関連記事 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

関連記事 一覧

虫歯が進行するほどお金も時間もかかります

虫歯はできてから治療するよりも、できないように予防に努めたほうがずっと楽ですしお金もかからないということはご存知でしょうか。一度虫歯ができてしまうと、放置しても自然治癒はしてくれません。それどころか、一度虫歯ができると治療しない限りはその虫歯菌がどんどん繁殖して、虫歯は進行してしまいます。そうなってしまうと、いくら正しい歯磨きをしても、虫歯の進行を止めることはできませんよね。

虫歯の治療は、歯科医院で対応していますが、進行度合いによって治療にかかる時間や治療回数、そして患者様の金銭的な負担も大きく異なります。虫歯は、C0~C4と5段階に分類することができ、治療内容もこの進行度合いによって異なります。

C0の虫歯は、虫歯菌によって歯の表面のエナメル質が一時的に溶けている状態です。この状態だけなら自然治癒できる可能性があるため、治療は必要ありません。ただし、自然治癒しない場合にはC1となり、これは歯の表面のエナメル質が一時的ではないダメージを受けている状態です。白い樹脂などで穴をふさぐという治療になりますが、型を取る必要などがないためすぐに治療は終了します。

虫歯が進行して虫歯菌がエナメル質を通過して象牙質まで到達すると、歯が染みたり痛くなるという自覚症状があらわれるようになりますね。この度合いだと、場所によって樹脂で埋める治療法や、型を取って削った部分にはめ込むという治療法が選択されます。

さらに進行して歯髄とよばれる歯の神経まで虫歯菌が到達すると、お湯が染みたり歯の痛みが夜眠れないほどのレベルとなります。この場合には、削った部分に金属や樹脂をかぶせる治療が必要です。ただし、この状態まで全く自覚症状がないということはほとんどないため、こうなる前に受診して治療を始めることをおすすめします。

虫歯の度合いの中でも最悪ランクとなるのはC4です。これは虫歯がかなり進行していて、歯根のみを残して出ている歯冠部が崩壊している状態を指します。ここまで進行すると、痛くないことは多いようですが、歯を残すことは難しいため、抜歯をした上で土台を作って差し歯やインプラントなどの治療を行います。

群馬県高崎市の当院では、虫歯治療の専門医が複数おります。ひどくなる前に歯科検診などで早期治療を始めていただくのが理想的ですが、ひどくなった虫歯に対しても患者様のニーズや希望に合わせて適切な治療方法を提案させていただきます。是非お気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年03月04日


虫歯の出来やすい人、出来にくい人

毎日の歯磨き習慣によって虫歯を予防することは可能ですが、虫歯ができやすい人とできにくい人がいることはご存知でしょうか?これは虫歯ができる原因が毎日の歯磨き習慣以外にもあるということを意味しています。例えば、歯並びが悪い人は歯磨きをしても磨き残しができやすいため虫歯ができやすくなりますし、食生活で歯に詰まりやすいものとか砂糖を多く摂る人は、虫歯になりやすくなってしまうでしょう。

虫歯のできやすい人は、体質的な要因も関係しています。例えば、口の中で分泌される唾液には殺菌作用があるのですが、唾液が多く分泌される人は口の中が殺菌され虫歯ができにくくなりますし、唾液量が少ない人は口の中が乾燥しやすくなって唾液による殺菌作用も低くなるため、虫歯ができやすくなります。

生活習慣もまた、虫歯のできやすさと大きな関係があります。例えば、食生活が不規則で寝る前に飲食をする生活を繰り返している人は虫歯ができやすくなります。これは、食事の後に歯磨きせずに寝てしまう可能性が高いという理由もありますが、他にも理由があります。歯は、食事をすると表面のエナメル質が柔らかくなり、食事の後には歯の表面が再石灰化するという性質があります。しかし頻繁に飲食をする人だと、歯の表面が再石灰化する前に再び食事をしてしまうことになるため、再石灰化できないままの状態が続きます。それが虫歯の原因を引き起こすというわけですね。

虫歯ができにくくするためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。まず、飲食はちょこちょこと頻繁にするのではなく、できるだけ1日3回などの少ない回数に抑えて、食べた後にはしっかりと歯の表面が再石灰化する時間を確保する、ということをおすすめします。また、食事の後や寝る前にはきちんと歯磨きをして、細菌が増殖しにくい環境づくりをするのも良い事ですね。

