるのは、ビタミンB群が良いと期待されています。
逆にビタミンB群が足りない状態では、細菌の影響を受けやすくなる傾向があり、口内炎などさまざまなものを引き起こすとされているのです。
もちろん、個人差があるのですべての人に適用されるわけではありません。

ストレスが溜まりすぎて口内炎になることもある

ストレスが溜まりすぎている場合も口内炎や体調不良の原因になります。
仕事やプライベートでストレスが溜まっている人は、リフレッシュする時間を作るようにしましょう。

しかし、口内炎のことを相談するなら歯科医院がおすすめです。
群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、口内炎の相談などにも対応しています。
歯や口内の専門知識を持つスタッフや歯科医が原因や改善策を提供します。
口内炎がなかなか治らない人、クセになったかのように頻繁に出来てしまう人はぜひ当院までご相談ください。
必ず改善するとは言い切れませんが、口内炎の治療のために最善を尽くさせて頂きます。
歯や口内のことは専門家に相談するのが一番ですから、放置して長く苦しむより、歯科医にご相談ください。

記事投稿日:2018年08月09日


口臭の原因と対策

人と接する機会が多い時、ふと口臭が気になる人はいませんか?

口臭は口内の気体が原因と言われていて、唾液や古くなった細胞などを口内で生息している嫌気性細菌がたんぱく質を分解して、ニオイを発生させると言われています。

・口臭には2つの種類がある
口臭には「生理的口臭」と「病的口臭」に分けられるのはご存知でしょうか。

・口の中がパサパサしている。
・ストレスを長期間感じている。
・舌の表面が白い。

・詰め物や歯を舌で触るとザラザラしている。
・歯茎が腫れて出血することは多い。
・グラグラする歯がある。
・詰め物が取れて穴の空いた歯がある。

上3つのどれかのみに当てはまる場合は「生理的口臭」の可能性が高く、紹介したどれかに当てはまる人は「病的口臭」の可能性が高いと言われています。

口臭の対策方法とは

生理的口臭の対策としては、唾液を出すことで口臭予防になります。唾液を出す方が細菌が繁殖するのではないかと考える人もいますが、実はその逆なのです。唾液の分泌量が少ないと口内で細菌が増殖して環境が悪くなります。その結果、口臭が発生してしまうのです。

病的口臭の対策としては、やはり歯科医院に行くことが一番です。
病的と言うと大きな病気を想像する人もいますが、歯周病や虫歯も「病的口臭」に含まれています。
他にも親知らずが生えている人は、それを抜歯することで口臭予防になることがあるでしょう。
その理由として、親知らずの周辺は細菌が溜まりやすいからです。
虫歯もなく、歯周病でもない場合は、親知らずが原因で口臭が発生している可能性があります。

口臭が酷くなるには理由がある

その他にも、副鼻腔炎、肝臓病、腎臓病などから口臭が強くなることがあります。
ただ、これらが原因の場合は口臭の素地があり、それが強調されているだけなので、やはり歯科医院で治療をした方がいいでしょう。

生理的口臭であっても、病的口臭であっても、どちらにしても放置するのは良くありません。
群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院で口臭予防、口臭改善をしてみてはいかがでしょうか。
歯科治療は大人も苦手意識を持つのは当たり前です。
当院のスタッフは患者さまに対して丁寧な治療を心がけています。
スタッフにも恵まれているため、近隣からはもちろん県外からも訪れる患者さまがいます。
予防歯科、入れ歯、インプラント、審美歯科、さまざまな技術を駆使して患者さまの悩みを改善していきます。
治療する歯科医院に悩んでいる人は、ぜひ当院へご相談ください。
誠心誠意を持って歯科医、スタッフが対応させて頂きます。

記事投稿日:2018年08月09日


歯ブラシすると出血する

歯磨きをした時に、毎回出血をする人はいませんか?
そんな時は群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院にご相談ください。

歯磨き時の出血理由とは

歯磨きをした時に出血する理由のほとんどは歯周病が原因です。
歯垢が原因で歯茎が腫れてしまい、その上から歯磨きをするので痛めやすくなっているのです。
解決方法としては、基本的に歯磨きを続けることで炎症も落ち着くので出血も収まっていきます。

しかし、炎症を収めるためとはいえ、激しい磨き方をすると余計な傷を作ってしまうだけです。
そこで、オススメしたいのは無理に歯磨きをするよりも歯科医院に通うことです。
歯周病がほとんどの原因と書きましたが、他の理由で歯茎が炎症を起こしていることもあり得ます。
歯に何かが詰まっていることで出血することもあれば、歯ブラシが合わずに出血することもあるでしょう。
他にも疲労やストレス、体調不良による出血もあるのです。

