予防歯科 | ひろかみ歯科医院

ひろかみ歯科医院

予防歯科

予防歯科

予防で一人ひとりの健康と幸せを!
むし歯や歯周病は生活習慣病と呼ばれ、毎日のケアがとても重要です。
日本人の80%が歯周病といわれている現在、お口の中だけでなく全身の疾患へとつながる事もわかってきました。
虫歯予防・歯周病予防を進めていく上で、「これで終わり」という事はありません。定期的にクリーニングしていくことにより口腔内が清潔に維持できます。患者様が快適な毎日をおくれる様に一緒に考えていきたいと思います。

お口の中の健康

お口の中の健康を左右しているのは「どんな治療をしたか」ではなく『どんな風にメインテナンスあるいはケアをしたか』で決まってきてしまいます。
毎日100%プラーク(歯垢)を落とすことはとても難しく歯ブラシの届きにくいところではどうしても汚れが残ってしまいます。
食べ物がよくはさまるところなどは歯周病や、むし歯が進みやすくなります。それらを改善し、その方にあった歯ブラシの仕方でお口の中の健康は保たれます。
お口の中も少し気を使ってあげることで毎日を心地よく過ごすことができますね。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCは、プロが行うお口のクリーニング

歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入りジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。 自分では磨けなかった部分 矯正装置やブリッジなどの歯ブラシが届きにくい部分など歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。 ツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。

PMTCの効果

  • むし歯予防、 歯周病予防、口臭の予防
  • お口のリフレッシュ

特にこのような方にお勧めです

  • 歯みがきが困難な矯正装置やブリッジを入れている方
    ご自分ではみがけないところまで、しっかりみがきます。
  • インプラント治療をした方
    インプラント治療をした方には最高のお手入れです。
  • 歯の色が気になる方
    PMTCは歯の着色を取り除けます。

PMTCは終わった後とてもさっぱりして 爽快感が得られます。
「理容院・美容院」とおなじ感覚で「気持ちがいい!さっぱりした!」これが一番です!
当医院では そんなゆったり出来るスペースをご用意してお待ちしております。

むし歯の予防

唾液検査

むし歯の原因がわかります・・・・原因がわかれば治療法も違います。
● 検査1・・あなたの唾液の量はどれくらい?
● 検査2・・唾液の中和力は?
● 検査3・・あなたのむし歯菌の数はどれくらい?

3つのアプローチ

むし歯の予防戦略の三要素として、この3つへのアプローチが非常に大切。

3つのアプローチ

年齢や生活習慣などの様々な要因によって、むし歯の原因やメカニズムは違ってきます。
ひとりひとりに合わせた予防方法を考えていかなければなりませんね。

Critical pH(臨界pH)とは?

歯の表面が溶け始める値になります。
*永久歯エナメル質 ・・・・・・・・ pH5.5~5.7
*乳歯・幼若永久歯・永久歯象牙質・・ pH5.7~6.2

Critical pH(臨界pH)とは?

pHとは?

pHの値には0~14までの目盛りがあり、7を中性もしくは化学的中性点とも言います。
7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。
人間のからだは、pH値が7.35~7.45を保つようになっています。

pHとは?

8.2
血液 7.4
唾液 6.8~7.0
コーヒー・紅茶 5.0~5.5
炭酸飲料・オレンジジュース 2.9~3.00

食事をするたびに、口腔内は数分で酸性になり(phが低くなる)、歯の表面の成分(カルシウム・リン)が溶かされ始めます。これを「脱灰」といいます。
40分位で唾液の力で酸は中和され(唾液の緩衝作用)、歯の表面は再石灰化されます。
再石灰化されるまでの時間が短ければ短いほどむし歯になりにくいわけです。
元の弱酸性に早く戻してあげることが重要です。

フッ素の効果

  • 酸の産生を抑制する
  • 再石灰化の促進作用
  • 再石灰化の際にフルオロアパタイトを生成し、より耐酸性の高い歯質とする。
  • 抗菌作用がある

フッ素は食後の酸性になったお口を早くもとの状態(弱酸性)に戻す働きがあります。

あなたが今出来ること

  • プラーク(歯垢)を歯につけない
  • 甘いものを控える
  • 食後すぐに歯を磨く

上手にお口の中を管理することで、むし歯は予防できます。

食事の後は、歯をみがきましょう。

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