関連記事 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

関連記事 一覧

インプラントが出来る歯医者

インプラントとは

インプラントはインプラントを埋め込みその上から歯冠の代わりになる人工歯をかぶせるというものです。この2つを連結するためにアバットメントも使われます。インプラントは虫歯や事故などで自分の歯を失ってしまった方、義歯を入れているが周りの歯と色の違いが目立って気になるという方、ブリッジやバネに食べ物が挟まって困っているという方にピッタリです。また、義歯が合わないために何回も作り直しているという方や、食事をしている時や運動中に義歯が動いて困っているという方にもおススメです。

インプラントは健康な歯を支えとしないので、周りの歯にも負担がかかりません。外観も自分の歯と同じように作ることができます。まあ、あごの骨に固定されるのでぐらつくことがなく、自分の歯のように物を噛むことができます。

インプラント治療を始める前に

高崎市にあるひろかみ歯科でもインプラント治療を行っています。最初にカウンセリングルームで患者様のお話を伺い、ご要望に沿うように治療プランを立てます。それから診査になりますが、診査では精密検査やレントゲン写真を行い、骨の硬さ、大きさ、位置、失われた歯の数などを確認します。診査の結果に沿って、引き続き治療プランを立てていきます。それから、診査の結果をお話しして、最終的な治療方法を決めます。.

インプラントの処置

ひろかみ歯科ではノーベルダイレクト法かブローネマルクシステムによって処置をします。ノーベルダイレクト法は切開をしない方法で、1回の手術で終わります。患者様にかかる負担が少なく、痛みが少なく出血や腫れもほとんど無いというメリットがあります。手術当日から仮りの歯を入れることもできます。ただし、ノーベルダイレクト法はどなたに対してもできるというものではなく、お口の中の状態によってはできない場合もあります。

ブローネマルクシステムノーベルダイレクト法と異なり、いろいろなケースに対応できるインプラントです。手術は2回行われます。最初の手術の3~6ヶ月後に2回目の手術をします。一定の期間を置くことで、インプラントと骨の結合がしっかりします。

メンティナンス

インプラントで治療が終わってからも口の中をいつも清潔な状態にしておく必要があります。定期的に歯医者で検診を受けて、インプラントや噛み合わせ、歯肉の状態などの確認をしてもらう必要があります。メンテナンスをきちんとすれば、長く快適に使うことができます。

記事投稿日:2018年06月04日


入れ歯の相談をしたい

入れ歯の種類

歯医者で作る入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。歯が一本でも残っていれば部分入れ歯になりますね。部分入れ歯にはクラスプという金属のバネが付いていて、それを残っている歯に巻き付けて入れ歯を取り付けます。また、入れ歯には保険が適用されるものと適用されないものがあります。保険が適用される入れ歯は安く作れるというメリットがあります。一方、自由診療で作る入れ歯の場合は、歯の色や形の選択肢が広いので、保険で作る場合よりも自然で審美性の高い入れ歯になります。ただし、費用は高くつきます。

自由診療による入れ歯にはチタンなどを使った金属床の入れ歯、インプラント併用の入れ歯、アタッチメントタイプの入れ歯などがあります。この入れ歯はクラスプを使用しないので、口を開けた時に金属が見えるということがありません。ノンクラスプデンチャー入れ歯
は弾力性がありクラスプも使用していません。ただ2~3年程度で作り直す必要があります。修理が難しいというデメリットもあります。マグネット式の入れ歯はマグネットが付いた入れ歯を根の上に取り付けた金属に吸着させて固定します。ただし、デメリットは対応する歯がないと使うことができません。

ひろかみ歯科の入れ歯

高崎市にお住まいで、初めて入れ歯を作るので不安がある、以前に入れ歯を作ったものの合わなくなってきたという方がおられれば、ぜひひろかみ歯科にご相談ください。当院の入れ歯はデンチャー王手と呼ばれるもので、まず仮の歯を作りそれを使用していただき、調整をしながら出来上がったものを本義歯に置き換えるというものです。義歯床は保険適用ならレジン床になり、自由診療だと金属床になります。金属床はレンジ床よりも薄いので熱さが伝わりやすいというメリットがあります。