口の中が乾くと細菌が繁殖しやすくなるため、口の中が乾燥しないよう唾液を出すためにガムを噛んだり、水やお茶を飲んだりして常に口の中を潤わせるための工夫も効果的です。また、一日の最後には歯磨きの後にマウスウォッシュを使って口の中の細菌を除去する工夫などもおすすめですよ。

群馬県高崎市にある当院では、予防歯科の分野で虫歯になりにくい生活習慣や歯磨き指導などを行っております。お口の中の健康に多方向からアプローチすることができますので、ぜひ一度ご相談にお越しください。

記事投稿日:2019年03月04日


八重歯は抜いたほうがいい?

八重歯とは、歯科用語でいえば「正常な位置に生えていない歯」のことを指します。八重歯というと犬歯をイメージする人が多いのですが、犬歯だけではなくどの位置にあるものでも、正常な位置に生えていなければ全て八重歯というカテゴリーに分類されますね。八重歯は歯並びが良くないということなので、歯磨きをしても磨き残しが出やすく、虫歯や歯周病などを引き起こしやすい原因にもなりかねません。そのため、生活に支障がなくても可能な範囲で治療することが大切ですね。

八重歯の治療法には、いくつかの方法がありますが、まずは歯列矯正による治療が挙げられます。歯列矯正する際には、顎に歯が余裕をもって並べるように抜歯するケースがありますが、その際に犬歯を抜歯することが多いようですね。この位置を抜歯すると、前歯が余裕をもって広がりながら歯並びを矯正でき、奥歯の側からも広がりながら歯並びが矯正され、最終的には抜歯した部分の隙間を埋めてくれるという完成形が期待できます。

八重歯によって歯並びが崩れている場合には、八重歯を抜歯して歯列矯正を行うという治療法が一般的です。しかし、ケースバイケースで抜歯の後にインプラントで人工歯を埋め込んだり、ブリッジなどによってすきまを人工的な歯でカバーするという治療方法などもあります。群馬県高崎市にある当院では、歯科治療において他分野の専門医が複数常駐しております。患者様のニーズや希望に合わせて適切な治療方法を提案させていただくことができるので、是非お気軽にご相談ください。

八重歯の矯正治療においては、ブラケットを使って歯を1本ずつ少しずつ動かすというブラケット治療方法に加えて、舌側矯正によって歯を少しずつ動かすという治療方法、そしてマウスピースをはめることで歯を動かすという治療方法などの選択肢がありますね。最も最短で治療が終了するのはブラケット治療ですが、歯の表面にブラケットを装着するため、他人に気づかれるというデメリットがあります。歯の表面ではなく裏側に器具を装着する舌側矯正になると、他人から見えづらいというメリットがある一方で、治療費用が高くなったり期間が長くなったりするというデメリットがあります。
また、マウスピース矯正は、着脱できますが歯の大掛かりな移動は難しいので、軽度の八重歯治療に適しています。どの方法が最適なのかについては、歯科医と患者様とで相談しながら適切な方法を模索していくことをおすすめします。

記事投稿日:2019年03月04日


歯周病になる原因は?

歯周病を引き起こす原因はたくさんあります。
1つ目の原因にはブラッシング不足がありますが、これは歯周病が起こる原因の中でも、最も大きな原因ですね。ブラッシング不足とは、歯磨きの習慣がなかったり、歯磨きを毎日していないとか、歯磨きをしていても正しく磨けていない、などが該当します。口の中にはたくさんの種類の細菌が常駐していて、食べカスなどをエサとして生きています。こうした細菌は口の中が健康な人にもいるので、細菌をゼロにすることはできません。しかし、口の中に食べカスがいつまでも残ってしまうと、それをエサとする細菌が増殖し、歯垢や歯石となって歯茎に炎症を起こす原因となるのです。これが歯周病が始まるメカニズムですね。

周病の原因はブラッシング不足だけではありません。喫煙もまた、歯周病になりやすい原因と言われていますね。煙草を吸うことと口の中の健康はあまり関係がないようなイメージがありますが、実は大きな関係があります。煙草を吸うと血管が収縮し、歯茎に十分な血液が届けられにくくなってしまいますし、口の中が乾燥するため、口の中で細菌が増殖しやすい環境を作ることにもなってしまうのです。これが歯周病を引き起こす原因となります。