歯は単に磨いていればいいものではありません。
人間が思っている以上に、口内はとてもデリケートな場所です。
歯科医院に通うことで、何が原因なのかを明確にすることが出来ます。
そうなれば、本人も歯磨きを出血によって怖がる必要もなくなるでしょう。

歯磨きをしなければいけない理由

歯磨きをする理由は、歯の健康のためとも言われています。
そのため、歯磨きを止めると炎症が酷くなる場合もあるでしょう。
出血すると口内が痛み、そのことに不安を怯えて歯磨きをしなくなる人もいます。
しかし、歯磨きをやめることは炎症の悪化を促してしまうのでやめましょう。
近年は液体歯磨きなどもありますが、やはり歯ブラシで歯茎を刺激することで健康的な歯肉へと変化していくので、ハブラシによる歯磨きはやめないようにしてください。

出血の理由によって対処法が異なる

出血の原因が歯周病や被せもの、詰め物が原因だった場合は、歯磨きでは治りません。
放置しておくことで余計に酷くなることもあるので、痛みや出血を感じたら歯科医院に通いましょう。
歯を大事にしていたかどうかは、年齢を重ねた時に分かると言います。
将来、自分のために歯が働いてくれるかは、どれだけ自分が歯を労わってきたかで分かるのです。
異常を感じた時には、すぐ歯科医院に赴き、治療をしてもらいましょう。

歯の異常は突然やってきます。
だからこそ「かかりつけの歯医者さん」を作っておくと、治療もスムーズにいきます。
治療履歴もすぐに見られるため、それぞれに合った治療方法を提供出来るのもメリットです。
歯は自然に治ることはないので、ぜひかかりつけの歯科医院を作ることを検討してみてください。

記事投稿日:2018年08月09日


クレジットカードが使える歯医者です

1.カード決済のメリット

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、クレジットカードによる決済が可能です。VISA、MasterCard、JCB、NICOS、UFJ、アメリカンエクスプレス、ダイナースがご利用可能ですので、カード支払いがしたいという方はぜひご検討ください。医療費について、返済の際の金利は控除できませんが、通常のお支払いの際は問題なく保険適用となります。またカード会社によっては、医療費でクレジットカードの限度額を超えてしまった場合、一時的に限度額を増額できる制度もあります。すぐに現金を用意するのが難しい、大金を持ち歩きたくないという方の場合、クレジットカードでのお支払いがお勧めです。

2.高額になりやすい治療

歯科医院の場合、保険適用される保険治療と、保険適用されず自費負担となる自由診療があります。歯に詰め物を使い処置をする場合は保険適用が出来ますが、被せもので治療する場合は保険適用と自由診療に分かれてしまっています。金属の中でも銀合金を使用した銀歯は保険適用、白い被せものやゴールド金属を使用した被せものは自由診療となるため、本数や状態、治療後の状態も加味し、何を使用しどんな治療を希望されるか診療時のカウンセリングでぜひご相談ください。

また治療後の定期健診ですが、3ヶ月を目安に咥内を確認し歯石を取る場合は保険適用、咥内状態を加味し治療期間や内容を決めクリーニングを行う場合は自由診療になります。虫歯、歯周病などの不安がある場合、当院では自由診療の検診をお勧めしています。

3.被せものの具体的な値段

保険適用と自由診療に分かれる被せものを用いた治療ですが、いくつか種類ごとに金額が決まっているので紹介しますね。まずプラスチックと陶材の材質を混ぜ合わせた白いかぶせ「ハイブリッド」と呼ばれる被せものは、部分的なもので40,000円から、全部被せるもので60,000円からのお値段になります。

「オールセラミック」という、白い部分に陶材を使用し、内側にも白く強度の高いものを使用した美しさナンバーワンを誇る被せものの場合、120,000円からのお値段です。

歯との親和性が高く、耐久性にも優れたゴールド・金合金を使用した被せものの場合、奥歯の中でも小臼歯の一部を覆うもので40,000円から、全体で50,000円から、奥歯の中でも大臼歯の一部を覆うもので60,000円から、全体で70,000円からのお値段設定となっています。

記事投稿日:2018年07月06日


フラワーレメディで不安を軽減します

1.不安を軽減する「フラワーレメディ」

植物には様々な効果があるとされており、それを利用して、気持ちのリラックスや不安な気持ちを軽減するために取られた手法の一つが「フラワーレメディ」と呼ばれるものです。約70年前、イギリスでエドワード・バッチ博士という医者(細菌学者、病理学者の一面も)が研究し開発されたもので、人の感情や性格パターンを38種類に分類し、それぞれを38種類の花や植物で癒すというものです。副作用などがないため、高齢者の方や赤ちゃんにも使えるほか、ペットにも使えることで有名です。特に、不安や心配でドキドキしてる気持ちを抑えるために用いられることが多く、群馬県高崎市に在するひろかみ歯科医院でも、診療前にご希望の方は利用することが可能な環境を作っています。

2.どんな花がどんな効果を持っているの?