金属床に使用する素材はチタンあるいはバイタリウムの2種類があります。チタン床の場合は軽いので入れ歯そのものも軽くなります。また、熱伝導率が低いため自然な温度が伝わります。食物の味も変わらず、耐蝕性にも優れています。また、チタンは金属イオンの溶出がわずかなのでインプラントや整形外科用にも使用されています。

バイタリウムは?コバルトクロム合金を使用しています。厚みはプラスチック義歯の約1/3でしかも細部まで強度を保てます。薄いのではめた時に違和感がなく、発話の際も自然に発声ができます。食べ物の温度も自然な形で伝わりますし、丈夫で長持ちします。

記事投稿日:2018年06月04日


歯の見た目を良くする方法

ホワイトニング

コーヒーやワインを良く飲む方やタバコを吸う方は歯の色素沈着が起こりやすいですね。また、歯は加齢によっても黄ばんできます。歯が黄ばんでいると不健康で、不衛生な印象を与えてしまいます。それで、歯を白くしたいという方のためにホワイトニングという方法があります。高崎市の歯医者ひろかみ歯科では、ケンズホワイトニング <オフィスブリーチング>を行っています。これは歯肉も傷めることなく、歯を白くでき、しかも歯の表面もツルツルになる方法です。ホワイトニング照明器具の青色LEDを使用するため安全に治療ができます。また、忙しくて頻繁に歯医者に通えないという方にはホームホワイトニングをおススメしています。4週間程自宅で行うことによって、歯の黄ばみを改善できます。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯のエナメル質の部分を(0.5ミリ程度削り、薄いラミネートベニアを歯科用の接着剤で貼り付ける方法のことです。歯のすじや黄ばみが気になる、歯並びや形を治したいという方に向いている治療ですね。また、歯の大きさを変えたり歯のすきまを改善することもできます。歯は少ししか削りませんし、時間もあまりかかりません。また、天然の歯と同じように光を通すので、とても自然な仕上がりになります。色もラミネートベニアを貼っていない歯に近づけることができるので、違和感がありません。ただ、くいしばりが強い方や歯ぎしりをする方の場合は、欠けたり割れたりすることがあります。また、歯並びや噛み合わせによってはこの方法を採用できないこともあります。

オールセラミック

オールセラミックはセラミックスで出来た人工歯で透明感があり、仕上がりが美しく耐食性にも優れています。金属を使っていないので、つけた後の歯茎の黒ずみもありません。金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられます。

メタルボンド

メタルボンドは裏が金属で表面が陶材でできている歯です。金属の上に陶材が付いているので強度があります。歯の変色もありません。患者様の歯の色や形に合わせてピッタリのものをおつくりします。

プロセラ

プロセラはスウェーデンのノーベルバイオケア社が開発したシステムで、、歯を削って型取りし模型を作った後にスキャナーにかけ、独自のソフトにより3次元的データを作りこれをネットでノーベルバイオケア社に送ります。データをもとに作られたキャップが送られてきて、その上に日本の技工士がセラミックを盛り付けて完成させます。プロセラで作られた歯は強度があり、中まで白いのが特徴です。

記事投稿日:2018年06月04日


歯周病の相談と治療

歯周病について

歯周病は、歯垢の中に含まれている歯周病菌がハグキに炎症を起こさせる感染症のことです。歯周病になると、まずハグキが腫れたり、歯磨きをすると出血するといった症状が出て、さらに進むとハグキが下がったり、噛むと痛いといった歯周炎の症状が出てきます。歯の表面のぬるぬるとしたものが歯垢ですが、歯垢をきれいに取らないと歯石になります。歯石が溜まると歯医者に行かないと取れなくなります。また、歯周ポケットの歯垢も歯磨きでは取り除くことができません。

歯周病が進むと歯がグラグラしてきます。これは歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまうからなんですね。また、歯茎が腫れることもあります。そうすると、物を食べた時に歯が痛みます。また、歯周病は進行していても痛みなどが出にくいため、静かな病気とも言われています。ですから歯が痛くなって歯医者に行った時には手遅れということもあります。