口呼吸をしている人も歯周病を起こしやすいと言えます。口呼吸をする人は、無意識のうちに口を開けている人が多く、歯並びが悪くて口を閉じにくい人や、口を開けてしまうことがクセという人もいます。口の中を保湿してくれる唾液には、殺菌作用があるのですが、口を開けている時間が長い人は口の中が乾燥する傾向にありますし、唾液による自浄効果が低くなってしまいます。また、空気中の細菌が口の中に入り込んで増殖することもあるため、歯垢が作られやすくなって歯周病の原因となりますね。

その他にも歯周病を引き起こす原因に、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどがあります。こうした原因の中には、自分で意識すれば改善できることもありますが、なかなか自分だけで改善することは難しいものもありますよね。そのため、歯周病を予防するためにはまず日常生活の中で毎日きちんと正しい方法で歯磨きをする習慣をつけるとともに、歯周病の原因になるかもしれない癖などを意識して改善することが大切です。

また、定期的に歯科検診を受けて、口の中の健康状態をチェックしたり、クリーニングすることも歯周病予防には効果的です。群馬県高崎市の当院では、予防歯科の分野にも力を入れているので、是非お気軽にご相談ください。

記事投稿日:2019年03月04日


歯を失う原因No1は歯周病

歯を失う理由にはいろいろなものがありますが、その中でも最も多い原因と言われているのが歯周病です。歯周病というのは細菌性の疾患で、細菌が原因で歯肉が炎症を起こします。主に歯と歯茎の間にある歯周ポケットという所に食べカスが詰まり、そこで細菌が繁殖して歯垢や歯石となり、歯周病が進行していくわけですが、その初期段階としては、歯肉炎が起こることが多いようです。これは、歯磨きをすると歯茎から血が出るという症状が出るので、早い段階で自覚することが可能ですよね。この段階で速やかに治療を始めれば、歯を失う前に完治できて自分の歯を残すことは十分に可能なのですが、放置してしまうと歯周病はどんどん進行してしまい、やがては歯を支えている歯槽骨がダメージを受け、歯がぐらぐらして抜けてしまうという最悪の事態を引き起こしかねません。

普段から定期的に歯科検診を受けている人なら、もしも歯周病になったとしても早い段階で指摘してもらうことができますし、治療を始めることができますよね。しかし普段から歯科検診を受けていない人は、歯周病の初期症状を見逃さないように気を付けなければいけません。例えば、歯茎がなんとなく腫れているような気がしたり、触れると痛みを感じるとか、歯磨きをすると出血するとか、歯茎のラインが下がってきたなどの症状は、もしかしたら歯周病が原因で起こっている症状かもしれません。できるだけ早く歯科を受診して適切な治療を受けてくださいね。

歯周病は、普段の生活の中で予防することが可能な疾患です。予防策としては、毎日きちんと正しい方法で歯磨きをするということと、生活習慣や食生活が乱れないように意識することです。正しい歯磨き方法は、当院にご来院いただければ歯磨き指導を受けていただくことができますし、歯ブラシ以外にも歯間ブラシやマウスウォッシュなどを使った予防方法についても説明させていただきます。

生活習慣や食生活を改善することによって歯周病予防につなげることができます。食生活や生活習慣が乱れると、口の中のバランスが崩れて細菌が繁殖しやすい環境となりますよね。細菌が繁殖すると歯周病の原因となってしまいます。また、食生活においては歯垢が残りやすい甘いものや柔らかいものなどをできるだけ控えることもまた歯周病予防につながります。群馬県高崎市にある当院では、そうした部分についても多方向からアプローチした予防医療を提供しております。是非お気軽にご相談くださいね。

記事投稿日:2019年03月04日


ストレスと虫歯の関係

ストレスと虫歯の関係

歯磨きは毎日しているのに、虫歯になっている方がおられますね。潜在的なストレスを考えることが必要ですよ。ストレスを感じると身体の中でどのようなことが起きるのでしょうか。まずは自律神経に乱れが生じます。自律神経が過剰に働いてしまい、唾液がでるのを抑えようとするのです。そうなると口の中は、乾燥してしまいますね。乾燥すると虫歯菌やプラークが流れなくなり、口の中に貯留してしまい、歯に残ってしまんですよ。それが原因で虫歯になってしまいます。