フラワーレメディは全部で38種類あり、それぞれが別の効能を持つとされています。例えばポプラ(別名アスペン)から作られたレメディは、漠然とした恐れや不安が無くなり自信を取り戻す効果です。西洋りんどう(別名ゲンチアナ)には、理由が分かっている不安や心配に打ち勝ち、自信や自分への信頼を取り戻す効果があるとされています。みぞほおずき(別名ミムラス)にも、不安を落ち着かせ立ち向かう強さを取り戻させる効果がありますので、「小さい頃の治療がトラウマでどうしても歯医者での治療が怖い」「思っていたよりも病状が重く心身への負担が大きい」という方の場合、効果を信じて試してみる価値があるかもしれません。

苦手というイメージが持たれやすい歯医者だからこそ、落ち着いたリラックス状態の気持ちで治療を受けてもらい、不安や恐怖心を遠ざけ身近に感じてもらいたい。この想いで、当院はフラワーレメディを採用しています。

3.具体的な処方方法

フラワーレメディには様々な摂取方法があります。容器からスポイトで原液を2滴、口に垂らす方法(レスキューレメディの場合4滴)や、好きな飲み物に淹れて薄めて飲む方法などがあります。飲み物に淹れる場合、一度に飲み切れる量に原液を2滴垂らしてください。そのほか、長期にわたり使用したいという場合はトリートメントボトルにする方法がお勧めされています。摂取しやすいグミキャンディタイプの販売もされましたし、飲用せずに耳の後ろや手首などに付ける方法もあります。個人で購入すれば家庭のお風呂に垂らして使用することも出来ます。ぜひ自分に合う方法で利用してみてください。

記事投稿日:2018年07月06日


虫歯予防の相談ができます

1.歯医者は虫歯になってから通うもの?

歯医者って、どうしても虫歯になってから通うイメージがありますよね。実際に虫歯治療で訪れる患者さんは多いですが、虫歯や歯の病気予防のために定期健診で通っている患者さんも多く、予防専門の「予防歯科」と呼ばれる科を設立している歯医者も実は珍しくありません。予防歯科に通えば、病気を予防できるほか、虫歯など初期の段階での発見ができますし、初期段階で処置できれば患者さんの心身の負担も減らせます。そんな予防歯科で具体的にどのような診察をしているか、細かい所は医院によって異なってきますが、群馬県の高崎市にあるひろかみ歯科医院では下記のような診療を行っています。

2.PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯磨きのほとんどに含まれるのが「フッ素」という成分で、虫歯菌が生成する酸の抑制、歯の再石灰化の促進、エナメル質の強化という3つの効果を歯に対して持っています。ただ、日頃の歯磨きでは歯並びなどが原因で磨き不足が起きてしまい、歯磨きによる虫歯予防が充分に行えていない場合があるものです。特に、矯正装置やブリッジを入れている、インプラント治療を施した方などは、自分だけでのお手入れに限界を感じることが多いのではないでしょうか。

そんな中でお勧めされる治療が、PMTCと呼ばれる療法です。これは簡単に言うと「歯のクリーニング」で、歯科衛生士が専門のフッ素ジェルや器具を使用し行います。自分では磨き落としてしまう箇所、お手入れが難しい部分などでも問題なくプラーク(歯垢)を取り除き、一時的に歯がツルツルになるだけでなく、プラークが付着しにくい歯になるため、今後の予防にも繋げることが可能です。歯の着色にも効果がありますので、ぜひ一度、美容院で髪を整えてもらう感覚でこのPMTCを検討してみてください。

3.唾液検査による虫歯予防

唾液の量、唾液の中和力、虫歯菌の数を、それぞれ唾液検査によって量ることで、患者さんに適した治療・予防法を推奨することが出来ます。当院では主に「食事の摂り方」「歯磨きに使う歯磨き剤」「歯の汚れの除去」などで予防へアプローチを行っており、特に「歯の汚れの除去」に関しては先述のPMTCが当院で措置可能となっています。子供は学校での定期検診がありますが、大人は症状が悪化してから病院に来訪される方が多いですね。その場合、治療も金額も患者さんの負担が大きくなってしまう場合がありますので、痛みや症状が無くても、ぜひ健康診断の一環として予防歯科へご相談ください。

記事投稿日:2018年07月06日


インプラント治療専用室

1.インプラントとは?