また、歯周病菌は腫れた歯肉から血管の中に入っていきます。歯周病菌自体は体の中で退治されますが、歯周病菌の死骸から出る内毒素が血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを阻害してしまいます。また、動脈硬化になりやすくする物質が出るので、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。ですから歯周病は口の中だけの問題ではなく、全身の健康に関係することなんですね。歯周病を予防することは健康的な生活を送る上でとても大事です。少しでも違和感を覚えたらすぐに歯医者で相談するようにしてくださいね。

歯周病の治療について

歯ブラシが届きにくいところが特に悪くなるので、治療の際は日ごろの歯磨きの方法を確認して、正しい磨き方を指導します。また、歯科衛生士が歯石や歯垢を取り除いていくと、歯肉の状態もよくなっていきます。さらに細菌を除去して歯周組織が正常な状態に戻るようにルートプレーニングも行います。咀嚼能力測定なども行います。また、歯周病は食生活とも関係していますので、食生活に関することもアドバイスさせていただきます。

毎日歯磨きをしていても、ブラシがよく届かない部分もあり、歯垢や歯石がたまりやすいので定期的に歯医者で歯石をとってもらう必要がありますね。高崎市にお住まいならひろかみ歯科で歯周病や虫歯の予防・治療ができます。ひろかみ歯科はお子さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、3世代で通える歯医者です。丁寧に診察、治療いたしますので安心してお越しください。

記事投稿日:2018年06月04日


子供の虫歯予防

子供の虫歯の原因と対処方法

子供たちはおやつが好きですね。特にチョコレートやケーキなど甘いものが大好きという子供たちも多いですよね。でも、甘いものを頻繁に食べると虫歯になりやすくなります。また、食事を食べたくなくなってしまいますし、糖分を分解する時にビタミンやカルシウムをたくさん使うので、体の成長に必要な栄養素も不足がちになってしまいます。

また、粘着性の食品は歯が酸にさらされる時間を長くしてしまいます。ポテトチップスやクッキーなどはでんぷん質が口の中に残りやすいですね。乳糖は他のものと比べると虫歯になりにくいですが、長時間口の中に残っていると、やはり虫歯になってしまいます。ですから、子供たちを虫歯から守るには、おやつを食べる回数に気を付けるだけでなく、口の中に残りにくい食品を選ぶ必要があります。

甘いおやつを全く禁止してしまうのも、子供たちにとってストレスになりますから、甘いものを食べる回数を減らすようにして対処するといいですね。甘いおやつを食べた後に、麦茶やお水を飲むのもいいですね。クッキーやポテトチップスの替わりにりんご・おせんべい、野菜を使った手作りおやつなどもいいですね。

食後は歯磨きを

虫歯を防ぐのに一番効果的なのは食後の歯磨きです。でも、お子さんが小さいと動いてしまって、なかなか上手に歯磨きができないということもありますね。そんな時には、お子さんの肩の上に足を乗せてお母さんの大腿の間に子供さんの頭を挟んで肩の上に足を乗せるようにして固定させるとやりやすいですよ。優しく話しかけながら歯磨きしてあげてくださいね。3歳ころになると自分で歯磨きをしたがりますね。まずは自分でやらせてあげてできないところはお母さんがしてあげましょう。

上手な歯磨きの仕方

6歳になると、第一大臼歯と呼ばれる永久歯が生えてきます。生える時期から6歳臼歯とも呼ばれていますね。6歳臼歯の質は生え始めてから2~3年は非常に弱いので、この時期の歯磨きはとても大事になります。小さめのヘッドの歯ブラシを頬の横の方から入れて、直接6歳臼歯だけにブラシの先を当てるようにして磨きます。また、お子さんの歯が生えそろって自分で磨く場合に、強い力で磨くと毛先が歯や歯茎に当たらないので、汚れがきれいに取れません。ブラシの先がきちんと当たるように軽く磨くように指導してくださいね。また、デンタルフロスで、歯と歯の間を3~4回往復させるようにするといいですね、高崎市の歯医者、ひろかみ歯科では虫歯の治療だけでなく、お子さんの歯を守るためのアドバイスも行っています。

記事投稿日:2018年06月04日


相談できる歯医者

ひろかみ歯科医院でできる治療は?