また、ストレスを感じることで新陳代謝が悪くなり、血行障害が起こりますね。そうなると菌に対抗する白血球やリンパ等が行き届かなくなり、虫歯の菌に対抗できなくなるのです。また、私達は知らないうちにストレスを感じていると歯ぎしりをする人がいますね。日中起きているときは気が付かなくても、寝ているときに知らないうちに歯ぎしりをしていることがあります。歯ぎしりをすることで、歯の表面に傷ができ、その部分にプラークが溜まり、虫歯へと発展することになりますね。
また、歯ぎしりをすることで歯並びが悪くなり、その部分にプラークが貯留するのです。食生活のあり方も関係します。ストレスがあると食事が全く入らない人と絶えず何か口にしておかなければならない人もいますね。食べないと飲まないので口が乾燥します。反対にいつも何か口に入れておかなければならないと絶えず虫歯菌に栄養を与えることになりますね。

対処法

まずはストレスから解放されることですよ。ストレスの発散法は人それぞれですが、運動をしたり、外出をしたりし、ご自身をストレスから解放してあげることが大切ですね。音楽を聴いたり、ゆっくり入浴したりすることで、筋肉も弛緩し、いつもかみしめている顎関節にリラックスを与えることもできますよ。次にマウスピースの装着も考えられます。夜寝る時にマウスピースを付けることで、夜中の歯ぎしりに対処できます。

歯科を受診され、ご自身の歯にはったマウスピースを作成してもらってくださいね。また、虫歯菌やプラークが口腔内に貯留しないようにまずは水分補給を頻回にすることですよ。身体の水分補給は水分補助製品を考えますが、糖分が入っていますので、できれば減菌効果のある緑茶などをこまめに飲むことも一つの方法です。そして、歯科の定期健診を受け、現状の歯の状態を知ることが大切です。

ひろかみ歯科医院では予防センターで定期健診を行っています。場所は群馬県の高崎市の郊外です。ぜひお立ち寄りくださいね。

記事投稿日:2019年02月07日


歯医者が苦手な人ほど定期健診を!

歯科の定期健診は必要

歯医者にいくことが極端に苦手な人がいますね。その方々が口をそろえて、あの機械で削る音が苦手ですといわれます。また、歯医者を行くことを先延ばしにする人は少しくらい痛くても我慢してしまうのです。我慢しているうちに虫歯の最近はエナメル質から、象牙質、神経へと侵食してしまうんですよ、神経にたどりついたとき、我慢できない痛みを感じて、歯医者を訪問されます。
歯医者を訪問したときに待っているのは、痛い治療なので、また歯医者にいくことが苦手になってしまいますね。そのような方は歯科の定期健診を受けていると虫歯などの早期発見ができます。早期発見をすることで虫歯前段階で発見することができるので、歯石の除去や歯磨きの指導などで自然治癒の段階で納めることもできるのです。

定期健診の内容

歯の定期健診では、虫歯や歯茎のチェック、ブラッシングの指導やプラークを見つけ除去してくれます。それ以外にもかみ合わせが悪いとプラークがたまりやすくなりますので、かみ合わせのチェックなども行ってきますね。
定期健診では歯の疾患がなければ、自費になりますが、歯茎の炎症や歯石が媚びり浮いていたりすると保険の対象になります。できれば半年にから1年に1回は歯科を訪問し、定期健診を受けたいものですね。

予防歯科の概念が大切です。

80歳になってご自身の歯が何本残っていると予想されますか?日本人の残存歯はとても少なく、平均では9.8本です。スウェーデンでは20本、アメリカでは10本です。
高齢になってもご自身の歯で食事を召し上がることは大切ですね。入れ歯にするとどうしても上顎をプラスチックや金属で覆ってしまうので、食べ物の温度や食感がかけてしまいます。食べ物をおいしいと感じるのは、匂いと食感と味がミックスされて感じます。そのため、温度や食感が感じにくくなるとせっかくのおいしい食べ物も味がはっきりしなくなりますね。
高齢者の方で、甘いものしか食べることができない方もおられます。それほどにご自身の歯で食事できるほど楽しいことはないのです。あるいは、総入れ歯でも、なるべく自分の歯に近い形で作ることが大切になってきますね。まずは予防が大切です。歯医者にいくことが苦手の理由は人それぞれですが、将来的な歯の残存数やその時の食事がおいしくいただけるかどうか、あるいは歯からくる全身状態のことを考えると、苦手だからと片づけるわけにはいきませんね。
ひろかみ歯科医院では群馬県高崎市の地域の皆様の歯の健康のために予防センターを開設しています。