人工関節や心臓のペースメーカーなど、体内に埋め込むシリコンを総じて「インプラント」と呼びます。歯科医院などでは、義歯治療などを指す際に「インプラント治療」と呼ぶことがあります。この治療は全ての歯医者で行っているわけではなく、環境設備などが整えられた歯科医院で行える治療です。インプラント治療を検討する際は、事前に検討している歯医者で治療が実施されているか、治療環境に衛生面などを含め不備がないか、ドクターに実績があるか、などをチェックするのがお勧めされています。ホームページや口コミなどをチェックするだけでは分かりかねる場合、事前に医院に問い合わせをして資料などをもらっておくと検討しやすいかもしれません。

2.主なインプラント治療

歯科医院で行われるインプラント治療とは、顎の骨を利用し義歯をはめ込む治療法になります。「人工歯根」と呼ばれるものを顎の骨に埋め込み、その上に歯を差し込むことで、歯の感触が顎の骨に伝わり従来の健康な歯のように感じられる治療です。歯を1本無くした場合、複数無くした場合、また全ての歯を無くした場合でも、顎の骨を利用するため自然な感覚で歯を得られる治療方法として非常に注目されています。そんなインプラント治療の中でも、「ノーベルダイレクト・インプラント」と呼ばれる療法が現在確立されており、これを採用している医院では従来のブローネマルクシステムと呼ばれるインプラント治療よりも治療期間が短く、手術回数も減らせる治療が実現できているのです。

3.インプラント治療の専用室を持つ歯科医院

群馬県高崎市にあるひろかみ歯科医院では、インプラント治療に専用室を設けて治療環境を整えています。インプラント治療を行う場合、まずカウンセリングをしっかり行い、治療後の状態や金額、治療内容など、患者さんの希望に沿えるよう相談しながら治療計画を立てます。その後、レントゲンでの咥内撮影や精密検査を重ね、治療に必要な情報(歯の硬さや大きさ、位置など)を得ます。そこから手術をするまでに再度カウンセリングを行い、得られた情報を説明し、改めて治療方針を固めていく流れです。手術日が決定したら咥内の清掃を行い手術に備え、ノーベルダイレクトなら1回、ブローネマルクシステムなら2回に分けて手術を行います。

手術後も、噛み合わせや歯肉の状態をチェックするためメンテナンスを欠かさずお願いしています。ご検討の際はぜひ一度、ひろかみ歯科医院に相談に来てみてください。

記事投稿日:2018年07月06日


歯科衛生士を募集しています

1.歯科衛生士募集のお知らせ

現在、群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では歯科衛生士を募集しています。開業から25年間、三世代一緒に通える歯医者として運営している実績と歴史を積んできたこの歯科医院で、ぜひ一緒に働いてみませんか?

県道29号線に立地し、アクセスが良く県外からのお客さんも多く来訪する歯科医院となっており、一日の患者さんは約90名、そのうち半数は定期健診で訪れる患者さんです。榛名山が望められる自然に囲まれた風景や、それに見合う開放的で綺麗な院内と、整えられた施設設備が自慢です。一般診療室、特別診療室、予防センターに分かれており、ユニット合計10台、歯科医師2名と歯科衛生士10名、受付2名で現在は稼働しており、院内では最新技術の治療を経験することができます。

2.充実した制度の紹介

有給休暇の取得しやすい環境や、夏期と冬期の一週間長期休暇があるため、仕事もプライベートも充実させやすい環境です。厚生年金などの福利厚生も整った、安心して働くことができる職場をご用意します。

勤務時間は午前9時から午後の19時まで、休憩が13時から14時30分までです。また毎週木曜と日曜が定休日となっていますが、祝日がある週は代わりに木曜日に営業を行うため要出勤となります。年に一度の昇給、年に二度の賞与があるほか、規定内の交通費支給、社会保険の完備、有給休暇制度があります。患者さんが安心して治療を受けられるよう、まずはスタッフが充実し整えられた制度と職場で働けることを目指しているのです。

3.ひろかみ歯科医院のメリット

ひろかみ歯科医院では、ただ診療を行うのではなく、地域に根差した地域密着型の運営を意識しています。七夕祭りやクリスマスなど、お子様の患者さんにも楽しめるような季節ごとの行事に合わせたイベントの開催を行い、患者さんと心を通じ合わせられる機会を設けるほか、子供たちが遊んで過ごすことのできる「ちびっこ遊具スペース」、不安を取り除き患者さんが安心して治療に取り掛かれるための「カウンセリングコーナー」を設置することで、文字通り「三世代で通える歯医者」を目指しています。

もちろんスタッフ間でも、「絆」や「繋がり」を意識し、スタッフ間が業務を通じたコミュニケーションを積極的に取れる雰囲気作りに励んでいます。週に一度ヨガ教室を開催したり月に一度食事会の場を設けたりと、同僚や仕事仲間として信頼し合える関係になれる、そんな環境作りを意識しているのが当院ひろかみ歯科医院です。

記事投稿日:2018年07月06日


メールでのお問い合わせ