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、予防センターを設置し、定期健診を受ける患者さんに担当歯科医師と担当歯科衛生士がメンテナンスを行います。虫歯、歯周病の予防歯科に力を入れている歯科医院です。虫歯、歯周病の治療はもちろん、小児歯科、入れ歯、インプラント治療、クリーニングやホワイトニングまで幅広い治療を行っています。ホワイトニングは、ポリリン酸を使った最新のホワイトニング技術を用いています。特に、入れ歯に対しては提携している歯科技工所と共に研究を重ねたフィット感の高く、審美性の高い入れ歯をおすすめしています。予防ケア、ホワイトニンングなどは専門のルームでふかふかのソファーのようなチェアでリラックスして施術を受けることができます。木々の緑が美しい庭を眺めながら、アロマの香るクリニックで受けるケアは、歯医者が苦手な方、歯医者に対してトラウマを持つ方でも受けられ、カウンセリングルームもおしゃれだと評判です。清潔感がありながらも、くつろげる空間を提供し、歯医者に対して恐怖心やトラウマを抱える方でも安心して治療を受けられるように配慮されているのです。

カウンセリングをしてくれる歯科医院

ひろかみ歯科医院では、初めての診察を受ける前に必ずカウンセリングを行ってくれます。患者様の希望を聞いて、どのようにその希望に沿うことができるか治療法を相談しながら分かりやすく説明します。費用面でも。保険適用内での診察、一部自費、全額自費など、患者様の要望に合わせて治療法を選択することができるようにしています。また、持病があって治療が不安な方のために、主治医の方と相談しながら連携して治療やケアを行っていくようにしているので、心臓に疾患があるなど、健康面で不安を抱えている方でも安心していただけます。ひろかみ歯科医院では、患者様とのコミュニケーションを何よりも大切にしています。治療法やケアの方法に不安を持っていたり、疑問を持ったままではよくないからです。そこで、初めて受診する方にはお電話で予約していただくようにおすすめしています。来院していただいたら、問診票に記入していただき、カウンセリングルームでの詳細なカウンセリングを行います。その後、レントゲン撮影や歯周ポケットの検査などを行った上で再度患者様と相談しながら治療法を決め、実際の治療を開始します。歯の悩み、不安、疑問など何でもご相談下さい。

ひろかみ歯科医院は高崎駅からは車で約20分ほどの場所にあります。周囲を田園に囲まれた郊外型歯医者なので、広い駐車スペースがあり、来院しやすい環境を整えています。

記事投稿日:2018年04月27日


歯のクリーニング

歯垢とは?歯石とは?

歯の表面がネバネバしているような気がしていることはありませんか?そのネバネバしているものが歯垢です。歯垢は細菌の塊です。食後約4~8時間ほどたつと歯垢が作られると言われています。歯磨きをせず歯垢をそのままにしておくと、歯の表面のエナメル質が、菌の作り出した酸によって溶けてしまいます。歯石は、歯垢が固まったものです。歯磨きで取り切れなかった歯垢は2日ほどで歯石になってしまいます。歯石は「歯の石」と書く通りとても硬いものです。なかなか歯ブラシでは取り切れません。歯と歯の間や歯と歯茎の境目など、歯ブラシの届きにくいところにできます。歯石をそのままにしておくと、歯石の表面はデコボコしているので、歯石の上にさらに歯垢がついて、どんどん歯石は増えていき、細菌の温床になります。虫歯になったり、歯周病を引き起こしたりするので、定期的に歯医者でメンテナンスを行うことをおすすめします。高崎市の歯医者「ひろかみ歯科医院」では、予防歯科に力を入れています。患者様には、定期的なメンテナンスをおすすめし、虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持することを推奨しています。

歯のクリーニングとは?