記事投稿日:2019年02月07日


安心して治療が受けられます

ひろかみ歯科医院は群馬県の高崎市の郊外で開業しています。

治療内容は予防センター、インプラント、入れ歯、審美歯科、子供の歯科医療と子供さんから高齢者の方、女性、男性 別を問わず、広い範囲の患者様の治療にあたっています。高崎市で地域の皆様の歯科治療にお役に立てばと日々邁進しています。

予防センターの定期健診にお越しください。

虫歯や虫歯から起こる様々な歯周病、副鼻腔炎、全身の病気などお口から始まりそれは身体全体に影響が及びます。また、虫歯は特に早期発見することで、エナメル質を削るところまでいかなくても前段階でとどめることもできるんですよ。
歯磨きの方法や歯石をとるなどの口腔内環境を指導うけることで自然治癒することもできるんですよ。予防センターでの定期健診をお勧めいたしますね。そこでは担当の歯科医師と歯科衛生士が、早期発見を行い、虫歯や歯周病予防にあたっています。

インプラント・入れ歯・審美歯科

当院ではインプラント治療も行っています。安心安全を心がけています。ノーベルクリニシャンを導入しており、CTは真木病院と提携しており、PETセンターで撮影しています。入れ歯についてはデンチャー玉手を採用しています。これは治療用仮義歯を作成しその仮義歯を完璧に本義歯に置き換える技術ですね。総入れ歯については保険内と保険外の違いがありますね。保険内は床がレジンを使用し、保険外は金属(チタン)などを使用したりしますね。
その方の考え方にもよると思いますが、チタンは薄く食べ物の温度を伝える、軽い等の特徴がありますよ。提携している歯科技工所と協力をして、患者様にあった入れ歯を作成しますよ。
女性の笑顔から見える白い歯は魅力的ですね。当院では審美歯科、ホワイトニングにも力をいれています。魅力的な笑顔が想像できますよ。また、子供さんの歯科については子供さんが歯科を怖いというイメージを持たれないように最善の注意を払いながら、治療にあたっていますよ。

訪れられる皆様が安心して治療を受けることができるように高い技術と患者様がなんでもご相談できるようにコミュニケーションを大切にしています。車いすの方もお越しになれるような装置もご用意しています。また、歯医者の時間待ちの間もくつろいでいただけるようにいろいろな雑誌も用意していますよ。
例えば子供さんが読まれる雑誌から、若い女性が読まれるファッション誌などです。治療前には必ずカウンセリングをしています。
どのくらい治療費がかかり、どのくらい期間がかかるか、事前にお話しができるので、安心ですよ。

記事投稿日:2019年02月07日


歯並びが悪いと虫歯になりやすい

虫歯の原因がプラークです。プラークとは最近と口腔内の食物残差などが混じりあった物質です。私達はこれを毎朝、毎晩、歯磨きで除去しますが、歯並びが悪いとその間にプラークが溜まり、最近が増殖し、そこに虫歯ができますね。この歯並びにはいくつかの種類があります。
顎と歯のサイズが合わず、歯と歯が重なりあっているパターンですね。その歯と歯の間にプラークが溜まってしまうのです。前歯や上顎が前に出ているパターンですね。これは乾燥しやすく、プラークが唾液で流されずに歯に貯留してしまうのです。反対に下顎が前に突出しているパターンは、奥歯にプラークが溜まり菌が増殖してしまいますね。そのために歯の矯正は重要な課題です。顎に位置によるものは顎からの矯正が必要になりますね。