歯垢や歯石を取る歯のクリーニングは、超音波スケーラーとハンドスケーラーの2種類を主に使って歯垢と歯石を除去します。超音波スケーラーは、超音波の振動で硬い歯石を砕いていく機械です。また、取りにくい場所、歯茎の下などにたまった歯石はハンドスケーラーを使って歯科医や歯科衛生士が丁寧に取り除いていきます。ハンドスケーラーで歯石を取り除く際には痛みを伴うので、経験のある上手な歯科医師のいる歯科医院を選ぶことが大切です。高崎市のひろかみ歯科医院では、経験豊富な院長、優秀な歯科衛生士たちが万全の態勢でクリーニングをいたします。また、歯垢や歯石を防ぐブラッシングの指導にも力を入れています。ひろかみ歯科医院は予防センターを設置し、子供からお年寄りまで、健康な歯と歯茎で過ごすことができるように虫歯や歯周病予防教育を行っています。特に、小さなお子さんは、歯ブラシを大きく動かして歯磨きをします。大きく動かすと、歯と歯の間など狭い場所に歯ブラシが届きません。特にお子さんの歯は小さいので、磨きにくい場所が多く、虫歯になりやすいのです。また、お子さんの歯は成長とともに歯の位置が変わってきます。高崎市の郊外にあるひろかみ歯科医院では、お子さんの成長に合わせたブラッシング指導を行っています。

記事投稿日:2018年04月27日


夜19:00まで診療

誰でも通える高崎市の歯医者さん

高崎市の歯医者さん「ひろかみ歯科医院」は、どんな方でも通いやすい歯医者さんを目指しています。信越本線「高崎駅」西口から車で約20分、郊外型の歯医者さんなので駐車場完備です。小さなお子さんも、高齢者の方も、どんな年代の方でも通えるように意識しています。特に歯医者恐怖症の克服にも力を入れているという特徴があります。まずは、以前受けた歯科治療で嫌だった体験談、トラウマになったことを聞き出し、問題点を把握していきます。その際に、不安、緊張を和らげるようレスキューレメディーを取り入れます。レメディとは、イギリスの医師、細菌学者エドワードバッチ博士が提唱した心や感情が落ち着くためのストレスケア自然療法です。バッチ博士が開発したバッチフラワーレメディの中から5つを厳選し組み合わせたもので、パニック障害の治療などにも用いられています。副作用、習慣性など一切ないので、妊娠している方や赤ちゃんでも使うことができるほど安全性が高いものです。不安が和らいで治療を受けられるようになったという患者さんがたくさんおられます。

仕事や学校の後で通える歯医者さん

ひろかみ歯科医院は、夜19:00まで診療しています。平日は朝9:00から13:00、午後14:30から19:00までの診療です。仕事が終わった後、下校してから通えると、学生や社会人の方たちから好評です。土曜も診療を行っています。土曜も朝9:00から13:00、午後14:30から19:00まで診療を行っています。木曜、日曜、祝祭日は休みです。祝祭日がある場合は木曜診療になります。予約制ですからあらかじめ窓口で、または電話で予約してください。初めて診察を受ける場合は、事前に電話予約をおすすめしています。また気になることがあればメールでの問い合わせもできます。急な歯のトラブルのため、急患用にユニットが確保されているので安心。口コミを見ても「待ち時間が少ない」と評判です。私たちは普段の生活の中で食事をしたり、話しをしたり、呼吸をする際にも口を使っています。言ってみれば、口は体の入り口です。歯がきれいで健康であるならば、体の健康にも寄与します。虫歯や歯周病を放置しておいてよいことは何もありません。最悪の場合は虫歯の菌が血液の中に入り、脳に達して脳梗塞を引き起こしたり、心臓に達して心内膜炎や心筋梗塞などの死に至りかねない重大な病気を引き起こしてしまう可能性すらあるのです。気になる症状があれば、仕事が忙しいからと後回しにせず、早めに歯科医院に行くことをおすすめします。

記事投稿日:2018年04月27日


土曜日も診てくれる歯医者

三世代で通える歯医者さん

群馬県高崎市の郊外にある「ひろかみ歯科医院」は三世代一緒に通える歯医者さんです。診察治療を行うクリニックの他に、予防センターも備えています。予防センターでは、歯科医師と歯科衛生士が歯周病予防にあたっています。患者様の中には、20年以上も続けて通っておられ定期的にメンテナンスを行う方もいらっしゃるほどです。入れ歯やインプラント治療にも力を入れています。また、お子さんの歯科治療を行う際には、安心できるようにまずはコミュニケーションをとって、お子さんがリラックスして治療にのぞめるように配慮しています。「歯医者さんは怖い」というイメージを払しょくするように、決して治療を押し付けません。怖い思いをすると、その後もずっと歯医者嫌いになってしまうからです。幅広い年代の患者様に細かく配慮しているのは、祖父母の代からお孫さんまで三世代にわたって愛される歯医者さんになりたいと思っているからです。