子供の歯科矯正も大切です。子供の成長段階に合わせて矯正を行っていきます。矯正をする子供さんのストレスも視野にいれる必要があります。生まれつきに歯並びが悪いお子さんもおられますが、心理的ストレスにより指しゃぶりが原因で歯並びが悪い子供さんもいます。また、歯ぎしりも歯並びに影響します。
これらの症状のバックには心理的ストレスが潜在していることもあります。そのために心理療法士によるカウンセリングなども必要になるケースもあります。潜在的なストレスから解放されると同時に成長に合わせたかみ合わせの治療も大切です。

ひろかみ歯科医院では子供さんがまず安心して治療を受けることができるように、コミュニケーションをとり、子供さんがリラックスした状況になってから治療を始めるようにしていますよ。
歯医者さんに親しみを感じていただけたら、虫歯にならないように予防歯科を進めることができますね。
虫歯にならないように歯磨きを指導したり、成長段階でかみ合わせが悪いなどの発見やご相談もすることができます。治療を押し付けることなく、子供さんと一緒に治療を進めていきたいですね。

また虫歯は子供だけのものではなく、大人の虫歯は痛みがすぐにでてこないので、痛みが出た時には悪化しているケースが多くありますね。歯周病などに発展することもありますね。
歯は人生のパートナーです。お口で咀嚼した食べ物は胃などの消化器系に行きます。またお口は呼吸系の入口です。お口の環境を整えることが、長生きの秘訣ともいえるのではないでしょうか?呼吸と咀嚼が正しく行われれば100歳まで生きることができるといわれています。
ひろかみ歯科医院では歯の果たす大きな役割をよみがえらせることがだと思っています。群馬県高崎市の地域の皆様の歯科医療でお役に立てたら幸いですね。

記事投稿日:2019年02月07日


虫歯も早期発見・早期治療

大人の虫歯と子供の虫歯には違いがあります。子供の虫歯は範囲が狭く、深いのが特徴です。そのために痛みが出やすいので、早期発見が可能ですよ。痛みを訴えれば、母親が治療に連れていくので、悪化しにくいともいえますね。それに対して大人の虫歯は、広くて浅いのが特徴です。
それは、歯茎が年齢とともに下がり、その部分に食べ物のカス等がつまり、虫歯になるのです。広くて浅いので痛みを感じるまでに時間がかかるりますね。虫歯に進行には段階があります。
まずはエナメル質に虫歯ができます。次にそれを放置すると象牙質に虫歯がおよびます。次に神経まで虫歯の菌が侵食すると痛みがでてくるのです。この進行具合により治療の方法も異なってきますね。
エナメル質の虫歯の初期段階であれば、歯は光沢がなくなり、黄色くなったり、白濁したりしていますね。虫歯になる1歩手前の段階です。この段階であれば、歯を削ったり、抜いたりしなくても歯磨きなどの生活習慣の修正などで自然治癒も期待できる段階ですよ。定期的に歯科に通い歯石除去などを行ってもらっていると発見できる段階ですね。この早期発見が重要になります。

次の段階はエナメル質に虫歯ができている段階です。これは削るなどの治療を行い、詰め物などで治療しますよ。次は象牙質に虫歯ができる段階です。虫歯を削り、詰め物や被せ物で治療します。神経が近いので、治療時に痛みを感じるため、麻酔などを使用します。その次の段階は神経まで到達した段階です。
何もしないでも痛みを感じたり、歯肉の腫れを蝕知する段階ですね。この時には根治治療を行います。そして神経が死んで痛みを感じない段階です。あるいは歯肉部分に膿ができ、激痛を感じることがあります。表面に見えている部分は歯の一部が残っているときもあります。この時には神経を抜く治療をします。

虫歯をほおっておくとだんだん奥の方に侵食していきますよ。その菌は歯だけにとどまらず、他の臓器にも影響を与えることになりますね。歯の治療を放置してなりやすい病気には副鼻腔炎が挙げられます。上顎の上には副鼻腔があるので、歯の菌がそこに侵食すると炎症を起こすのです。また、歯の菌が顎に及ぶこともありますよ。またさらに血液に侵食してしまうと菌血症などになり、全身の血液に影響を与えることになってしまいますね。

早期発見、早期治療をすることで歯を削ることも少なく、また痛みを感じることも最小限度で納めることができるのです。早めの受診をお勧めいたします。ひろかみ歯科医院は群馬県高崎市にあります。三世代一緒に通える歯医者さんです。ぜひご相談ください。

記事投稿日:2019年02月07日


メールでのお問い合わせ