土曜日も診察している歯医者さん

歯医者に行きたいと思っていてもなかなか行けないのは、診察時間が短いためです。平日は早く帰ることが難しく、土日は歯科医院が休み、または土曜日は午前中で終わりという場合が多いので、歯医者に行くために仕事を休まなければいけないという方も多いようです。ひろさき歯科医院では、土曜日診察を行っています。しかも土曜日でも19時まで診察しているので、仕事が忙しくなかなか歯医者へ通えないという方でも通いやすくなっています。また、せっかく歯医者に行っても診察までに長時間待たされるので、行きにくいという方のため、歯科医師、歯科衛生士、スタッフ合わせて15名が診療に当たっています。一度に大勢の患者様を診ることができるように、診察台は5台、予防センターは4台、特別診察台1台をご用意しています。待ち時間が比較的短くなり、少しでも忙しい方が歯医者に通いやすくなるように努めています。歯の健康は心体の健康にも影響します。虫歯を放置していると、歯周病に発展する可能性が高いですし、菌血症になるリスクもあります。菌血症とは、傷口から血液の中に細菌が入り、血管を通して全身に細菌がまわってしまう症状です。免疫が清浄に働いていれば問題はありませんが、高齢であったり、免疫が極端に落ちている場合などは細菌性髄膜炎、感染性心内膜炎などの大きな疾患になる可能性もあるので、たかが虫歯と思わず、気になる症状があるなら、早めに受診することをおすすめします。

記事投稿日:2018年04月27日


群馬 ホワイトニング歯医者

ホワイトニングのメリットは?クリーニングとはどう違う?

白い歯は印象を変えます。歯が白いと見た目の印象が爽やかになり清潔感が感じられます。歯が黄ばんでいると老けて見られますし、人前で話す機会が多い方は特に、歯の黄ばみ、着色汚れがあると自信を持って話すことができなくなります。歯が年齢とともに黄ばんでくるのは仕方がないことですし、タバコのヤニや茶渋などでステイン汚れがつくのはなかなか防げません。ホワイトニングは、ご自分の歯を白くする方法であり、歯のクリーニングは、歯の表面についてしまった歯垢や着色汚れをとるだけ、簡単に言うと歯のお掃除です。超音波スケーラーという機械を使って振動で汚れを落としたり、ハンドスケラーというフックのような器具を使って、歯科医師か歯科衛生士が汚れを落とします。ハンドスケラーで歯と歯のすき間の歯垢や歯石を取る際に痛みを感じることがあるので、その場合は麻酔を使って処置します。ホワイトニングは、薬剤を使って白くする方法です。ホワイトニングは歯を削らずに白くすることができます。ですから、痛みを感じることが少なく、知覚過敏が起こるリスクを減らせます。「歯医者さんは苦手」という方でも、苦痛を感じることなく処置を受けられると好評です。

スーパーポリリンホワイトニングとは?

群馬県高崎市のひろかみ歯科医院では、「スーパーポリリンホワイトニング」という方法でホワイトニングを行っています。ポリリン酸を用いてホワイトニングを行うと、歯を傷つける心配がありません。従来のホワイトニングは、歯の水分を抜き取る作用があるので痛みやしみるという症状がでることがあります。ですが、ポリリン酸には、歯の表面の汚れと結合しやすいという性質を利用し、汚れだけを落として歯を傷つけません。ですから、痛みやしみることがなく施術を受けた後に普通に食事ができます。また、プラチナナノコロイドを配合しているので、キラキラ光る、透明感のある白い歯を手に入れることができます。従来のホワイトンングと比べて約3倍白くなるという方もいます。しかも、一般的なホワイトニングと比べても低価格に抑えられているので、気軽にホワイトニングにチャレンジできます。しかも、ポリリン酸には、歯の表面をコーティングする働きもあります。ですから、歯の表面がツルツルして光沢が出るのです。コーティングすることで、再び汚れが付くのを防ぐことができます。

記事投稿日:2018年04月27日


メールでのお問い合わせ